お猫さまの時代

 
 なんだか猫ブームが来ているような気がしねぇか ?

 いや、ペットにおける猫派が増えているってわけじゃなくてさ。
 猫たちの方が、「いま猫ブームらしいぞ」 と自分たちではしゃぎ始めているようなのだ。

 我が家にもいちおう “庭” がある。
 広さからいうと、公園の池によく浮いている手こぎボートぐらいの広さなんだけど、その文字通り “猫の額” の庭を横切る猫の数が、ここ1年ぐらいの間にネズミ算的に増えているような気がするのだ。

 多い日には、数十匹。
 ブチだの、シマだの、黒だのに混じってロシアンブルーみたいな一見高貴な飼い猫風情のやつまで、のしのしと行進していく。

 やつらが横切っている時にガラス戸など開けると、今までは、泥棒猫みたいに尻尾を巻いて逃げていったのだが、最近は人間が顔を出すと振り返るのだ。

 で、「どう ? ひとつ飼ってみねぇか ? 」 とばかりに横柄な顔で、しらばくこちらの顔色をうかがっている。

 そうなった事の発端は、たまたま家に帰ってきた我が家の長男が、庭を通り過ぎていく猫に、犬用のレトルトフードをやったことがきっかけだった。

 皿にも盛られたペットフードを、猫はいちおう振り返ったが、警戒心を抱いたのかすぐには寄ってこない。
 が、ガラス戸を閉めると、猫足差し足でそお~と迫ってきて、カパッとかっ食らうとあっという間に逃げ去った。

 が、味をしめたのか、しばらく経つとまた顔を覗かせている。
 それだけなく、そのウワサがどこからか広まったらしく、いつの間にやら見慣れぬ顔の猫たちまで、庭の様子をうかがうようになった。

 中には、「おミャーでござりまする」 と猫なで声で手を摺り合わせ、笑顔を浮かべるヤツすら出てきた。

 もちろん “シマ” を意識した猫たちの紛争も激化してきたのか、夜中などは、ときどき 「おミャー見慣れぬ顔だな、どこのもんじゃい ? 」 と怒鳴り合う声も聞かれるようになった。
 
 

 考えてみると、猫は不思議な生き物だ。
 人間と猫の関係というのも微妙。
 なにかの小咄で読んだことがあるけれど、猫と犬の違いは次のようなものであるらしい。
 
  「あの人 (飼い主) は神さまに違いない。だって私にエサをくれるのだから」
  「私は神さまに違いない。だってあの人 (飼い主) は私にエサをくれるのだから」

 こういう猫の唯我独尊的なふてぶてしさは、不思議な愛嬌に通じる。

 庭を横切るいろいろな猫がいろいろな表情を浮かべるのを見ているうちに、今までは洗濯バサミを投げつけていた猫嫌いのカミさんまでもが、「あら、あなたはどこのお住まい ? 」 などと優しい言葉をかけるようになった。

 うちのバカ犬は、そんな飼い主たちの心境の変化を知らず、「この家の愛玩動物は俺だけよ」 とばかりに、相変わらず天下泰平の夢をむさぼっている。

 この危機管理能力の欠けたバカ犬。
 ある日、家のソファーで寝そべっているのが猫たちばかりになっても、俺は知らんぞ。
 
 
参考記事 「猫の表情」
 
参考記事 「猫会議」
 
 

カテゴリー: ヨタ話   パーマリンク

お猫さまの時代 への2件のコメント

  1. 小野清隆 より:

    町田さん はじめまして 猫に関してではないのですが
    独り言は 見つけて以来見ています(読んでいます)
    2006頃のクッキーのくだりが大好きで ついFBでつぶやいてしまいました。ごめんなさい。
    引用ほとんどですが。
    未だキャンカーは買えませんがそのうちに
    家は代々猫派でしたが いつの間にかワンちゃん2匹 クッキーそっくりだー
    ではまた

    • 町田 より:

      小野清隆さん、ようこそ
      こちらこそ、はじめまして。
      「我が家のクッキー」 の記事でお楽しみいただけたとしたら、光栄です。

      現在、2代目の “クッキー” なのですが、同犬種なのに、初代に比べると今の方が知能レベルは劣るようです。
      おっちょこちょいで、ドジも多く、犬らしい俊敏さに欠けます。

      でも、裏表のない性格で、とても素直で、優しい。そこが無性に可愛いく思えます。
      だから、ついつい 「このバカ」 と愛情を込めて話しかけてしまいます。

      人間は、猫からは刺激を受けますが、犬には癒やされますね。
       

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">