ブログランキング

 
 いま日本全国で、どのくらいのブログが書かれ、どれくらいの人々に読まれているのか。
 ブログを書いている人なら、一度ぐらいはそういうことに興味を感じると思う。

 そういうことを数字で示してくれる面白いサイトがある。
 「皆声.jp」 http://minakoe.jp/ 
 同サイトの説明には、次のようなことが書かれている。 

 「皆声.jp は、日本国内最大規模のブログ検索/解析エンジンです。どこよりも速い更新速度&高精度なスパム排除機能に加え、一括閲覧機能やブログランキング等、ブログ専用検索ならではの機能を提供します」

 国内最大級 !
 はたして、どのくらいの数のブログをサーチしているのだろう。

 ちなみに、このサイトで年間のランキング 1位を獲得している 「ロケットニュース24」 というブログを例にとってみる。
 どれだけのブログを飛び越えて 1位になったのか。
 その数は、638,879サイト (2014年5月5日現在)。

 63万という数が多いのかどうなのか、私にはよく分からない。
 だが、これが現在日本でアップされるブログの総数というわけではないだろう。
 なぜかというと、この数は 「皆声.jp」 という検索エンジンに拾われてランクインしたものだけらしいからだ。

 ランクインは、「各ブログが獲得したリンク数 (有効獲得リンク数) 」 によって決まるらしく、いってしまえば、そのブログを読んだ人から 「ブックマーク」 を付けられたり、「お気に入り」 に登録されたりすることが前提となるようだ。

 面白いブログなら、当然リピーターになりたいと思った人が 「お気に入り」 などに登録するだろうし、その記事を引用して、自分のブログ記事を作るかもしれない。
 間違っていたら御免なさいだが、そういうリンク数が増えることが、ランキングの順位を決定するらしい。
 ちなみに、先ほど紹介した 「ロケットニュース24」 は、有効獲得リンク記事数が7,195。
 つまり、年間 7千ほどのリンクが張られると、この 「皆声.jp」 では 1位になるということなのだ。
 
 では、「ロケットニュース24」 とは、どういうブログなのか。
 サイトの趣旨を説明した文らしきものには、次のようなことが書かれている。

 「高度情報化社会の21世紀、いつテレビを見ても新聞を見ても世の中はニュースばかりです。重要な出来事に関しては、かなりの部分の情報が手にはいる世界になったといっても過言ではありません。
 (その中で) ロケットニュース24は、くだらなくて、おもしろい出来事などを8割くらいの力でお届けします」
 というもので、ちらっと覗いたところ、最新ニュースはゆるキャラの 「ふなっしー」 へのインタビュー (?)。
 その前のニュースがモスクワからキエフの鉄道の旅情報。
 さらにその前は、「チャーハン カツ カレーはほんとうにおいしいのか?」 というグルメ探索記事。
 
 確かに、“くだらなくて、面白い”。
 そういうネタを拾ってきて、複数のライターがそれぞれテーマを分担しながら記事構成しているようだ。
 ちなみに、フェイスブックでは12.3万人のフォロワーがいるという。

 皆声.jpの上位にランクされているのは、基本的にこういうニュース系のブログのようだ。
 年間 2位にランクされている 「Gigazine (ギガジン)」(月間では 1位)も、同じような総合ニュースサイトだ。

 これらのブログは、会社組織として運営されており、基本的にはバナー広告を主な収益としているようだ。
 こうなると、我々が一般的にイメージするブログ ( = 個人がネット上で公開する日記・雑感) といったものからはるかに遠ざかる感じがする。
 いってしまえば、こういうプロによるブログでないと、ランキングの上位に食い込むことはできないということになる。

 では、個人運営のブログはどうなのか。
 1位から100位ぐらいまでをざぁっと眺めてみたら、31位に 「市川海老蔵オフィシャルブログ」 というのが出てきた。
 63万サイトの中での31位というのだから、これはすごくリンクを張られたブログということになる。
 皆声.jp ではそのブログが 「どのくらい上位なのか」 ということを、パーセンテージで表している。
 エビ様のブログは 0.00%。
 つまり、ランクインしている63万という全ブログのうち、「0.00%にも満たないほどの上位グループに位置している」 ということらしい。

 これを 「ランキング入りブログ内偏差値」 という数字で表現すると、407.25。
 この偏差値という数字が何を意味しているのかよく分からないが、数が多ければ多いほど上位だということらしい。
 ちなみに、年間 1位をキープしている 「ロケットニュース24」 の偏差値は3171.39。
 2位のギガジンの偏差値が2824.39。
 31位のエビ様ブログ (偏差値407.25) とはずいぶん差がある。
 なぜそうなのか … ということは、私にはよ~わからん。

 で、さらにぱらぱらと順位を目で追っていくと、有名なショコタンブログが出てきた。
 「中川翔子オフィシャルブログ」 73位 (上位0.01%) 偏差値 254.71。

 大島優子のオフィシャルブログ 「ゆうらりゆうこ」は107位 (上位0.02%) 
偏差値 204.19 。

 個人ブログといっても、やはり芸能人ブログは人気がある。それだけリンクを張られるということは、けっきょくアクセス数も多いということなのだろう。
 
 芸能人以外の有名人ブログはどうだろう。
 ブログ記事の面白さで人気を集め、今や本も出版し、各地で講演なども行っているチキリンのブログ 「Chikirinの日記」 は40位 (上位0.01%) 偏差値 341.07。
 
 テレビなどではあまり出てこないけれど、ブログ知識人として有名な内田樹の 「内田樹の研究室」は、56位 (上位0.01%) 偏差値 295.42。
 
 同じくブログで人気を集めている知識人の池田信夫の 「池田信夫blog」 は、74位 (上位0.01%)。偏差値は、254.63。

 こういうブログ言論人たちは、ブログにおける人気がそのまま発表する本や講演の宣伝になるので、更新頻度も高く、記事の分量も多い。ちょっと昔なら考えられなかった新しい時代の “ネット知識人” たちともいえる。

 どさくさにまぎれて、恥ずかしながら 「町田の独り言」 を公表すると、7,685位 (上位1.20%)、偏差値 60.39。
 ランキングの上位を独占する人たちのものと比べると、なんとも情けない数字である。
 でも、63万件のブログの中で、上位1.20%に食い込んでいるということは、まぁ多少なりとも誇れる気分でもある。

 なお、この 「皆声.jp」 による 「町田の独り言」の 人気数順エントリーは、
 ・ 「ナチス芸術の空虚さとメランコリー」
 ・ 「AKB好きのオヤジたちの白熱論争」
 ・ 「日本のジレンマ」
 ・ 「町田の独り言」
 ・ 「オウムのチープな教義を笑えるか?」
 ということであった。
 
 また、自分がお世話になっているブログサービス (ホビダス) 内における検索によると、現在のサービスシステムになってからの当ブログのトータル訪問者は 593,179人。ページビューは 3,493,255ページ。Feeds は、225,684。

 なお、この4月から5月にかけて、訪問者の一番多かった日は、現在のところ4月17日で、3,147人。ページビューの一番多かった日は、4月4日で6,771ページ。
 ちなみに、昨日 (5月5日) の訪問者は1,924 人。ページビューは5,048ページであった。
 また、5月6日の0時14分から、2時03分までに検索ワードに寄せられた言葉は、
 ・ チンギスハーン4
 ・ キャンピングカー値段
 ・ バンコン外部収納
 ・ ユーミンの罪
 ・ 日出処の天子
 ・ 歌謡曲 歌詞
 ・ キャンピングカー バスコン レンタル
 ・ POP COM nv200
 ・ 吉行淳之介
 ・ bBキャンピングカー
 ・ きっとここが帰る場所 ネタバレ
 ・ カムロード アルミホイール
 ・ ソファーベッド L字 大人2人が寝転がる
 ・ ベルファイア キャンピングカー
 ・ 後ろから前から
 ・ 車中泊プリウスα
 ・ アルカディア人
 ・ 嫌な感じの人
 ・ nv200キャンピングカー
 ・ ドン・ミケロット
 ・ 林真理子 2009 雑誌連載小説
 … という用語であった。

 なお、ブログを書いている人は、みなこの 「皆声.jp」 で、自分のブログのランキングを確認することができる。
 インターネットの 「皆声.jp」 (http://minakoe.jp/)で検索して、トップページに掲載されている 「ブログランキング (直近1ヶ月の有効獲得リンク数順) の1位から5位までのすぐ下にある 「6位以降 – 」 (指定URLのブログランクを見る) という窓内にある空欄に、自分のブログのアドレスを入力する。

 すると、すぐに自分のブログの順位が発表される。
 ただし、1年以内に誰かがリンクを張ってくれないかぎり、「ランク外」 になってしまうようだ。
 仮に 「ランク外」 と表示されても、それはブログの内容の評価ではないので、がっかりすることはないのかもしれない。 
 
 

カテゴリー: ヨタ話   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">