NV200キャンパー「RIW」

  
 2014年9月20日にインテックス大阪で開かれた「大阪キャンピングカーフェスティバル2014」において、キャンピングカープラザ大阪を通して、チーム「R I W」より、新ブランドのキャンピングカーがデビューした。

 その名も、ずばり「R I W (リュウ)」 。
 

 R I Wとは “Ramble In Wildness” の頭文字を表わしたもので、その意味は、「荒野の散策」。
 「キャンピングカー」という存在が、“キャンプ” という言葉をはらみながら、どんどんアウトドアから遠ざかろうとしている現在、このR I Wは、あえて 「自然」、「アウトドア」、「アナログ」、「フィールド」などという言葉と親和性が高いコンセプトを打ち出したクルマだ。

 外観からして、ワイルドネス(荒野の精神)に貫かれたこの R I Wは、都会的ファッション性などとは逆方向を志向しながら、実に都会的なハイセンスを身にまとった不思議な存在感をかもし出している。

 このクルマの狙いは何か?
 アネックスさんより、コンセプトメイクの概要と画像のメールが送られてきたので、以下、その内容を転載する。

………………………………………………………………………………

 キャンピングカープラザ大阪では、このたびキャンピングカーの第2ブランドとして「R I W」を立ち上げ、同時にコンセプトモデル「R I W」の発売を開始しました。
 既製の旅に飽き足らず、自分自身で旅を組み立てたいと願うアウトドアファンのために商品を開発しました。

 ホームページ : http://www.riw.jp/

① 【 車両概要 】

ベースカー : 日産NV200 16X-2R
サイズ(長さ×幅×高さ) : 4400mm×1695mm×1850mm(オプションのルーフキャリアは含まず)
ホイールベース : 2725mm
最小回転半径 : 5.2m
排気量 : 1597cc
燃料:無鉛レギュラーガソリン
最高出力<ネット> : 80kW(109PS)/6000r.p.m.
最大トルク<ネット> : 152N・m(15.5kg・m)/4400r.p.m.
燃料タンク容量 : 55㍑
乗車定員 : 4名
種別 : 小型乗用(5ナンバー)

② 【 価格 】

車両本体価格  3,400,000円 (消費税込み・標準架装装備含む)

③ 【 開発の背景と想い 】

 たとえば、20世紀末に勃発したデジタル革命の進行により、現在のほとんどの写真は、加工され、美化され、すでに「真実」を写したものではなくなっています。
 まさにバーチャル世界が、もの凄い勢いで、リアル世界に浸透しているのです。

 このバーチャル革命がそのまま進行すると、21世紀の中頃には、一部の探検家を除き、大多数の人間は自分の部屋から一歩も出ることなく、安楽な仮想世界で楽しめるようになるかもしれません。

 あるいはそういった楽観的な期待は裏切られ、人類の頭脳の総和をはるかに超えるスーパーコンピューターによって、人類そのものが抑圧的に管理されてしまうという、まるでSF物語のような世界が生まれる可能性もあります。

 そういう空想に身をゆだねているうちに、―― たとえそれが楽観的未来であろうと悲観的未来であろうと ―― 現在のありのままの地球の姿を、しっかりと目に焼き付けておくべきだと思うようになりました。

 たとえば、デジタル化されていない大自然を肌で感じるために、自分の足でリアル世界の荒れ地を走破してみる。
 そのようなアナログの旅のすばらしさを、自らの体験に基づいて夫婦で語り合う。
 そして、それを友人たちや子供たちに伝える。
 それは現在、つまり21世紀初頭においては、とても有意義なことなのだろうと思うようになりました。

 R I Wはそんな旅の移動手段として誕生しました。
 シンプルな色合いの中に、アナログっぽい懐かしさを感じさせるデザインの実現。
 ただし、メカニカル部分は信頼できる最新のテクノロジーを導入。

 ぜひ、R I Wで、地球最後の荒野を目指す旅へお出かけください。われわれに残された時間は、もう少ないのかもしれません。

⑤ 【 スタイルコンセプト 】

 R I Wは、いわゆる “キャンピングカー” です。
 キャンピングカーは、移動する家です。
 車中泊の延長であるバンコンバーション・モデルから、まさにモーターホーム(移動する家)といえるキャブコン、トレーラーのように、R I Wはどこに行っても家の延長として活躍し、どんな環境でも安心できる居住空間を実現するキャンパーです。

 もちろん、フィールドは、人によってそれぞれ異なります。
 キャンプに始まり、釣り、ハイキング、自転車、バイクレース、菜園、ボランティア …
 しかし、今の多くのキャンピングカーは、それらの非日常環境であるフィールドに「居住性」、「機能性」、「快適性」、「安心感」といった日常性を持ち込みます。
 
 でも、フィールドとの一体感を求めるならば、キャンピングカー自体にも非日常性があっても良いのでは?
 例えばキャンピングカーの室内に入るとき、これまでの「靴を脱ぐ」という習慣から解放され、土足のまま上がってみる。
 そして、その靴から落ちた汚れですら “絵” になる。
 そういう体験を持つことが、フィールドとの一体感につながるのではないでしょうか。

 キャンピングカーに、ラグジュアリーな空間はほんとうに必要か?
 私たちは、そのように考えました。
 もちろんかたよった見方かもしれませんが、R I Wが求めたコンセプトはそこにあります。
 私たちは、それが分かる人のために、まったく新しい旅の相棒を創りました。

 キャッチは、これです !!

 HARDでROUGH、 RAMBLE in WILDERNESS !!

⑤ 【 R I Wについて 】

 R I Wは2014年4月、キャンピングカープラザ大阪に誕生したプロジェクトチームです。アウトドア好きなメンバーが集まって、これからも自由な発想で商品開発を進めていきます。

 ⑥ 【 商品のポイント 】

アウトドアに特化

 R I Wは荒野においてはシェルターのような役目を果たします。当然、室内は土足でのご使用を前提として設計。泥んこのトレッキングブーツや雨でずぶ濡れのワンコもそのまま乗れるように制作しました。

豊富なカラーバリエーション(オプション)

 ファブリックやファニチャーパネルに多数の選択肢をご用意しました。お好みのカラーでご自分だけのR I Wをオーダーできます。
 なおかつ、ファニチャーパネルはスクリュードパネル(ネジ止めパネル)ですので買ったあとでも気分に応じてD I Yによる色替えが可能です。

電装

 サブバッテリーにはドイツの名門VARTA製AGMタイプを採用。荒野における車中泊をしっかりサポートします。

調理

 キャンピングカー用としては世界で最も小さい(ANNEX調べ)コンビネーションシンクを装備。
 エネルギー源はカセットコンロ用ガスカートリッジなので旅先でも調達しやすく、省スペースです。
 また、ガラスカバー付なので、使わないときにはすっきりしたシンプルなデザインを実現しています。

冷蔵庫

 DC電源のコンプレッサータイプ冷蔵庫をキャビネット内に設置。マイナス24度まで庫内の温度を下げられるので冷凍庫としての利用も可能です。

セカンドシート

 ロングタイプのスライドレールによりトランスポーターとしても活用可能。いろんなアウトドアグッズをしっかり運搬できます。
 

 
TurnTech(ターンテック)

 TurnTechによりフロントシートを回転させ、セカンドシートと対面させてテーブルを囲むことができます。

FFヒーター(オプション)

 エンジンを停止したまま使用可能なFFヒーター。燃料消費量は一晩で約2リットルという省エネタイプです。

⑦ 【 標準装備 】

運転席+助手席 SRSエアバッグ/ABS(アンチロックブレーキシステム)/EBD(電子制御制動力分配システム)/ハイマウントストップランプ/フロントスタビライザー/パワーウインドウ/リモートコントロールエントリー/車両情報ディスプレイ/運転席、助手席フルリクライニング/助手席シートバックテーブル/カラードバンパー/メッキフロントグリル/カラードドアハンドル/フロントフォグランプ/電動ドアミラー(電格無し)/フロントエアコン/TurnTech(フロントシート回転台座)左右/リアシート(REVOバタフライシート)ISOFIX付/リアシート用ロングスライドレール:2000mm/後部ベッド兼アウトドアベンチ(搭載品、2SET)/床面フローリング(古杉板材仕上げ、後部の一部クッションフロア)/サイドカウンター(アルミフレーム構造+エイジング処理された天板付き)/カセットガスアダプター/ポリタンク(10リットル)清水、排水各1個/コンビネーションシンク&コンロ/冷蔵庫(15リットル)/集中スイッチ/サブバッテリー システム/LEDランプ(天井×4、ディマーリモコン付き)/LEDランプ(リアゲート内側×2)/LEDランプ(サイドカウンター下、天井後部右側)/12V ソケット/バッテリーメーター/テーブル(アウトドア兼用)

⑧ 【 販売チャンネル 】

 キャンピングカープラザ大阪限定発売とさせていただきます。

⑨ 【 車検等 】

 正規に予備検査取得していますので、全国どこのエリアでも登録が可能です。
 車両本体部分には、日産自動車さんの正規保証がつきますのでお近くのディーラーさんで保証修理も受けられます。
 
 
キャンピングカープラザ大阪
大阪府箕面市西宿2-20-7 
TEL:072-729-7700
Email: ramble.in.wilderness@gmail.com
HP : http://riw.jp/
 
  
関連記事 「RIW(リュウ)ユーザー取材記」 (2015年)
  
参考記事 「アネックス 『ファミリーワゴン』 」 (2013年)

参考記事 「アネックス 『ファミリーワゴン SSユーロ』 (2013年)

参考記事 「アネックス 『NS-F』 誕生」 (2013年)
 
 

カテゴリー: campingcar   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">