ナッツRV感謝祭 2014

 
 ここのところ年に1回、静岡県の富士ふもっとぱらキャンプ場で開かれるナッツRVのユーザー感謝祭も、今回で11回目。
 過去3回お声をかけていただいたので、今年も取材に行った。


 ▲ イベント翌日の午前中は快晴 

 天気予報では、当日と翌日は雨。
 その予報を聞いたユーザーからだいぶキャンセルの連絡があったらしく、当初の400台という申し込みよりも減りそうだとスタッフは話していたが、それでも最終的には340台が集合。
 うぉー !
 前回の感謝祭よりもさらに増えた。
 参加者も、北は北海道から南は九州に及び、全国のナッツファンがここに集結したという感じ。まさにナッツ車の人気の高さが分かろうというものだ。

 なにしろ今の日本で、同一メーカーのキャンピングカーが300台以上も集まるキャンプイベントというのは、ほかにない。
 340台集まったユーザーの中には、シニア夫婦もいれば子供の多いファミリーもいる。特にナッツユーザーにはファミリーが多いから、1台が平均3人家族で構成されていると計算しても1,020人。4人家族ならば1,360人。
 これもすごい数。

 取材陣の数も多くて、「オートキャンパー」、「キャンプカーマガジン」、「ガルヴィ」、「カーアンドレジャーニュース」、「キャンピングカースーパーガイド」などのキャンピングカー専門メディアやアウトドア専門メディアがこぞって参加。この大会が報道ネタとしても十分な価値があることを示唆しているようだ。

 ▼ 1,000人以上の家族が集まった集合写真

 小雨が降り続く中での開催ではあったが、雨なんかにもめげない元気なユーザーが集まってくるのも、このイベントの特徴。
 開催に先立ち、ナッツRVの荒木社長 ( ↑ 左) がステージに登場。
 「新しい遊びの提案と、出会いの場を提供することが、この会の目的です」
 という挨拶のあと、すぐに、場が盛り上がるジャケン大会 (↓) が始まった。

 なにしろ、このイベントの景品の量と豪華さはハンパない !
 キャンピングカー乗りには必需品であるサイドオーニング、ソーラーパネル、サブバッテリー。10万円を軽く超えるような商品でも取り付け工賃込みで、ジャンケン大会や抽選会、ビンゴゲームなどでふんだんに振る舞われる。
 子供たちを喜ばせたのは、プレステ4HDDやニンテンドー3DSのような人気ゲーム機。
 さらに、キャンピングカー旅には欠かせないクーラーボックス、発電機、各種自転車、アウトドア用チェア。
 ほかに、ビール詰め合わせ、ラジコンカー、プラモデル、ぬいぐるみ、お菓子類、お米、Tシャツ、タオル……。
 最低でも、1家族に1品の割合で当たるほどの景品が用意された。

 ▼ 自転車を射止めた奥様

 ▼ オークションを楽しむ参加者たち

 この感謝祭の特徴は、“大人も子供も楽しめる” こと。
 ジャンケン大会 (↑) や抽選会、ビンゴゲーム、オークションなどには大人向け商品と同時に、子供向け商品が豊富に用意され、さらに射的、輪投げ、ヨーヨー釣り、ダーツなどで遊ばせてくれる “縁日” (↓) には毎回長い列ができる。 

 1,000人を超える参加者たちの食事の世話もたいへんだ。
 ステージ横には、軽食コーナー・フードコーナーのテントが並び、焼きそば、豚汁、から揚げ、コロッケ、ポテトフライ、ポップコーン、ドリンクなどが行列をつくるユーザーたちに手際よく配られていく。
 

  
 ▼ アウトドア専門誌の「ガルヴィ」もおでん作りで応援
 

 ▼ ナッツ荒木社長も先頭に立って、カレーライスの提供にいそしむ

 ▼ フードコーナーの裏舞台を覗くと、まるで火事場のような大騒ぎ。それでも大量の食材が、ナッツスタッフの手で、見事なほど手際よく調理されていく。


 
 開催2日目の朝は、恒例のカレーサービスがあるのだが、前日の雨のせいか、自分のサイトで朝食を作る人が減ったため、途中でカレーが足りなくなるという事態が発生。
 このときの対応も鮮やか。
 荒木社長の号令のもと、一度きれいに洗われて運搬車の奥に仕舞い込まれたカレー鍋や食材が再び持ち出され、調理担当のスタッフが急いでカレールーやご飯の準備を再開。
 ものの40~50分で、参加者全員に行き渡るほどの追加カレーが用意されたのだ。
 そのスタッフたちの集中力、参加者に喜んでもらうための誠意。それらの徹底ぶりには目を見張るものがある。


   
 初日のユーザーイベントが終了し、フードコーナーや縁日のテントが片付けられた後、荒木社長がスタッフと報道陣を慰労するためのささやかな集まりを開いた。
 缶ビールなどを開けて一日の疲れをねぎらう気楽な宴であったが、驚いたのはスタッフたちの仕事にかける熱い情熱。

 きさくな飲み会のノリでいいはずなのに、私の横に座ったスタッフの二人が、営業の心得のようなものを議論し始めたのだ。
 私は、別の人と会話しながらも、そちらの議論にも興味が働いて、つい盗み聞きしてしまった。 
 彼らの話は、単に営業戦術のノウハウを交換するような話ではなく、テーマはビジネス哲学。一種の人間論。
 まさに、今のこの会社のパワーが、そんなところにも象徴されているのかもしれない。 

 翌日の午前中には雨もさっぱりとやんで、帽子のような雲をかぶった富士山のシルエットも顔を見せるようになった。
 富士ふもっとぱらキャンプ場の景観を特徴づける池 (↓) にも、明るい陽射しが跳ね返る。

 カメラを片手に、ユーザーのサイトを覗く。
 とにかく、これだけのユーザーが集まると、個性のある車を披露する人たちの数も増える。
 会場のサイトを歩いてみると、人気漫画のキャラクターなどを外装にあしらったユーザーの車 (↓) も目立つ。 

 ペットの数と種類もたいへんな数 (↓) 。まるでドッグショーの会場にでも入り込んだような気持ちになるエリアもあった。

 地面がぬかるんだため、人気の綱引き大会などは中止となったが、来年はキャンプ場の許可をとって、キャンプファイアの周りでフォークダンス大会をやりたいと、閉会式の挨拶で社長は語った。
 盛大な花火大会を催した回もあったし、プロの歌手を呼んでのコンサートもあった。このイベントのアトラクションは、常に新しい意匠を盛り込んで参加者を楽しませている。
 
  
関連記事 「ナッツRV感謝祭2013 富士ふもとっぱら」
  
  

カテゴリー: 旅&キャンプ   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">