夫婦間対立

 
 つい最近、カミさんとの間に、深刻な夫婦間対立が発生した。
 もともと、趣味はまったく合わない夫婦なのである。

 羊羹ひとつとっても、好みが違う。
 私は、夏でも冬でも関係なく、羊羹といえば水羊羹が好きだ。
 あのサラリとした清涼感。
 あっさりしたライト感覚。
 年をとっても食べやすいように、歯をいたわるような柔らかい優しさがあって、和菓子のなかでも奥行きに深い食べ物だと思うのだが、カミさんは食べない。
 「羊羹なら、伝統ある歯ごたえのある練羊羹に尽きる」
 と一歩も譲る気配を見せない。
 こういうのを、融通の利かない頑固者という。

 肉の味付けにも好みの差が出る。
 豚肉は、夫婦とも好きな食材だが、味付けに関しては、カミさんは砂糖や味醂を多少加えた甘辛煮。
 甘きゃいいってもんじゃない。
 子供じゃないんだから。
 私は、シンプルな塩と胡椒だけの素材の味を尊重するタイプ。
 それをもってカミさんは、「頭が単純だから、味付けも単純なものが好きなんだろう」と、小馬鹿にする。
 シンプルなものの奥行きの深さが分からないのだ。

 清涼飲料水においても、好みが分かれる。
 ビールのようなアルコール類を除けば、やはり清涼飲料水の王者はコーラでしょう。
 あの黒々とした不気味な色の飲み物が、口に入れたときに “スカッと爽やか” な味わいを奏でるときの目を見張るような衝撃。これぞ食文化のだいご味といえるのではなかろうか。

 しかし、カミさんはサイダー派なのだ。
 はたから見ると、ただの水にしか見えない単純な飲み物を、「あ~、うまい !」 と喉を鳴らしながら飲んでいる姿を見ると、味覚の訓練を受けないまま成人してしまったのだろうか、と不安な思いにすら駆られる。
 あの砂糖水に炭酸を混ぜただけの芸のない飲み物のどこがいいんだか。
 頭がシンプルだから、シンプルな飲み物にしか共感を示さないのだろう。

 この前生じた深刻な夫婦間対立というのは、ヤマザキのコッペパン「つぶあん&マーガリン」をめぐってのものだった。
 会社で寝泊まりしながら仕事をしている間、真夜中の作業に一呼吸入れる大事な夜食として、私はこの「つぶあん&マーガリン」を欠かすことなく、夜中の3時ごろに食べ続けていたのだが、それを話したとたん、カミさん絶句。


 
 「糖尿病なのだから、そういう食生活は身体に悪い」
 と忠告してくれるのなら、まだ話は分かる。
 「そういう食べ物がこの世に存在することが、許されるわけがない」
 と、怒りだすのだ。
 話を聞いていると、「つぶあん」と「マーガリン」の取り合わせなどは、この世の秩序の外にあるものなんだそうだ。
 「人間の食べ物ではない」
 「それは、石炭をペンキ塗料にまぶして食っているようなものだ」

 言っている意味が分からず、ポカンと口を開けて聞いていると、要するに、「白いご飯に牛乳をぶっかけて、砂糖を振りかけて食っているような趣味の悪さを感じる」という。
 
 とたんに私は、シリアルに牛乳と砂糖をかけて食べるのと、どこが違うのだ … と反論したくなったが、「そういうのを屁理屈というのだ !」といういつもの反撃を受けることを経験的に知っているから黙っていた。

 「つぶあん」と「マーガリン」という取り合わせの、いったいどこがいけないのか。
 またひとつ、謎を抱え込んでしまった。
 夫婦間には、実は、「謎」がいっぱい隠されているのだ。
 その「謎」を、気づかぬふりしてにこやかに聞き流すのが、大人の夫婦の流儀だとは分かっているのだけれど、しかし、「謎」が解けないと、どうも気持ちが悪い。
 
 「納豆」&「マーガリン」ならいいのだろうか?
 それとも、「ジャム」&「油揚げ」ならいいのだろうか?
 一晩、考え込んでしまった。
 
 

カテゴリー: ヨタ話   パーマリンク

夫婦間対立 への4件のコメント

  1. とっとこかズビシャス より:

    つぶあんマーガリンは愛知県が起源だそうです。
    小学生低学年の頃これを食べて体に衝撃が走りましたよ。
    父は九州出身なので絶対食べませんでした。納豆も。

    • 町田 より:

      >とっとこかズビシャスさん、ようこそ
      「つぶあん&マーガリン」は愛知県が起源なんですか。分かるような気もします。
      あの地方には、あんまき、ういろうなど、個性ある独特のお菓子がありますものね。
      でも、九州出身のお父様は食べないというお話をうかがうと、やはり好き嫌いのはっきりする食べ物なのでしょうね。

  2. スパンキー より:

    そのつぶあんとマーガリンのコッペパンですが、ウチの奥さんが疲れると、
    よくパクパクと食っています。
    私はそれを軽蔑の目で見ていまして、おにぎりを買って食いますね。
    あんなもん!
    どうやら、私は町田さんの奥さんと気が合いそう!

    • 町田 より:

      >スパンキーさん、ようこそ
      「つぶあん&マーガリン」は、スパンキーさんと奥様でも好みが分かれるのですね。
      面白いですねぇ。
      でも、奥様が “疲れるとよくパクついている」というところを見ると、疲労回復の効きそうな迫力があるんでしょうね。
      私も、疲れると食べたくなります。
      なんか、やけっぱちのパワーが生まれそうな気がするんですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">