RVランド 「ハイマー ML-T580」

ハイマーML-T570・4WD(2018年)情報はこちらから(↓)
http://campingcar2.shumilog.com/2018/03/12/%e3%83%8f%e3%82%a4%e3%83%9e%e3%83%bcml%e2%80%90t%e3%83%bb4wd%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3/
 
…………………………………………………………………………………………………………………………………… 
2014年 話題のキャンピングカー ピックアップ

ハイマー ML-T580(RVランド)

ベンツシャシーの信頼性とステータス性が魅力

 ヨーロッパでは、キャンピングカーシャシーの大半がフィアット・デュカトによって占められていたが、ついにハイマーからベンツシャシーのメリットを堂々と強調したニューモデルが登場した。ハイマーML-Tがそれ。
 幅が2.2m。長さは7m弱。車両サイズもレイアウトも現在ハイマー車のなかでは最も人気を誇るエクシスとほぼ同じ。ハイマーでは、これまでベンツシャシーを採用するキャンピングカーは高級車クラスに限定していたが、エクシスの売れ行きが好調だったことを踏まえ、ついにこのクラスにもベンツを投入してきたことになる。

 パワーユニットは、ヨーロッパ最新の排ガス規制であるユーロ6をクリアした3000ディーゼルターボ。もちろんフィアットとは異なる後輪駆動(FR)というのも魅力。低重心フォルムであるため走行安定性も抜群。ハンドルの操舵感覚もベンツらしい余裕が感じられる。

メルセデスならではの快適な走り

 メルセデスベンツ319CDIをベースに、ハイマー独自のフロント・リア強化スタビライザーを装着。リヤには、ビルシュタインの強化ショックも装着されている。そのため走行性能に優れ、安定した乗り心地が保障されている。乗用車でも多く使用されている3.0㍑ディーゼルターボの190PSという馬力も魅力的だ。

 
快適な睡眠を約束するリヤベッドと、左右貫通式の大型バゲッジルーム
  
 今回導入されたML-Tは、リヤ部にツインベッドを縦に並べた580というタイプ。ダイネットは運転席と助手席を回転させ、セカンドシートと向かい合わせるというヨーロッパ車ではおなじみの夫婦2人旅スタイルだ。

 ダイネットもベッド展開できるようになっているが、スペース的には子供用。やはり快適な睡眠を確保するのはリヤベッドとなる。このリヤベッドは縦方向にシングルベッドが平行して並ぶ形式だが、中央部をマットで埋めれば広大なベッドスペースが展開する。ベッド下には左右貫通の大型収納庫が設定され、自転車やキャンプ道具など、大きな荷物も収容できるようになっている。

Staff Talk
(株) RVランド 阿部和英 代表

【町田】 ヨーロッパでは、一般的に普及が見込まれるキャンピングカーにおいては、フィアット・デュカトがベース車に使われるケースが多かったのですが、今回は久々にベンツを採用した普及型キャンピングカーが出ましたね。
【阿部】 ベンツとフィアットを比べると、エンジンスペックではほぼ同じ馬力を発生するにもかかわらず、フィアットの方が100万円以上安いわけですね。そうなると架装メーカーの方も、その差額分だけ装備類や内装設計にコストをかけることもできるし、車両価格を安くすることもできる。そういったわけでフィアットが伸びたわけですね。

【町田】 ベンツシャシーの魅力というのは何でしょう?
【阿部】 今度のベンツはヨーロッパの排ガス対策におけるユーロ6をクリアしている新エンジンなんですよ。クリーンで燃費がいいし、走りが違います。
 それと、乗用車でも高級車に使われることの多いFRというのが魅力ですね。FF車の場合は、全長が長くなればなるほどリヤが重くなって、雪道などでは走れなくなる傾向があるのですが、FRはその心配がないです。
 ただ、FRは架装メーカー泣かせなんですよ。車体下にドライブシャフトが通っているので、水タンクなどの装備が積みづらくなる。その点ではFFの方が架装効率がいい。ヨーロッパでFRのキャンピングカーが敬遠されてきたという理由のひとつも、そこにあります。

【町田】 日本におけるシャシートラブルなどの対応は?
【阿部】 ベンツシャシーに関しては、日本でもベンツのテスターを持っている工場は多いので、ほとんど心配はないです。
 テスターにつなぐと、トラブルが生じているパーツが部品番号で明示されるようになっているんですよ。
 だからその部品番号に従って、日本でベンツを扱っている会社に供給をお願いすれば、部品もすぐに入手できます。

【町田】 キャンピングカーのベース車も一般乗用車と同じに考えていいのですか?
【阿部】 このML-Tで使われているようなトランスポーターでも、基本的に乗用車のエンジン・やミッションを構成するパーツと共通なので、ベンツの乗用車をメンテできる町工場ならほとんど対応してもらえます。もちろん旅先でも、我々にご相談いただければ、トラブルに対しての具体的な対応をご説明いたします。

《 HYMER ML-T580 スペックデータ 》
 
車両本体価格 13,932,000円 (税込み)
全長 6950 mm
全幅 2220 mm
全高 2900 mm
乗車定員4名/就寝定員4名

ベース車 メルセデス・ベンツ 319CDI
エンジン  V6 ディーゼルターボ
排気量  2980cc
最高出力 190ps 
ミッション 7速AT
駆動方式 2WD (FR)
車両重量 3150kg

■標準装備 (一例)
ABS(アンチロックブレーキシステム)/EBD(電子制御ブレーキシステム)/ ESP(横滑り防止装置)/クルーズコントロール/運転席・助手席エアバッグ/フロントオートエアコン/窓付きエントランスドア/エントランス電動ステップ/手動プルダウンベッド /150㍑ 3WAY 冷蔵庫/AGM95Ahダブルサブバッテリー/電圧計/水量計付きメインスイッチ/3バーナーコンロ/100㍑給水タンク/100㍑排水タンク/電動カセットトイレ/温水シャワー設備 /ルーフベンチレーター×2/運転席・助手席ガラス2重ウインドウ/アクリル2重ウインドウ/ 大型スカイルーフウインドウ/トルマFFヒーター/20㍑温水ボイラー(LPガス式)/LED室内照明 他
■オプション (一例)
右ハンドル/アルミホイール×4/サイドオーニング 4m/電動プルダウンベッドに変更/レザーシートに変更/バックアイカラーカメラ/サイン波1500Wインバーター・自動切り替えリレー付/ルーフエアコン 他

株式会社 アールブイランド
茨城県常総市大塚戸町1600-1
電話:0297-27-6767
HP http://www.rvland.co.jp/
mail@rvland.co.jp 
 
  
参考記事 「RVランド展示場」

参考記事 「ランドホームの2電源システム」

※ 上記の車種を紹介する 『キャンピングカースーパーガイド2014』 は、8月18日発売です


 
 

カテゴリー: campingcar   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">