雨に微笑を

  
 深夜放送っていうのだろうか。
 『音楽のある風景』

 深夜の12時を回ってから、BSで毎晩放映している音楽番組。
 … つぅか、通販CDのテレビショッピング番組なんだけど、70年代、80年代あたりのヒット曲をごく短く切り取ってオンエアしていく放送がある。

 で、わが家の場合は、そんな時間に夕食を摂ることもあったりするので、けっこうこの番組を観ているのだ。
 往年のヒット曲の、ごく触りだけが細切れに流れていく。

 でも、それがまたいいんだな。
 押し付けがましくなくて。
 けっこう画面がきれいなので、環境ムービーみたいな味わいがある。
 夕焼けに染まった渚をバックに、プラターズの『Smoke Gets in Your Eyes』が流れたり、さびしいレンガ倉庫を背景に、ギルバート・オサリバンの『Alone Again 』がかかったり …。

 風景が美しいので、そっちに気をとられていると、音楽が細切れであることが気づかなかったりする。

 で、テキトーなタイミングでCMが入る。
 「今かかった音楽をまとめた4枚組みCDが、わずか9,800円です」とか、途中でナレーションが入るのだ。
 いまだに「音楽を聴くのはCD」と思い込んでいるシニア層がターゲットなんだけど、若い頃に聞いた音楽をまとめて聴くのもいいか … と思うシニア層も多いんではなかろうか。

 耳なじんだ曲は、やはり心地よい。
 若いときには、好きでもなかった曲が、サンフランシスコの街並みを背景に流れてきたりすると、それなりに「いいじゃん …」 と思い直したりする。
 
 で、このまえニール・セダカの『雨に微笑を (Laughter In The Rain)』という曲がかかっていた。

▼ 『雨に微笑みを』

 ↑ キャロル・キング的なピアノの入り方だ !!

 けっこう往年のヒット曲を知っているつもりの自分にも、この曲だけは、聞いたことはあったけれど、タイトルも歌い手も知らなかったのだ。

 こういう発見は楽しい。
 さっそく、YOU TUBEで聞きなおした。
 60年代にビートルズがアメリカの音楽シーンを席巻するまでは、ニール・セダカといえば、アメリカンポップスを代表する人気歌手だったのだ。

 自分も、ビートルズを知る前は、けっこうファンだった。
 『カレンダー・ガール』、『恋の片道切符』、『悲しき慕情』 … 。
 ニール・セダカの歌は、ファンシーでメローなアメリカン・ポップスのなかでは、けっこうキャッチーなビート感を漂わすものが多くて、とびっきり洒落ていた。
 パット・ブーンやコニー・フランシスの歌などにまぎれて流れてくると、あきらかに異質だった。 
 アメリカの音なんだけど、その旋律が独創的で、ラジオから彼の曲が流れてくるだけで、周囲の空気さえエキゾチックな香りに包んだ。

 『雨に微笑を』は、その彼が1974年に作った曲だという。
 そのとき彼は、35歳という計算になる。
 すでに、世界の音楽シーンは、のきなみ “ロック化” していて、ディープ・パープルとか、グランド・ファンク・レイルロードがぎんぎんギターをかき鳴らして吠えていた時代だ。
 
 白人系はロック。
 黒人系は、ディスコ・ミュージック。
 そんな時代に逆行するように、彼はアメリカンポップスの正統派路線を堂々と歌った。

 なんという、この力強さ !
 メロディーも歌詞も、おだやかな優しさに包まれているというのに、「これこそアメリカンポップスの王道だ !! 」 とばかりに自信たっぷりに歌うニール・セダカ。

 いま聞くと、やはりアメリカン・ポップスというのは、厚みが違うように思えてくる。
 一言でいうと、「贅沢」だ。
 特に、この曲、
  Ooooh, I hear laughter in the rain,
  walking hand in hand with the one I love. …
 というサビに入ってからのゴージャズ感というのは、一朝一夕に生まれてくるものではない。
 そこには、聖歌隊の合唱やら、ボードビリアンの芸やら、トラディッショナルフォークやら、ミュージカルやら、200年ぐらいアメリカ白人たちが聞いてきた音楽文化の厚みがゴソっと詰まっている。
 それが、独特のゴージャス感を生んでいる。
 
 メロディーラインもきれいだし、間奏パートも洒落ている。
 黒人っぽさはまったくないけれど、メロディーの節々に、かすかにR&Bっぽいフレーズも混じる。 
 これは、よく分からないけれど、キャロル・キングからの系譜じゃなかろうか。
 ニール・セダカはかつてキャロルと付き合いがあったらしく、若いときには、そのキャロルを讃えた『オウ ! キャロル』などという歌も作っている。

 で、そのキャロル・キングといえば、初期はR&B畑で活躍した人。
 リトル・エヴァの『ロコモーション』(1962年)、マキシン・ブラウンの『オー・ノー・ノット・マイ・ベイビー』などは、みな彼女が黒人歌手に曲を提供していたのだ。
 ニール・セダカがどれくらいキャロルを意識したかどうか分からないけれど、この『雨に微笑を』という歌には、キャロル経由のR&Bのテイストが少しあるような気がするのだ。

 というわけで、アメリカンポップスのエッセンスがぎっしり詰まった、この曲。
 その年の全米チャートナンバーワンに輝いたという。
 
 雨の季節。
 こちら( ↓ )も、雨をテーマにした名曲ですね。

 
 
 

カテゴリー: 音楽   パーマリンク

雨に微笑を への4件のコメント

  1. ようこ より:

    町田さん おはよ~う ♪

    始まりはジュークボックス、スケート場や
    危険そうな場所に行くことが大人になる近道のように
    思っていた、暗い純喫茶の片隅で聴いた雷鳴の音 あ~ぁ
    https://www.youtube.com/watch?v=e5Pit2WJ6dI

    soul music との出会いは 伊勢佐木町に近い
    親不孝通りのBAR、その名に相応しく売○婦が往来する通り。
    ○毒持ちの客引き、 外人オンリーの女、超イケ面の○国人、
    ニコヨンのおじさん、はぐれ者が少女Aに優しかった時代。

    60′後半新宿のベビグラ、青山のスポット、
    パルビ、六本木のエンバシー、赤坂のハーレム
    喧嘩があったり ヤバい噂のある店を転々とし
    踊るのが何より楽しかった~

    70′前半 XX に ○○が出来たと聞くと
    B.Fや友人達と出かけて行ったきれいめなディスコ
    曲もディスコソング系になり 日本人の中流意識に
    違和感を抱きつつ 米軍基地のclubへ。

    80′ミシシッピーにいた頃 看板も出て無いような場末の店に
    行った事がありました、チラチラっと見るだけで 差別されて
    だあれも声をかけてこないの 笑)
    ゴスペル教会、ジャズの本場ニューオリンズは近いので時々行きました。

    90′空白
    00′ ネットで曲を拾い楽しむ
    10′日本で懐メロを聴ける店めぐりと、リメイクされた曲探し。
    Rachelle Ferrell
    https://www.youtube.com/watch?v=h65azRDIg4Q

    ようこの独り言 ご免なさい ご免なさい。

    • 町田 より:

      >ようこさん、ようこそ
      ようこさんの「独り言」、なかなか味がありますねぇ。
      誰にでも、運命の音楽との出会いというものがあるんですね。
      ようこさんの体験にもあるとおり、若いころ聞いた音楽というのは、やはり生活と密接に結びついているところがあって、必ず人の顔、街の匂いなどを伴っているんですよね。
      だから、一生モノという言い方もできるのかもしれませんね。

      そして、不思議なもので、“危ないところ”で聞いた音こそ思い出も強烈。
      たぶん、その “危ないところ” に接することによって、精神も緊張し、音を吸収する脳細胞が膨れ上がるんでしょうね。

      それにしても、さすがいいセンスだぁ !
      Dan Fogelberg も、Rachelle Ferrell もいい音だなぁ。
      好みです !!
      一仕事終えたら、この動画を眺めながら、ちびちびとウィスキーでも飲みたいものだと思いました。
       

  2. 木挽町 より:

    Dan Forgelbelberg。なつかしいですね。Rachelle Ferrellのムードはさすがです。エンバシーも懐かしい。アフロレイキとかも。いい時代でした。ディスコも悪くはないんだけど、なんか一般大衆層が群れて遊びに来るイメージが強くてちょっと敬遠。ひとりで来ればいいのに必ず友達とかを連れて数名の団体で群れて来る輩が多くなった時代ですね。そういう輩は11時ごろには帰っちゃうから害は無いんだけど、群れてるのは気持ち悪かったなあ。意外に体育会系の輩に多かった印象があります。雑誌で言うとポパイの世代かなあ。みんなおんなじラコステのポロシャツ着てた時代。それはそれでいいんだけど、独特の違和感がありますね。

    • 町田 より:

      >木挽町さん、ようこそ
      仕事もいちばん忙しい時からなんとか脱しつつあって、トンネルの向こう側からの明かりが見えてきそうな気分です。
      そういうときに、このようこさんがリンクを貼ってくださったDan Fogelberg も、Rachelle Ferrell も癒されますねぇ。

      私は、ポパイ世代の人々がディスコで遊んている光景はついに見ずじまいでした。あの時代のディスコって、黒人系の音から、次第にユーロビートの方に移り始めた時期で、自分としては「あの音!」がダメでしたねぇ。
      一方のROCKも聞くに耐える音がなくて、仕方なく70年代のサザンロックみたいなものにのめり込んでいましたね。オールマンとか、ZZトップとか、レーナード・スキナードなんか…。
      それまで大嫌いだった白人系南部の音の脳天気な荒々しさがかえって身にしみたりしていました。

      ラコステのポロシャツ ……。
      そうね、そういうファッションね。ポパイ世代。
      ま、自分は今でもずっとシャツはポロシャツ(下は綿パン)ですけど。ラコステじゃないけどね。
       

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">