しみじみと夜が来る

 
 いよいよ、今年もあと数日を残すばかり。
 やっぱり、この時期は、なんとなく酒が恋しくなる。
 気の合った人間と、過ぎ行く一年を振り返りつつ、お互いに照れながら、「俺たち老けたなぁ … 」とか笑って、しみじみと酒を酌み交わすなんていうのが似合いそうな季節だ。

 そんな気分を、もし「音」で表わすとしたら?
 自分は、下のような曲が真っ先に浮かぶ。

 昔、サントリーオールドのCMで使われた曲。
 いちおう『夜が来る』というタイトルが付いているけれど、『人間みな兄弟』という別タイトルも付いているようだ。
 タイトルがふたつもあるということは、おそらくCMにこの曲を使おうとしたスタッフたちの間では、タイトルなどどうでもよかったからだろう。

 ところが、予想外にこの曲は評判になり、誰が作曲したのか? 歌っているのは誰か? そもそも、いつ作られたのか? などということが話題になり始めた。
 最初にテレビで流れたのは、1967年だという。
 作曲は、CMソングやテレビ主題歌などを数多く手掛けている小林亜星。

 とにかくこの曲は、ウィスキーが飲みたくなるようなBGMとしてサントリーオールドのイメージ形成に大きく寄与したものだから、その後1995年にも復活し、2008年にもまた復活している。
 それらの新しいバージョンでは、長塚京三、田中裕子、國村隼などの役者を揃えた短いドラマが添えられ、そのドラマの展開を想像させるようないくつかのバリエーションが作られた。

 それだけ、この『夜が来る』という曲の力が大きかったのだ。
 しみじみ 
 ほのぼの
 ほっこり
 … そんな言葉が合いそうな、そこはかとない切なさと、人の心を潤す温かさが溢れていて、まぁ、ほんとに、冬の長い夜を友と酒を酌み交わしたくなるような気分にさせる「音」である。

 誠にサントリーという会社は、CMづくりがうまい。
 それも音楽との絡め方が秀逸。
 ジャズベーシストの大御所であるロン・カーターを使ったサントリー・ホワイトのCMなんか、もう観ている人間から言葉を奪い、ただ唸らせるだけという境地に誘い込む。
 このCMが万人の心に届いたかどうかは別としても、少なくともジャズが好きな人間に対しては、「ジャズに合うのは酒はやっぱりウィスキー」という刷り込みを行ったはずだ。


 
 
 サントリーは、ビールのCMでも味のある芸を披露する。
 やはり、曲との絡みがうまい。
 それが、松田聖子の歌っていた『スイート・メモリー』。


 
 画面で歌っているのはアニメのペンギン。
 小さなクラブで、ペンギンの女性歌手がこの歌を唄い、それを聞いていた客のペンギンの一人が、「いい歌だなぁ … 」とため息をつきながら、涙を流すというシーンまで盛り込まれる。
 ビールのCMなのに、夏の解放感などとは無縁で、むしろしっとりした冬のバーカウンターで聞くのが似合いそうなつくりになっている。


 
 この曲は、途中から英語のパートに変わるのだが、CMではその英語パートだけが使われていたように記憶している。
 もちろん、このCMソングが流れ出した当初は、「歌・松田聖子」などというテロップもなかったのではなかろうか。
 だから、私などは、どこかの外国の曲を持ってきたかと思ったくらいだった。
 結果的には、それがCMとして成功し、後に歌い手が松田聖子だと世に知れてからは、今度は松田聖子の株も上げた。

 こうしてみると、酒には音楽が欠かせないということを感じる。
 いい音楽は、人を酔わす。
 酒との相乗効果が上がるわけだ。
 
 

カテゴリー: 音楽   パーマリンク

しみじみと夜が来る への2件のコメント

  1. つかさ より:

    町田様
    楽しい文面ありがとうございます。

    当時は 夜=ビジネス黄昏としていたのではないでしょうか?
    疲れてはいるけれども疲れ果ててはいない。そして明日へと繋げよう。
    イーグルスもあるよねって。

    話は変わりますが トヨタの燃料電池での特許開放。凄いすね。
    種々の問題はあるけども 次世代の幕開けの様な気がします。

    以前 某社が発表した燃料電池。理想数値で実用にならず転けましたけれども 今度のトヨタは推移を見守りたいと思います。

    こんな事では言われますかね?酒場では静かに飲むものだ。と

    • 町田 より:

      >つかさ さんようこそ
      いやぁ、トヨタさんの燃料電池の特許無償開放の話。ほんとにスゴイですね、これは !
      他の自動車メーカーがこの話に乗るかどうかは別にしても、業界内には「歓迎ムード」が広がっているし、インフラ整備も一挙に進みそうだと観測するメディアも出ているようです。

      エコカー系では、EV技術が独走の気配を見せていましたが、これでものすごく「未来の自動車」の選択肢が広がったわけで、面白くなりました。トヨタさんのことだから、インフラ整備も含めてきっとしたたかな計算もあるのでしょう。

      こういうニュースは、きっと酒場でも大いに話題として取り上げられているんではないでしょうか。
      たまには大声で盛り上がる酒場の夜があってもいいんじゃないでしょうかね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">