俳句に見る日本美学

 
 テレビで観たか、本で読んだか。
 俳句の話。

 俳句とは 「余白、静寂、余韻」 の文学であるそうな。

 五、七、五

 という限られた文字数のなかで、ひとつの作品を完結させなければならない俳句は、言葉を盛り込むよりも、言葉を切り捨てることによって世界を構築しなければならない。
 
 だから、切り捨てられた言葉は、表に出た言葉の影に潜んで、じっとうずくまる。
 すなわち、それが 「余白」 。
 「無」 ではなく、それは 「静寂を背負わされた言葉」 なのである。

 西洋風にいえば、「残響 (エコー) 」 ということになろうか。
 発せられた言葉が沈黙に吸い込まれながらも、遠い場所で、かすかに、いつまでも鳴り響く。

 「残響」 には、すでに人間の発した言葉は残っていない。
 そのとき、それはもう 「人間の言葉」 とは異なる別次元のメッセージになっているのだ。
 すなわち、それが 「余韻」 。

 俳句が 「余白」 を残すのは、連歌の流れを汲んでいるからだという。
 同好の士が集まり、一人が発句を読むと、それを受けて、別人が発句に新しい句をつなげる。

 たとえば、明智光秀が本能寺の変を起こす前に出席した連歌の会では、次のような俳句が読まれたという。

 ① ときは今、天 (あめ) が下しる五月(さつき)かな (発句 光秀)
 ② 水上 (みなかみ) まさる庭の夏山 (脇句 西坊)
 ③ 花落つる 流れの末を せきとめて (第三句 紹巴)
 
 発句に歌われた情景を、二番手の読み手が自由に解釈し、その流れを組みながら、発句で歌われた世界を広げていく。
 その脇句を受けて、さらに次の人が、第三句、第四句と続けていく。
 それはまるで上流から下流へと流れる川が、同じ水ながら、常に両岸の風景を変えていくのに似ている。

 話はそれるが、歴史小説などを読むと、先の光秀の句には、信長を倒す意が込められていたという解釈が多い。
 つまり、「天下を取るのは今でしょ !! 」 という決意が思わず発句に溢れ出たというわけだが、ま、これは余談。

 話を戻すと、俳句が 「余白」 を持つのは、発句の後に 「脇句」 、「第三句」 、「第四句」 とつなげていく人たちの “想像力” を受け入れる余地をつくるためだ、というわけだ。 

 文学研究的にいうと、きっとそういうことなんだろう … とは思うけれど、そもそも 「余白」 こそ、日本文化の真髄ではなかろうか。
 
 形にはならないが、「無」 ではないもの。
 その “気配” を察することが、風雅を知る心。
 その象徴的な例として、俳句を意識してもいいのかもしれない。 

 考えてみれば、日本の文化というのは、すべてこの俳句のようなスタイルを取っているのではなかろうか。

 たとえば、長谷川等伯の 『松林図屏風』 。
  
 
 
 霧に包まれた松林の情景を描いたものだが、はて、この松たちはいったいどこに生えているものなのか ?
 海岸なのか、山林なのか。それとも、広大な日本庭園の一角にあるものなのか。
 すべては、文字通り “霧の中” 。

 そんなことはどうでもいいのである。
 ここでは俳句と同じように、機能的には霧が 「余白」 となって、隠されたものの存在を鑑賞者の “心の目” に委ねていることを知るべきである。
 
 絵から漂ってくるのは、大地を覆い尽くす 「静寂」 感。
 そして、いつまでも鳴り響いている 「余韻」 。
 「霧」 という形をとった屏風絵の中の “余白” が、現実の松林の彼方 (かなた) に広がる別の世界を暗示している。

 「余白」 が、なぜある種の感興を呼び覚ますのか ?

 そこには、「視点の移動」 があるからだ。
 つまり、目に見えるものを、そのまま眺めているだけでは、感興は生まれない。
 「見えているもの」 の奥に 「余白」 を感じたとき、人は眺めているものの背後に隠された世界があることを知る。

 「隠された世界」 を感じた瞬間というのは、「表に見えているもの」 が、別の何ものかに変わるときである。
 それが 「視点の移動」 。

 これを、脳科学的にいうと、脳領域のTPJ (側頭頭骨接合部 = 大脳皮質の一領域)に変化が表れることを意味する (らしい … 詳しくは知らない) 。
 TPJ というのは、自他の区別と関わる重要な役割を担っていると脳の部位だといわれているが、眺めている対象が、それまで漫然と見ていたものと変わって見えてくるときというのは、このTPJ に変化が起こっているときだという。

 で、このTPJ の変化こそが、人間に 「知的な喜び」 をもたらすらしい。
 
 そう考えると、俳句や長谷川等伯の 『松林図屏風』 のように、「余白」 をたっぷり含んだ芸術形式というのは、人間に不断の 「知的な喜び」 をもたらせる文化だといえる。

 感受性とは、物事のこの 「余白」 を読む心をいう。
 
 
参考記事 「長谷川等伯の絵」
 
参考記事 「 『旅』 を豊かにするのは 『教養』 である」
 
  

カテゴリー: アート, コラム&エッセイ   パーマリンク

俳句に見る日本美学 への6件のコメント

  1. Take より:

    直前の話と合わせての2部作としての有意義な講義を聞いたような感じです。
    夕方のニュース番組で、「ここは立ち入り禁止です」というところで釣りをする人。開かずの踏切の遮断機の下をくぐる人、BBQのごみをかたずけず帰る人…。レポーターが問うと、あなたに答える筋合いはないとか、皆がしているから、という回答を発します。
    人生の空間、隠された文化がない、つまりはその事象から想像を膨らますことができないのかな?とも思います。
    己の人生どう生きようが関係ない、と言いながらも、その人生を傍から見ている他者の目。だから己の人生は他者の目に映るから関係なくはない、それ故に美意識をもって生きろ、というのが武士道だったような気がします。今で言えばオーラという言葉なのでしょうか、それが視点の移動に通じるものに思いました。

    • 町田 より:

      >Take さん、ようこそ
      せっかくのご厚情あふれるコメントをいただきながら返信が遅くなりまして、申し訳ありません。
      「視点の移動」 という言葉から、武士道の美意識、さらに 「オーラ」 というものの概念定義にまで想いを飛ばしていくTakeさんの思考の自由さ、軽やかさに脱帽です。

      おっしゃるように、他者への思いやりや共感を失いつつある人が増えているような時代。そこでは、一つの事象から想像を膨らませることを怠った現代文明のあり方そのものが問われているのかもしれませんね。
      自分を見つめる 「他者の目」 とは、まさに “想像力” のことをいうわけですね。
      それは、いわゆる 「自意識」 とは別のもののように思います。
      現代人は、自意識ばかりが肥大して、想像力が失われてしまっているように感じます。
       

  2. クボトモ より:

    今回も深く感銘を受けるお話でした。
    「間を感じる」とか「行間を読む」とかも、
    “余白”を感じる事に同義だと解釈しています。

    映画のセリフやコピーライティングにおいても、全てを言わずに
    その先を想像させるものがよいコピーだと思っていました。
    ところが昨今「全部言ってくれなきゃ解らない」という声があります…。
    全部言い切って、写真も付けて、図も添えてくれないと解らない。
    え!?なんて寂しいことを。
    この先、知的な喜びは失われて行くのでしょうか…。
    なんて、個人的な意見ですが。

    • 町田 より:

      クボトモさん、ようこそ
      >>「映画のセリフやコピーライティングにおいても、その先を想像させるものが良いコピー」 。
      まさにおっしゃるとおりだと思います。
      たぶん、ドラマや小説などでも、私たちがそこに 「粋」 を感じたとしたら、それは想像力をはばたかせてくれるものに触れたときでしょう。

      昨今は 「分かりやすい」 ことが第一義的に重要視されすぎて、想像力に訴えかけるものは 「あいまいである」 という理由で退けられてしまうようですね。

      ビジネスの現場ではそれでいいのでしょうけれど、創造的なものを追求するときには、「分かりやすい」 ということは、時として 「貧しい」 ものに終わってしまうことがありそうですね。
       

  3. colona より:

    私はこの記事を単に芸術論と思って読みませんでした。というのは、町田さんの芸術に対する姿勢から、つまり町田さんの言葉で言う「隠された世界」を知ろうとする態度から、町田さんの哲学というか、生き方を感じたからです。「芸術に限らず、些細でありふれたことにも細心の注意を払っていれば、視点が変わって、見たこともない世界が開けてくる」というメッセージが込められているように感じました。間違っていたらごめんなさい。でも、町田さんの作品を芸術と考えれば、私がその「余白」を読んでも間違いにはなりませんよね。

    • 町田 より:

      >colona さん、ようこそ
      的を射たコメントをいただき、ありがとうございます。
      間違っていません。
      むしろ、うまく言えなかったことを、colona さんに補足していただいたような感じです。
      絵でいえば 「余白」 を見る。
      文章でいえば 「行間」 を読む。
      人間の作り出した文化は、すべて表に現れていないものを読み込む作業によって築かれるものではないかと感じています。

      変な言い方かもしれませんが、「ノイズ」 があってこそ文化は豊かになる。
      「ノイズ」 というのは、確かに “雑音” なんですけど、メッセージの形を取らない 「ノイズ」 が含まれることによって、そのものの複雑さ、陰影、奥行きをもたらすのではないでしょうか。
       

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">