高額キャンピングカーに興味を抱く人が増えている

 
キャンピングカーユーザーの買い替え需要に高額車への関心が高まる
  
 
「車中泊車」 としてのキャンピングカーに注目する人も増加
   
※ 2014年 2月3日 日本RV協会リリースより
 
 一般社団法人 日本RV協会がこのほど発表したリリースでは、キャンピングカーの買い替えを検討しているユーザーに、高額車志向が生まれ始めていると伝えていた。

 では、どのくらいの価格帯のキャンピングカーが注目されるようになったのだろうか ?

 同協会では、まず 「現在のキャンピングカーユーザーが乗っている車両を購入したときの価格帯」 を調査してみた。
 すると、400万円台 (15.8%) を中心に、その上の 「500万円台」 と 「600万円台」 という価格帯に答が集中し、その3回答で半数に迫る43,5%を占めたという。

 しかし、「次に買い換える場合、どれくらいの価格帯のものを検討するか」 という問を設定したところ、800万円台 (10.8%) をトップに、500万円台、700万円台と比較的高額な車両への関心が高まり、なかには1,000万円超えの車を買いたいと思っている人も2割を超えることが判明したとのこと。

▼ 高級輸入車

 実際に今の車と買い換えるかというと、76.3%の人が 「諸所の事情により踏ん切りが付かない」 と答えているらしいが、それでも 「 (新車を) 購入する方向で、車庫事情や購入条件などを検討中である」 という回答は12.3%。
 また、「購入する意志を固めている」 と答えた人も11.4%もいて、2割を超える人々がすでに次のキャンピングカー購入の準備を進めていると伝えているという。

…………………………………………………………………………………………………………

 今回の調査では、一般の乗用車による 「車中泊」 を経験してからキャンピングカーを購入した人たちの意見も調べている。
 最初の設問は、キャンピングカーを使用する前にどのようなタイプの乗用車で車中泊をしていたかを尋ねるというもの。

 それによると、いちばん多かったのは 「ミニバン」 という答で、43%。
 その次は 「ワゴン」 で22.9%。
 以下 「貨物車・バン」 (9.1%) 、「軽自動車」 (8.8%) という順に続いた。

 そのような人たちに、キャンピングカーに乗り換えた理由を尋ねたところ、以下のような回答が得られたとのこと。

 一番は、「キャンピングカーの方が室内が広い」 というもので、その回答率は29.8%。
 それに続いたのは、「キャンピングカーの方が断熱性に優れているので、暑さ・寒さに強い」 という回答で、25.3%だった。

 以下、「コンロ、水道、冷蔵庫など乗用車にない装備が使える」 (20.9%) 、「ベッドメイキングが簡単」 (10.7%) 、「キャンピングカーの方がセキュリティーやプライバシーの確保ができる」 (5.3%) 、「乗用車とそれほど価格差のないキャンピングカーもあるため、お得感がある」 (4.4% ) 、「収納庫などが設定されているので荷物の収納性が高い」 (3.6%) という順に並んだという。

 同協会では、車中泊に関してのキャンピングカーの利便性の高さが認識されてきたことと平行して、近年各地で開かれるキャンピングカーイベントの来場者が軒並み増加傾向を示したという。

…………………………………………………………………………………………………………

 また今回の調査では、キャンピングカーなどで現在車中泊をしている人に、「どんなマナーに気をつけているか」を尋ねている。

 もっとも多かった答は、「オーニングを広げたり、椅子・テーブルを車外に持ち出さない」 というもので、27.4%。次に多かったのは 「無駄なアイドリングをしない」 で、26.1%。
 以下、「移動中に出たゴミを、SA・PAのゴミ箱に投棄しない」 (13.9%) 、「車外で調理をしたり、駐車場で直火を焚いたりしない」 (10.9%) などという順に並び、キャンピングカーで車中泊をする人たちのマナー意識の高さが浮かび上がったと結ばれている。
 
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
 
わが国最大規模のキャンピングカーの祭典
『ジャパン・キャンピングカーショー2014』 迫る

(以下 RV協会リリースより転載)
 
 今回は、2月7日 (金) ~11日 (火) までの5日間開催
 
 わが国のキャンピングカーイベントの頂点に立ち、アジアでも最大規模を誇る『ジャパン・キャンピングカーショー2014がこの2月7日(金)より、千葉県の幕張メッセにおいて、史上初となる5日間開催されます。
 前回は出展ブース322コマ。展示車両台数250台、トータル来場者数8万人というかつてない大規模なショーとなりましたが、今年はそれを上回るのは必至。キャンピングカーイベント史上類例を見ない規模を誇る空前絶後のショーになると期待されています。

▼ 2013年ショーの様子

■ 名称:ジャパン キャンピングカーショー2014
■ 開催日時:平成26年2月7日(金) 12:00~17:00 ※10:00~12:00 プレス内覧会、8日(土)・9日(日)10:00~18:00、10日(月)・11日(火) 10:00~17:00
■ 会場:幕張メッセ[9・10・11ホール]
■ 入場料: 【当日】 一般 (高校生以上) /800円 小人 (小・中学生) /500円 団体 (20名以上) /600円 身体障害者無料 (介添人1名無料)
【前売り】 ローソンチケット・セブンチケット・CNプレイガイド 一般 (高校生以上) /600円 小人 (小・中学生) /400円
■ 主催:ジャパン キャンピングカーショー2014実行委員会
■ 特別協賛:一般社団法人 日本RV協会
 
 

カテゴリー: campingcar, news   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">