跨線橋を見に行く

  
 跨線橋を見に行った。

 コセンキョウ ……
 家内にそう言われても、それが何を意味するのか、にわかにイメージが湧かなかった。
 「ほら、電車の線路をまたぐ橋 … 」
 そう言われて、はじめて呑みこめた。

 そういえば、ずっと前から「跨線橋」というものを、一度見てみたいと思っていたのだ。
 もちろん、電車の上を渡る橋だから、どこかでそういう場所は通っているはずだ。
 しかし、ことさら意識したことがなかったので、今日まで「跨線橋」というものが、どういうものなのか、記憶のなかの映像をたどっても、具体的な像を結ばない。
 
 ただ、一枚の絵だけは脳裏に浮かんでくる。
 松本竣介という画家が描いた 『Y市の橋』 。
 昭和17年頃の横浜市にかかる跨線橋を描いたものだという。

 夕暮れの寂しさを背負った不思議な形の橋。
 無骨な鉄材を組んだそっけない橋なのに、それがなぜか夢のなかに出てくる橋のように見えた。まるで、魔法の国の入り口のように思えたのだ。

 もう一枚、やはり松本竣介の 『Y市の橋』 の別バージョン (↓) 。
 前の絵より跨線橋が遠ざかっているが、この絵にも、はじめて見る風景に「デジャブ」を感じたときのような、奇妙なノスタルジーを覚えた。
 

 松本竣介の跨線橋の絵を思い出し、にわかに想像力が刺激されて、
 「今日は、跨線橋まで、小さな旅をしてみよう」
 ということで、家内といっしょに跨線橋を見に行くことにした。

 幸い一番近い跨線橋は、家から自転車をこいで30分ぐらいのところにある。
 
 「中央線が好きだ」
 というJRのポスターがあった。
 そのポスターに使われた跨線橋だという。

 今でもそのポスターの絵柄を覚えている。
 いくつかのバリエーションがあったと思う。
 どれも、夕暮れの情景だったような気がする。
 “旅へのいざない” をテーマにしたJRのポスターが多いなか、そのポスターだけは、どこにもありそうな日常の景色を扱っていた。

 なのに、不思議だ。
 橋の向こうまでたどり着くと、その先には、まったく知らない世界が広がっていそうな気がした。
 跨線橋のマジックだ。
 もともと「橋」は、文化史的にみても、“この世とあの世をつなぐ場所” だといわれている。
 その橋のなかでも、跨線橋は特に異色だ。
 「旅」をイメージしやすい電車が通る線路を越えるのだから、もう橋を越えること自体が、ひとつの旅になってしまう。

 私たちが向かった跨線橋も、近づくにつれて、「旅」の様相を強め始めた。
 周りの家々の雰囲気がもう違う。
 いまどき、こんな家屋があるのだろうか? と思えるような古びた木造建築の家があったりする。
 昭和30年~40年頃の雰囲気。
 すでに、タイムトリップが始まっている。

 橋のたもとに、小さな案内板が立てられていた ( ↓ ) 。
 太宰治の写真が掲げられている。
 生前、太宰治がこの跨線橋をよく訪れたのだという。

 「中央線の上にかかる陸橋に友人を案内することもありました。この陸橋は1929年(昭和4年)に竣工した当時の姿を今も留めています」
 という一文が、案内板に添えられている。
 太宰の書いたものらしい。
 いったいどの作品の、どこに出てくる文章なのだろう。
 太宰治の作品を全部読んだわけではないので、それが分からない。


 
 階段を上がる ( ↑ ) 。
 いつ頃に作られた階段なのか。
 敷石は黒ずみ、斜面は急だ。
 

 
 跨線橋の上にたどり着く ( ↑ ) 。
 誰もいない。
 秋の太陽に照らされたフェンスの影が、地面に不思議な幾何学模様をつくっている。
 
 
 
 フェンスの隙間から電車が見える ( ↑ ) 。
 しかし、動いていない。
 ここは東京のJRでも、比較的大きな電車庫になっている場所だからだ。
 そのため、運転手のいない電車が無造作にレールの上で休んでいる。
 ダダン、ゴゴン …… というレールのきしむ音も、ここでは聞こえない。


 
 無数の線路が見える ( ↑ ) 。
 それも、奇妙な静けさに満たされている。

 登ったときと、反対側の階段を降りる ( ↑ ) 。
 なんとも “慰藉のない” 風景だ。
 しかし、その “殺風景さ” がまたいい。
 どこもかしこも小奇麗に整えられていく東京の風景のなかで、こういう “ささくれだった” 風景に触れると、整備される前の “荒っぽかった昭和” が見えてくるような気がする。


 
 跨線橋の近くに広がる「車両センター = 電車庫」( ↑ )。
 こういうそっけない建物を見ると、遠くに去って行った 「昭和」 のエコー(残響)がまだこだましているようで、奇妙な懐かしさを覚える。
 うるおいのない風景が、ノスタルジックな美しさを漂わしているという逆説。
 自分がとんでもない時代まで生きてしまった、という不思議な気分にとらわれた。

 跨線橋を見たあとは、「丸亀製麺」のカレーうどんを食べて帰った。
 

  
  
参考記事 「松本竣介の描く 『沈黙の都市』 」
  
 

カテゴリー: アート, コラム&エッセイ   パーマリンク

跨線橋を見に行く への13件のコメント

  1. ようこ より:

    町田さん こんにちわ

    こういう橋を跨線橋というのですね、昭和っぽい橋 !
    高速道路をまたいでいる橋にも名前がありそうです
    今、調べたら跨道橋だった あまりにもそのまんまで 笑)

    どちらも この年になる迄知らなかった呼称、新知識
    でも明日には忘れているかもな、、

    その掲示板の文章は 太宰治の本ではなく日記ではないでしょうか
    以前、青空文庫で日付けを題にした短文を読んだ事がありました
    うるおぼえですが 三鷹の事が出ていた様な気がします。

    新しくはない動画ですが これ ↓見られました?
    2014 、15もupされていますが、 私はこれ。
    https://www.youtube.com/watch?v=1A3kFaIFjIs

    • 町田 より:

      >ようこさん、ようこそ
      仕事の原稿書きでチョー忙しく、返信遅れて、ごめんなさい。
      「跨線橋」に関する記事へのご感想、ありがとうございます。
      「コセンキョウ」って、あまり日常的な言葉じゃないですよね。自分でもこの記事を書いたときは覚えましたが、すぐに忘れました。だって、普通の人がこの言葉を使う頻度はどのくらいかしら。私は60数余年生きてきて、この言葉を口に載せたのは、この記事を書いたときだけです。

      YOU TUBEの『White House Memphis Soul 2013』は、ほんとうに素晴らしいですね。オバマさんって、黒人大統領だったんだな、ってことを改めて認識しました。
      のっけから出てくる「Soul Man」に、まずシビれました。観客にもけっこうお年の人も混じっているようなので、サム&デイブのヒット曲をリアルタイムで聞いたことのある人も多いんでしょうね。

      ギターリストとして、スティーブ・クロッパーが出てきてびっくり。太っちゃったけど、あいかわらずいい音出してますね。まさにメンフィス・ソウルだなぁ !

      で、次に出てくる白髪のオジサンが、エディ・フロイド。声量も衰えていないよね。
      『ノック・オン・ウッド』は、よく踊ったな。

      『ボーン・アンダー・ザ・バッドサイン』は、最も好きなブルースの1曲ですね。この曲に関してはブログで取りあげたこともあります。

      エンディングはウィルソン・ピケットの歌っていた『アイム・ミッドナイト・ムーバ―』ですね。なつかしい !!

      ミュージック・プロデューサの名前には、あのブッカーTが !!

      きっとこの動画はこれからも何度か見ますよ。
      いいものをご紹介いただき、ほんとうありがとうございました。
       

  2. 木挽町 より:

    東西線や総武線の車両もとまってるんですね(そりゃそうだ)。雰囲気ありますね。たしか昭和史に残る三鷹事件ってのはここでしたっけ。年月が積み重なってる雰囲気が感じられました。

    ようこさんが貼って頂いたリンク。感動しました。このころのソウルは重みが違いますね。源流というか本物というか。フィリーの軽さももちろんいいのですが、オトの造りが違って深みがあります。ホワイトハウスのステージに大統領とともにいた黒人の方々はどんなに誇らしかったことでしょう。数十年前に行ったMemphis, TNのNational Civil Rights Museum at the Lorraine Motelを思い出します。Dr. Martin Luther King Jr.を思い起こします。やっぱソウルっていいですよね。

    • 町田 より:

      >木挽町さん、ようこそ
      「三鷹事件」なんていう言葉、よく御存じですね。私ですらこの事件のことを聞いたのは小学生時代で、その内容はいまだによく理解していません。
      とにかく、あの三鷹電車区の跨線橋の周辺は、「昭和」の匂いが残っているところで、たまに行くと、ちょっとしんみりしますね。

      で、ようこさんの貼ってくださった「メンフィス・ソウル」のリンクは本当に素晴らしかったですね。
      木挽町さんは、メンフィスにも行かれたことがあるのですね。
      デトロイトの町も見ていらっしゃるし、うらやましい。

      60年代末あたりののメンフィス系の音は、やっぱりいいですよね。
      あの頃のアトランティック・レーベルの歌手たちは、アレサにしても、オーティスにしても、サム・デブにしても、踊っていると、みな太もものあたりが腰から上にまであがり、まるで走り高跳びのようなステップになりそうです。まさにソウル(魂)の躍動感ですね。

      それに比べ、フィリーは確かに軽い。
      でも、軽い分、洗練されているな…とは思います。
      男性から見ると、昔のメンフィス・ソウルは、女性を誘うときのサウンド。
      フィリーは、女性を口説くときのサウンド。

      どちらも、いま聞いても、心がムズムズしてきます。
       

      • 木挽町 より:

        「男性から見ると、昔のメンフィス・ソウルは、女性を誘うときのサウンド。」「フィリーは、女性を口説くときのサウンド。」

        なるほど。たしかにそうですね。

        La-La means I Love You – The Delphonics とか Float On – The Floaters とかはソウルとしてのオトの厚みはそれほどでもありませんが甘くて優しくてムーディーで口説くにはいいですよね。

  3. ようこ より:

    木挽町さん
    いつも 思いやりのある言葉をかけていただいてありがと~う!
    私もフィラルディフィア系も好きですよ
    オージェイズ、スピナーズ、ザ・スタイリスティックス
    あの頃によくかかりましたね。

    ザ・スタイリスティックスは基地内でショーを見ました。
    ビリーポールのME & MRS JONESは 時々聴きたくなる曲
    です。

    木挽町って歌舞伎座のあるところですよね
    江戸っ子ですか?

    • 木挽町 より:

      ようこさま。サンフランシスコの記念碑。知りませんでした。南カリフォルニア(LA)にもいたことはあるのですがサンフランシスコにはあまり行きませんでした。今度必ず見に行きます。世間で言われる江戸っ子と呼ばれる分類になるかもしれないのですが、いいことは一つもなく、ただの貧しい町人です。幼いころに住んでたのは歌舞伎座の裏(木挽町)です。下剋上が大好きで、役人嫌い、尊大なやつは大嫌い、群れるのが苦手、町人かたぎ、宵越しのカネは持たない、見栄っ張り、天邪鬼、やせ我慢のどうしようもない人間ですがどうぞよろしくお願いします。ところで、跨線橋って案外ありそうでないのでは? うちのほうだと、山手線の車庫(大崎)、京浜東北線の車庫(蒲田)、品川の再開発エリア、八潮の新幹線車庫、東京貨物駅などがあるのですが、跨線橋は無かったと思います。跨線橋は貴重なものなのでは?

      • ようこ より:

        竹を割った様な 典型的な江戸っ子気質ですね
        今はそういう人が少なくなって つまらない。

        木挽町 八丁堀 深川 広小路 黒門町 伝馬町 等、
        時代がかわっても 変更してほしくない町名です。

    • 木挽町 より:

      いつものカフェで6時半に。Mrs. Jonesと待ち合わせ。あーしびれる。大人のムード。Nancy Willsonがムードたっぷりに歌うGuess Who I Saw Todayと似た雰囲気で大好きです。

    • 木挽町 より:

      The Stylisticsは、去年の新小岩の江戸川区民ホールでのステージを見に行きました。新小岩ってところが抜群にカッコいい。オトもステップももちろんカッコよくて。最前列だったので彼らと一緒に歌ったりチャチャ踏んだり。Let’s Put It All Togetherでは、ほんと恥ずかしさ忘れて歌いながらボロボロ泣きました。

      • ようこ より:

        おはよう 木挽町さん

        ワオ、愉しそうですね、最近はライブに行ってなくて
        最後に観たのは この町のシアターであった
        元スプリームスのメアリー・ウィルソンの公演でした。

        このUP主さんは 他にも好い動画を載せていますよ。
        https://www.youtube.com/watch?v=72fW8ZaDBOk

  4. ようこ より:

    サンフランシスコに、SONYのメトレオンというビルが
    ありますが、その直ぐ隣りのヤエバ・ブエナ・ガーデンの
    滝の裏側に I have a dream! の記念碑があります。
    滝の中の洞窟のようにつくられていてかっこいいの。

    • 町田 より:

      ようこさん、木挽町さん、ようこそ
      いいなぁ、お二人のお話。拝読しながら、こちらもワクワクします。

      私は、…といえば、ライブからずいぶん遠ざかってしまいました。
      最後に行ったのは、1980年代に入ってからのThe Stylistics の新宿・厚生年金ホールのライブだったかな。
      だから、もう30年ぐらいライブには行っていないことになりますね。

      でも、YOU TUBEで、いろいろなライブが見られるようになりましたね。
      生のステージを見るほどの臨場感はありませんけれど、日本では把握できない海外のライブがアップされるのを発見することは楽しいことです。
       

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">