マックレー 「ディアラ」&「バレンシア」

実用的な機能、ゴージャスな空間、リーナブルな価格
キャブコンのニュートレンドを実現したディアラ

 バンコンを中心に開発しているキャンピングカーメーカーさんによると、売れ線のクルマはだいたい 「車両価格で400万円前後」 であるという。
 乗り出しで450万ぐらい。
 それ以上高くなると、ライバル他車に比べてよほど商品力が突出しているクルマでないと、なかなか良い反応が得られないとか。

 世の中の景気が回復しているという空気に刺激されてか、キャンピングカーの場合も、高額商品が順調に動き出している反面、すべての顧客の財布のヒモが緩んできたというわけでもなさそうだ。
 キャンピングカーに興味を感じる人の底辺が広がってきた分、装備が充実しすぎて高額になった商品よりも、シンプルな作りでいいから買いやすい価格帯の商品を欲しいという客層も広がってきている。

 そういう時代のニーズを反映して、キャブコンにおいても “買いやすいプライス” を全面に打ち出した商品が登場するようになった。
 マックレーの開発したdia:La (ディアラ) が、その一つ。

 なにしろ、車両本体価格が税別329万円。
 リヤの上段ベッドとバンク部のベッド機能をレスした仕様 (4名就寝) では、317万円というプライスが掲げられている。
 
 が、デイブレイクシリーズやラビュラスなどで、日本のキャブコンシーンをリードしてきたマックレーが開発しただけあって、ただの “安いキャブコン” になっていないところが、このディアラの魅力。車両コンセプトそのものがユニークで、価格の安さだけにとどまらない個性が発揮されている。


 
 「最初は買いやすい価格帯を実現するために、コストを極力抑えたキャブコンをひとつ作ってみようと思っただけなのです」
 と開発者の渡辺秀樹さんは、そう語る。
 だから、構想段階では、対面ダイネットにリヤ2段ベッドというオーソドックスなファミリーユースのレイアウトを頭に描いていたという。
 

 
 「しかし、売れているキャンピングカーとはどういうものか、ということを研究しているうちに、かーいんてりあ高橋さんが企画したバンコンの 『リラックスワゴン』 を見て、何か伝わってくるものを感じたんですね」

 そのとき、人気のあるバンコンは、「装備よりも使い勝手が評価されている」 ということに思い至ったとか。
 そして、展示会場などでレイアウトを見た人が、ひと目で 「どういう使い方をするキャンピングカーなのか」 ということを理解できる車種に注目が集まっていることに気づいたそうだ。
 
 そこで、渡辺さんが企画したのは、
 「キャブコンの “車中泊仕様” 」
 渡辺さんは、ディアラをそう位置づける。

 現在、車中泊を楽しんでいる人たちは、装備類の便利さや快適さだけでクルマを選んでいるのではない。
 そう考えた渡辺さんは、装備類を抑えても、家族がゆったりできるシートアレンジを優先させ、さらには広々としたベッドスペースを確保。イメージとしては爽やかで風通しの良い空間に見せることを狙った。

 それが可能になったのは、マックレーというメーカーが、充実した装備類を数多く開発してきた会社だったからかもしれない。
 装備類で、省けるものは何か。
 絶対残さなければならないものは何か。
 その判断は、自社で開発した装備品のアイテム数の多さによって決まるからだ。

 エントランスから中を覗くと、見事なくらいシンプルなレイアウトが目に飛び込んでくる。
 6人ほどの家族が、顔を合わせてくつろげる “コの字ラウンジ” 。
 キャンピングカーのリビングというより、リゾート地に建てられたコテージの雰囲気。
 あるいは、ヨーロッパ映画などに出てくる列車のコンパートメントルームの匂いを感じる人もいるかもしれない。
  
 乗車定員は、このラウンジのシートと運転席・助手席を入れて8人。2家族でも楽しめるレイアウトが組まれているといえよう。
 さらにいえば、乗車定員の8人全員に行き渡る8人分の就寝スペースが用意されていることも見逃せない。

 その秘密が、下の写真 (左) で分かる 1名用の上段ベッド。
 この状態でも、小さな子供ならば、コの字ラウンジの奥の座席に座れるようになっている。
 ベッドを支えるポールには2種類あって、長いポールを使えば2名用の就寝スペースを稼ぎだすことになる (写真右) 。
 

 
 このリヤ上段ベッドのほかに、バンクベッドで2名。さらに、フロアベッドで4名。
 計8名の人間が寝られる就寝スペースを持っているのが、このディアラの特徴なのだ。
 まさに、車中泊仕様 !!
 全長4.77mというコンパクトボディで、8人就寝のキャパシティを備えているということがすごい。

 もちろん、実際に8人乗って、8人寝るというケースは少ないだけに、それだけの容量が確保されているということは、より少ない家族で使うときには一人分のスペースがそうとう広くなることを意味している。
 スペースに余裕が生まれれば、荷物を置く場所も広がる。人の移動も楽になる。
 ディアラというクルマは、「空間の贅沢さ」 を味わうクルマでもあるわけだ。
  

 
 「空間の贅沢さ」 は、装備類の配置からも生まれている。
 シンクやコンロ、冷蔵庫というキャンピングカーの機能をまっとうする主要装備が “シークレット” になっているのだ。
 つまり、それらの装備を使わないときは、すべてフタに覆われて、フラットなカウンターになってしまう。
 そのため、一般的なキャンピングカーにありがちな生活臭が一掃される。
 

 
 キャビネット類のフタを閉めれば、こぎれいな応接間。
 フタを開ければ、実用性に富んだキャンピングカー。
 ひとつのクルマが、ちょっとした仕掛けによって、まったく違った相貌を見せるところが、このディアラの奥の深さになっている。

 なお、コの字ラウンジのほかに、フロントにファスプシートを使って前向き乗車を可能にした企画も進んでいるという。
 また、顧客の希望があれば、オプションとして床下に発電機を搭載し、ウィンドウクーラーを駆動させる車種も製作できるそうだ。
  
   
王道デザインの貫禄
エルフベース 「バレンシア」

 ディアラが、衝撃のロープライスを掲げたキャブコンであるとしたら、その対極ともいえる “王道路線” を進んでいるのが、この 「バレンシア」 。
 同車は、すでにカムロード、アトラスなどのベース車で開発が進んできたが、この秋からはエルフ2トン車ベースのモデル (4WD) が追加された。
  

 ベース車としてのエルフは、耐荷重的にも安定感があり、パワーも文句ないので、キャブコンシャシーとしての信頼性は高く、それを使ったバレンシアはディアラとは別の進化系を極め、発電機やエアコンを標準装備した 「完全自立型」 モデルを貫いている。

 最近の国産キャブコンは、全長5.2mから3mに至るものも増えてきたが、このバレンシアは頑固に5m未満を堅持。日本の主要駐車場の駐車枠がいまだ5m×2mを基準に作られているところを考えると、このサイズはやはり汎用性が高い。
 そんなところにもマックレーのこだわりが感じられる。

 レイアウトは、フロントとリヤに二つのダイネットを持つ2ルーム形式。これは初代のデイブレイクから一貫してマックレーのキャブコンを象徴してきた伝統的なスタイルだ。
 
 
 
 機能的にまとまったメインダイネット (写真上) 。それをベッドメイクすると、2名就寝の取れるベッドが生まれる (写真下) 。
 

 
 下の写真 (左) は、マックレー車両によく見られるリヤダイネット。それをベッドメイクしたのが右。
 

 
 サイドソファーにも工夫がある。
 このまま使えば単座のサイドソファーとして、メインダイネットの一角を構成するが、背もたれの上に設定された天板を下ろせば、今度は面一 (ツライチ) のロングキッチンカウンターに早変わり (下写真の右)。

 ちなみに、エルフ仕様バレンシア (デュエット ファミリー) の車両本体価格は、税別10,180,000円。2.8kWリモコン操作発電機、発電機タイマーオフシステム、ルーフエアコン、電子レンジ、FFヒーター、ダブルサブバッテリー、1500wサイン波インバーター、バックアイなどの高機能装備がすべて投入されていると思えば、これはこれで (ディアラとは別の意味で) リーズナブルプライスを掲げたキャンピングカーといえるだろう。
 
 
マックレーHP → http://www.mcley.co.jp/

参考記事 「マックレー 『ディアラ・ジュニア』」 2015年8月

参考記事 「マックレー 『グリーク480』 」  2012年11月

参考記事 「バレンシア・デュエット」  2011年10月

参考記事 「ラビュラス-V700」  2011年5月
 
  

カテゴリー: campingcar   パーマリンク

マックレー 「ディアラ」&「バレンシア」 への2件のコメント

  1. Sora より:

    町田さん、こんにちは。私はマックレー車のオーナー、マックレーのクルマには愛着を持ってますので思わず読んでしまいました(笑)。以下、個人的にも少々偏向しているコメント入れさせてください。

    ディアラ、こんな新しいレイアウトのクルマ、これはむしろシングルユーザーに適しているのではないでしょうか。
    若者の結婚観は変化していますから今後、1.結婚しない人、2.してもヤメタ人、3.していても一人の時間を持ちたい人(私)、4.していたが残されて一人になった人、つまりシングル生活者は比率的に増えていくでしょう。特に選択的にシングルになった人は、自分だけの空間・時間をより充実したものにしたいと積極的に考えるのではないかと思います。

    「空間の贅沢さ」を味わうクルマ・・。いいキャッチコピーですね。現状「お一人さま」がホテル、旅館等に泊まろうとすると、(二人以上比)より割高な宿泊料金を提示されます。一人なのだから、バンで車中泊を重ねてもいいのですが、やはり選択的シングルは、むしろシングル故に、ゆったりした空間を求めたい。広い“コの字ラウンジ”は物理的にはシングルには不要ですが、心理的には旅先でも自分だけのゆったりした空間がむしろほしいもの。

    「一般的なキャンピングカーにありがちな生活臭が一掃される」クルマ。たしかに内部がお座敷、電気炬燵も常設の三畳一間の夫婦生活を具現したようなキャンピングカーが多いですね。(おお、嫌だ、嫌だ・笑)。それよりは、「こぎれいな応接間」のイメージを保った、シンプルな「コテージ風」の解放感をシングルは楽しみたいのでは。選択的シングルは、人間関係のシンプルさだけでなく、空間的なシンプルビューティをも好むのではないかと思います。

    キャンピングカー業界は、少子高齢化をにらんで二人仕様に軸足を移してきたと思いますが、さらにもっと先の一人仕様のクルマの選択も増えたらいいですね。 (と思うのは私だけでしょう・笑)。

    • 町田 より:

      >Sora さん、ようこそ
      相変わらずの素敵なコメント、ありがとうございます。

      >>「ディアラがシングルユーザーに適しているのではないか ? 」
      盲点でしたねぇ !!
      そこまでは考えなかったです。
      もちろん、マックレーの渡辺氏も 「びっくり !! 」 なのではないでしょうか。

      しかし、Sora さんのコメントの論旨をたどっていくと、それも 「あり !! 」 ですね。
      >> 「生活臭が一掃されるクルマ」
      >> 「コテージ風の開放感」
      >> 「シンプルビューティー」 etc. ……

      確かに、男の “おひとり様” のプライドを維持するには、そういう非日常的空気って、必要な気もします。
      キャンピングカーの内装は、女性の好みによって左右されるといわれる昨今ですが、それはやはり 「家庭の中のお洒落空間」 だったり、「家庭の中のくつろぎの場」 だったりというように、生活空間を洗練させていくという方向ですよね。

      だけど、男って、機能的で抽象的な空間に自己を仮託するという傾向がありますよね。戦闘機のコックピットが好きだったり、工具が並んだガレージに憩いの場を求めたり …。家庭の匂いから逸脱する方向に酔えるっていうか。

      風の爽やかさが感じられるような、さっぱりした “抜けの良い空間” というのも、心理的にはそれに近いような気もします。
      そう考えると、ディアラには、それを満たす要素がある、ということなんでしょうかね。

      面白いご指摘。
      いつもながらの 「冴え」 が感じられるコメント、ありがとうございます。
       

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">