鮪 マグロ節

 
 スーパー地下のフードコーナーに行った。
 買い物カゴをひょいとつかんで、カートに載せ、「さぁて、晩メシのおかずは何にするべぇ …」
 と、おもむろに歩き出したとき、太鼓ドンドンの景気いい音楽が流れてくるじゃありませんか。
 その音に乗って、ドスの効いたお兄さんの歌声が。

 「♪ マグロマグロマグロマグロマグロマグロマグロマグロ … ♪ 」
 
 歌は、鮮魚コーナーから響いてくる。 
 近づくと、マグロをいっぱい並べたトレーの向こうに、CDラジカセが置いてあって、そこから、「♪ マグロマグロマグロマグロマグロマグロ ♪ 」 とうなる声が流れているのだ。
  
 なんだろ ? この歌 … 。
 マグロの切り身を眺めながら、首をかしげて、考えた。
 
 マグロのセールスプロモーションのために、 “全国鮪協会” のような団体が、販促ツールとしてコマーシャルソングみたいなものを作り、マグロキャンペーンでもやっているのだろうか ?

 確かに、歌をよく聞くと、マグロ賛歌であることが分かる。
 
 「♪ マグロ食いたきゃ、いつでも来やがれ、オレがいつでも面倒みてやる。
 食べりゃ分かるさ、漁師の心。
 赤身、中トロ、大トロ、マグロ
 タンパク、良質ミネラル豊富、
 黒潮運ぶ 自然の恵み … 」
 とか、歌っているわけ。

 そのサウンドがなかなかカッコイイんだわ。
 シャキシャキした音は、まさにROCK 。
 コード進行はブルース。
 ヴォーカルはラップっぽくやっているんだけど、エンディング近くになると演歌。
 
 ま、キワモノ・ソングなんだけど、ドラムスは和太鼓みたいな野太い音で、ベースと絡んで、ノリの良いリズムをキープしている。

 これがなかなか心地良いんだわ !!
 自然に腰が揺れてくる。
 気づいたら、マグロの刺し身の前で、一人でステップ踏んでいた。
 無性にその音楽の素性が知りたくなった。

 で、近くを通った鮮魚コーナーの担当者らしきオッサンを呼び止めて、
 「これ、何の歌ですか ? 」
 と聞いてみた。

 オッサン、奇妙なことを聞くヤツだな … ってな顔をしながら、それでも作業の手を止めて、「歌手までよく知らないんですわ。でも、マグロを売るならこれがいいって店の方で決めたみたいでね」 と話してくれた。

 「この歌に引き寄せられて、マグロを買っていく人もいるんでしょ ? 」
 「さぁ、そこはなんとも … (笑) 。でも、にぎやかな雰囲気にはなるよね」
 「サウンドは確かにいいですねぇ」
 「私らは、音楽的なことまでは … (笑) 。インターネットで調べれば、誰が歌っているか分かると思いますよ」
 「なるほど。 “マグロマグロ … ” で検索すればいいわけか」
 「音楽のことで質問されたのははじめてですよ。私らも、最初は面白いと思ったけれど、繰り返して聞いているとシンドイですよ (笑) 」

 ってなわけで、家に帰ってからYOU TUBEで拾ったのが、下の画像。

▼ 鮪 マグロ節

 実際に、漁業関係に携わる人たちで構成された 「漁港」 というロックバンドのデビュー曲らしい。(画面を見ると、漁港の “港” という文字が、左右にひっくり返っている)

 「漁港」 というバンドのHPを見てみると、2004年にこの曲でデビューしたという。
 かなり前に作られていた曲なんだね。
 「テレビ、ラジオ、新聞、海外メディア、水産業界新聞などに取り上げられている」 とも書いてあったから、それなりに有名な人たちだったのかもしれない。
 知らないのは、オレだけだったのか … ??

 リズム感があって、なかなか楽しめる曲だ。
 カラオケのレパートリーに入れようかな。
 
 

カテゴリー: ヨタ話, 音楽   パーマリンク

鮪 マグロ節 への4件のコメント

  1. スパンキー より:

    ロック演歌って感じですかね?
    この歌の発想は、港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカのような気がします。
    ダウン・タウン・ブギウギ・バンドよりイモっぽいのが良い?
    なんてったって、語り口が似ています 笑
    以前は、ポンキッキーズっていう子供番組がありましたが、
    そうした番組で流せたら、ヒット致します。
    もっとメジャーになったのにね!

    顔は、横山剣さんですね?

    • 町田 より:

      >スパンキーさん、ようこそ
      この歌が、ダウンタウン・ブギウギ・バンドの 「港のヨーコ」 に近いことは、私も同様に感じていました。語りの口調は、ほんとうに宇崎竜童とそっくりですね。
      で、>>「 よりイモっぽいのが良い」 ……。
      なるほど !!
      この歌の迫力は、そのイモっぽさにあるのでしょうね。
      あっちには、都会的なハードボイルド小説の匂いがする “文学” っぽいタッチがありましたけれど、こっちは “まんまの” ギャグ路線ですものね。

      で、>>「子供番組に流したらヒットする」 というのは、当たっているかも。
      さすがマーケティングの世界にも目配りの行き届いたスパンキーさんらしい観察です。
      考えてみると、「オレのところに来やがれ」 みたいな物騒な言い回しは、大人よりも子供に受けますものね (NHKは無理かもしれないけれど) 。

      >>「顔は横山剣さん」
      これも同様に感じました。
      たぶん歌い手も 『タイガー&ドラゴン』 あたりを意識していたかもしれませんね。
       

  2. guchi3 より:

    あっ!このグループ知ってます。
    以前このグループが関西ローカルのテレビに出演して、この歌を歌いながらマグロを一匹解体してました。
    どう考えてもギャラよりマグロの方が高いので、「割りにあわんグループやな」と思いました。
    これも昔の話ですが、友達と大阪で昼飲みして帰る途中デパートの鮮魚売り場でマグロの解体ショーをしていたので見ていると、友達が「マグロの横たわった死体を切り裂いているのを見て、キャーキャー喜んでるこいつらはサディストやな。佐川君か!」とわけのわからんことをつぶやいていたのが思い出されます。

    • 町田 より:

      >guchi 3さん、ようこそ
      さすが、音楽に関しては些細な情報も見逃さないguchi3さんらしい観察ですね。
      実際に、この漁港のHPを見てみると、まぐろの解体ショーなどとセットでプロモーションしていたようです。

      考えてみれば、マグロの解体ショーというのは、死体の切り刻みなわけだから、それを喜んで眺めているのは、“変態” 的なことなのかもしれませんね。一般の人は、同じ食物でも、豚や牛の解体ショーなど喜ばないでしょうから。

      最後の 「…佐川君か ! 」 というギャグは、若い人には分からないかもしれませんね。僕らの世代ではピンとくるジョークなんですけどね。
       

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">