音の抽象画 ウィンダム・ヒル

 
 1980年代というと、日本では「バブルの熱狂」に覆われた時代というイメージがある。
 しかし、今でこそそういう印象が強いが、少なくとも80年代が始まったとき、それはむしろ奇妙に冷えた時代が訪れたように思えた。

 たった一瞬のことだったかもしれない。
 でも、「クールな時代」に入ったように、私には感じられたのだ。
 それは、譬えていえば、溶鉱炉の燃え盛る鉄工所が、熱と音の消えたコンピューター制御の工場に変わったような印象だった。
 
 そんなときに、ウィンダム・ヒルを聞いた。
 「ああ、これからの時代に受ける音楽は、こういう音なんだ」
 と、強く思ったものだった。

 「ウィンダム・ヒル」というのは、ギタリストのウィリアム・アッカーマンによって創設されたレコード・レーベルである。
 創設は1976年。
 Wikipedia によると、同レーベルから出されたジョージ・ウィンストンの『ロンジング』の大ヒットにより、「1980年代のニューエイジ・ミュージックの一翼を担った」という説明がなされている。

 ニューエイジ・ミュージックというのは、ヒッピー文化を源流とする禅やヨガのBGMとして使われるスピリチュアルな音楽を指すらしい。 
 一般的には、「自然、宇宙、生命などをテーマにし、瞑想を助けたり、音楽療法に使われたりする音楽」だという。(Wikipediaより)

 しかし、ウィンダム・ヒル系の音を実際に聞いてみると、そのような宗教臭さとは無縁であることが分かる。
 岩の間から滲み出る真水のような清涼感はあるが、「宇宙」やら「生命」といった大テーマを訴える押し付けがましさがない。

 「空気」と「光」
 ウィンダム・ヒルの音には、その二つしかない。

▼ William Ackeman 「Pacific Ⅱ」

 今では、「ニューエイジ・ミュージック」とか、「ヒーリング・ミュージック」というジャンルにくくられるのだろうけれど、当時こういう音を表現する言葉がなかった。
 今聞いても、不思議な音である。
 クラシックになじんだ人には、ジャズかポップスに聞こえ、ジャズやポップスに親しんでいる人には、クラシックに聞こえたのではなかろうか。
 
 エンヤや喜多郎などの音楽と同列に扱われることも多いが、まったく別種の音である。
 私も、当時これを聞いていて、どのようなシチュエーションに合う音か、それが分からず、何とも奇妙な気分になったものである。

 ドライブ・ミュージックに使えば眠くなりそう。
 カクテル・バーで流れていれば、酒が薄く感じられそう。
 恋人との語らいの最中に聞いていると、沈黙が多くなりそう。

 どういうシチュエーションにも、合いそうにない。

 強いていえば、葉を落とす木々を見ながら、秋の公園で過ごすときの音楽 … とでもいえようか。
 しかし、そこには、 “秋のさびしさ” を強調するようなセンチメンタリズムがない。
 ひたすらその音は、「空気」を感じさせるだけにとどまり、「光」を感じさせるだけにとどまっている。

 その “とりとめのなさ” が新鮮だった。
 今までの生活に染み込んでいたBGMとは違う「音」だと分かったのだ。
 「生活」を感じさせない音。
 つまり、「実在する物」に囲まれた世界に、「不在」の気配を忍ばせる音だった。

 絵でいえば、これは抽象画である。
 それもパウル・クレーのような、淡い優しい色彩で描かれた抽象画だ。

▼ パウル・クレー 「ニーゼン」
 

 クレーの絵には、山や町といった対象物を特定できるものもある。
 しかし、その山や町はほとんど輪郭を失い、今にも空気の中に溶け込んでいきそうに見える。

▼ パウル・クレー 「カイルアンの眺め」
 

 つまり、それは、「実在」の山や町が、「不在」の世界に移行して、色と空気だけになっていく過程をとらえた絵といっていい。

 ウィンダム・ヒルの音楽、特にウィリアム・アッカーマンのギターの調べからは、そのパウル・クレーの抽象画に近い雰囲気が漂っている。
 同レーベルの人気アーティスト、ジョージ・ウィンストンのピアノには美しさも感じとれるが、具象画の生々しさも残っている。
 しかし、アッカーマンのギターは、見事な抽象画になりきっている。

 彼の “大先輩” には、エリック・サティーがいる。
 サティーもまた、音楽が「芸術性」や「物語」や「教養」と切り離せなかった時代に、純粋に「音の陰影」だけを追求した人だが、アッカーマンもその路線を歩んだ。
 実際に、アッカーマンは、サティーに傾倒していたらしい。

 どちらの音楽も、生活の中のどういうシチュエーションにも、合わない。
 食べたり、飲んだり、笑ったり、悩んだりする我々の生活を、ただの「色」と「光」に還元していくような音。
 だからこそ、彼らの音楽は、「生活の呪縛」から人間を解き放ってくれるのだ。

▼ William Ackerman 「Visiting」

参考記事 「オトナのコード学だって !! 亀田音楽専門学校 (エリック・サティーについて) 」
 
 
 ウィンダム・ヒルの “抽象画” に興味を持たれた方には、もう少し。

 ▼ Billy Oskay & Micheal O Domhnail 「The 19A」

  
▼ William Ackerman 「Gazos」

 

カテゴリー: アート, 音楽   パーマリンク

音の抽象画 ウィンダム・ヒル への2件のコメント

  1. 通りすがり より:

    素晴らしいです。ニューエイジを抽象画に例えるとは。
    僕はニューエイジを含めプログレッシブな音楽をこよなく愛しています。
    形式に囚われず、言葉に囚われず、脳や耳ではなく、本能に訴えかけてくる音楽が好きなのです。
    shpongleというアーティストを御存知でしょうか
    クラブミュージックでありサイケデリックでありアンビエントであり民族的であり宗教的であり、電子音楽なんです。
    あなたの感性にどう響くか気になります
    是非聴いてみてください 

     

    • 町田 より:

      >通りすがり さん、ようこそ
      当記事に過分なご評価をいただき、ありがとうございます。
      通りすがりさんにご紹介いただき、shpongle の「DMT」という曲をYOU TUBEで拾って聞いてみました。
      おっしゃるように、幾層にも積み重なった人間の意識の膜を、一枚一枚はがしながら、自分ですら把握できていない意識の深層に迫っていくようなスリリングな味わいがありました。

      実は、この手の曲を集めたオリジナル音楽ソースも作っておりまして、Kaya Project の「From Mumbai」とか、Desert Dwellers 「Tample Gataway」 「Temle Dragons」 などが気に入って収録しています。今度shpongle も加えておきます。

      基本的には、自分はVangelis 系の音が好きです。なかでも『The City』は好きなアルバムでした。他には (通俗的かもしれないけれど)、映画『ブレードランナー』のサントラも愛聴盤です。
       

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">