月別アーカイブ: 1月 2015

イスラム国はいつまで続くのか

   ここ一週間ほど、テレビを観ていると、日本人の人質問題も絡んでいるため、ニュースは連日「イスラム国」に関連したものが大半を占めていた。    こういう“国家”を名乗る過激派組織というのは、一般人には珍しいのか、ワイド … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | コメントをどうぞ

生命の強さ

   一時は「危篤」といわれた義母だが、まだ必死に生きようとして戦っている。  一昨日は、自分で呼吸ができなくなったため、酸素マスクの助けを借りなければならなくなり、病院の方から「容態の急変もありうるので … 」という連 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | 4件のコメント

喪失感

   義母が危篤だ。  連絡が入ったのは、1月の22日の昼過ぎ。  いろいろな仕事の締切に追われ、自分の座っている席を立つ時間もないようなときだった。  昨年の暮れに入った頃から、我が家には、緊急に処理しなければならない … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | 2件のコメント

益田ミリ 『沢村さん家』の不思議な空気感

   週刊文春に益田ミリの『沢村さん家のこんな毎日』という漫画が連載されている。  これが、なかなか味のある漫画なんだなぁ。  見開き2ページ。  コマ数としては、タイトルも入れて16カットぐらいなんだけど、そのページを … 続きを読む

カテゴリー: 映画&本 | 2件のコメント

ザ・ストリート・スライダーズ

   「日本のロック」というのが、実は、私がいちばん知らない領域なのだ。  特に、80年代以降になると、どんなバンドがいて、どんな曲を演奏しているのか、まったく “カヤの外” 。  基本的に、ロックの人たちって、テレビに … 続きを読む

カテゴリー: 音楽 | 6件のコメント

ピケティの資本主義分析

   トマ・ピケティの著書『21世紀の資本』(みすず書房)が、あちこちで話題になっている。  ついに、「週刊朝日」でも、1月23日号で特集が組まれた。  この本は、昨年の12月に日本語訳が出て以来、書店で驚異の売上げを記 … 続きを読む

カテゴリー: 映画&本 | コメントをどうぞ

20年

   阪神淡路大震災が起こってから、20年経つ。  1995年の 1 月17日 5時46分。  日本の現代史を揺るがすような大きな悲劇だったが、この日は、個人的にも忘れられない日となった。  地震が起きたその数時間前に、 … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | コメントをどうぞ

スペクタクル映画の傑作 『十戒』

    この 1月30日(金)に、リドリー・スコットの『エクソダス 神と王』が公開されるという。  往年の映画ファンには懐かしいハリウッド歴史大作映画『十戒』を、最新のVFXと3D技術を駆使してリメイクした壮大なスペクタ … 続きを読む

カテゴリー: 映画&本 | 12件のコメント

健康寿命の長い人

   あるブログで、こんなことが書かれていた。  “健康寿命” というものに対する考え方についてである。    書いた人は、顔も本名も経歴も明かさない人ながら、社会現象を斜めの角度から切り込み、読者の意表を突くような見方 … 続きを読む

カテゴリー: ヨタ話 | 4件のコメント

君の友だち

  トラッドロック夜話 16    細くて狭い階段を上がりきったところに、カウンターだけの小さな小料理屋があった。  といっても、メニューは少ない。  里芋などの煮っ転がしに、子持ちシシャモ。  厚揚げ焼き、おでん。   … 続きを読む

カテゴリー: 音楽 | 2件のコメント