月別アーカイブ: 1月 2014

徳大寺有恒という生き方

    今月号の 『NAVI CARS (ナビカーズ) 』 は “保存版” と銘打って、自動車評論家の徳大寺有恒さんを特集しています。          タイトルは、ずばり 「徳大寺有恒という生き方」 。    確かに、 … 続きを読む

カテゴリー: 映画&本 | 2件のコメント

サミーさんからのカレンダー

   アメリカ在住の日本人シンガーサミーさんより、今年もアメリカのカレンダーを送っていただいた。  このカレンダーは、なにしろ写真が素晴らしい。  サミーさんが住んでいらっしゃるカリフォルニア州ストックトンの銀行が毎年発 … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 4件のコメント

「黒田官兵衛」 どうよ ?

    この 1月から始まったNHKの大河ドラマ 『軍師 黒田官兵衛』 。     う~む ……。  違和感があるなぁ。  というのも、主役官兵衛を演じる岡田君の顔立ち。  はっきりいって、あれは戦国の日本人社会では、 … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 6件のコメント

寅さんに会おうと決めた

   長崎のキャンピングカービルダー 「カスタムプロ ホワイト」 の池田健一さんは、稀代の名文家でもあります。  年明け早々に、その池田さんから、ホームページの連載エッセイが更新されたという連絡が入りました。    映画 … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | コメントをどうぞ

趣味人、学者、発明家

   今回の都知事選の候補者で、実質上 “一騎打ち” といわれている細川さんと、舛添さん。  方や芸術家、方や学者。  細川さんは、かつて首相も経験したが、基本的には陶芸なんかに凝っている 「芸術家」 気取りの趣味人。 … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 2件のコメント

俳句に見る日本美学

   テレビで観たか、本で読んだか。  俳句の話。  俳句とは 「余白、静寂、余韻」 の文学であるそうな。  五、七、五  という限られた文字数のなかで、ひとつの作品を完結させなければならない俳句は、言葉を盛り込むよりも … 続きを読む

カテゴリー: アート, コラム&エッセイ | 6件のコメント

「旅」 を豊かにするのは 「教養」 である

   昨年の話だ。   俳優の火野正平が、視聴者からの 「思い出の景色を見たい」 という手紙に応え、自転車に乗って地方を旅する番組 (ニッポン縦断こころ旅) を観ていた。  その日の目的地は、岬の突端にある水族館だった。 … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 6件のコメント

綾瀬はるか 天然

   昼休みの時間帯。  僕は、駅前ビルのフードコートで、生姜焼き定食を咀嚼していた。  「紅白見たぁ !? 」  「見ったぁ !! 見ったぁ !! 」  隣のテーブルに陣取った若いOL風の5人組女の子が歓声を上げている … 続きを読む

カテゴリー: ヨタ話 | 2件のコメント

正月は映画三昧

    正月に入ってから風邪をひいてしまって喉と鼻をやられ、加湿器のある部屋 … つまりリビングからほとんど出ることなく、ずっとテレビモニターの前に陣取って放映されている映画やドラマ、それにハードディスクに取りだめしてい … 続きを読む

カテゴリー: 映画&本 | 2件のコメント

野良猫という “自然”

   野良猫というのは、人間が管理しなければならない動物らしい。    新聞を読んでいたら、「猫の不妊手術に関心がない人が多くてびっくりした」 という投書が掲載されていて、それを読んで、びっくりした。  投稿者の書いた文 … 続きを読む

カテゴリー: ヨタ話 | 6件のコメント