中国人のケンカ

 
 会社の昼休み。
 メシを食いに行こうと思って商店街を目指して歩いていたら、小さな私鉄の駅前で、何やら騒がしい一団が口角 (こうかく) 泡を飛ばして、激論していた。

 男 1人に女2人。
 男を挟んで、左右の女が眦 (まなじり) を決して、お互いを罵り合っている。
 その声のでかいこと、でかいこと !!
 そうとう遠くから中国語だと分かった。

 女2人の形相が凄まじい。
 お互いが相手を指差し、白目をむき出し、大地を踏み固めるように足を鳴らし、まるで京劇の格闘シーンのようなパフォーマンスを繰り広げている。
 
 ちょっと日本人のケンカと違う。
 「闘志」 の形が動作に出るというか。
 一種の “口論ショー” という雰囲気もなきにしもあらず。

 あまりにも珍しので、駅の時刻表を見るふりをして、しばらく観察した。
 眺めること10分。
 1人の女の方が黙りこみ、一方の女の罵倒がいっそう激しくなる。
 男は … というと、女の間にぼおっと立っているだけで、どちらの話にも加担しない。

 人間関係はよく分からない。
 一組の夫婦とその知り合いか。
 それとも、まったく別々の3人か。

 持っている荷物は、それぞれ小さなバッグを肩からかけるか小脇に抱えるかという違いなので、日本に観光旅行に来て、大きな荷物はホテルに置き、ふらりと散歩に出かけた過程で起こったケンカという感じだ。

 中国語が分からないので、何が争点なのか見当もつかないが、そこから歩いて10分ほどのターミナル駅まで歩いていくか、私鉄を使うかということで意見が分かれた … みたいな様子にも見える。
 いや、もっと深刻な対立が生まれたのかもしれないが、推測するすべもない。
 
 やがて、黙りこくっていた女の方が反撃に出た。
 つっ立っている男の方に向き直り、
 「あんたはどうなのよ」
 と、男を責め始めたのだ。

 するともう一人の女も男をにらみ、
 「そうよ。黙ってないで、この女にビシッと言ってやんなさいよ」
 という感じで、そっちの方も男に詰め寄っている。
 
 それに対して、男はだんまりを決め込んで、どちらの言い分も公平に聞いてやるという態度をとっている。
 泰然自若というか、開き直っているというか。

 「この男はダメだ」
 と、女同士は思ったのか、再び男を放って罵り合いを始めた。

 いったい言い争いはどこまでもつれるのか。
 いつまでも駅の時刻表を “眺めている” わけにも行かないので、いい加減にその場を去ったけれど、それにしても、日本人のケンカとはずいぶん違うな … と妙なことに感心した。

 淡白で気の短い日本人だったら、さっさと取っ組み合いになっていたはずだ。
 最近は女同士でも簡単に相手に手を出す。
 電車のなかで、髪の毛を引っ張り合いながらケンカを始める日本人女性もずいぶん見てきた。

 中国人たちはそれをしない。
 顔と、言葉と、ボディランゲージで相手を威嚇しながらも、どつき合いまでには至らない。
 驚嘆すべき粘り強さというか、言論に対する自信というか。

 殴り合いが始まるようなケンカの方が怒りが激しいように思われがちだが、実は違う。
 それは、口論で相手をぐったりさせる粘り強さがないだけのこと。

 彼らの口論を、私と同じように眺めている日本人もいたが、中国人たちはそれを知っても頓着しない。
 日本人なら、「恥ずかしいから場所を変えよう」 という発想になるのかもしれないが、むしろ 「私たちの言い分を聞いて、どちらが正しいのかジャッジしてよ」 という風情なのだ。
 ディベートの国なんだな … と思った。

 中国人の 「個」 の主張の激しさは日本人の及ぶところではない、という話はよく聞く。
 「彼らは、争い事が起こったら自分に非があると思っても、まず相手を責める」
 などという俗論を耳にする機会も多い。
    
 たぶん、「個」 というものの捉え方が、日本人とは違うのだ。
 彼らは、相手に対して妥協しない。
 「落とし所」 という発想を持たない。 
 そういうメンタリティーは中国人の “あつかましさ” と取られることも多いが、やっぱり伝統的な精神構造の違いから来るもののような気がする。

 尖閣諸島をめぐる反日デモなどがニュースにのぼるたびに、日本人は、中国政府と一体となった彼らの行動に恐ろしさすら感じるが、一方で 「政府というものをまったく信用しない民族」 の筆頭が中国人であるそうな。
 それだけ、彼らは 「個人」 というものを頼みとする発想が強いのだ。
 
 
 
 政治学や歴史学では、近代的な 「個人」 というのは、ヨーロッパで生まれたということが定説になっている。
 でも、もしかしたら、「個」 というものをヨーロッパ人より早く確立していたのは彼らではあるまいか。
 
 中国は、農業国家としての歴史が長い。
 農業国家というのは、大掛かりな灌漑・治水工事に政権の基盤を置くから、中央集権的な官僚機構が発達して巨大化する。
 
 そうなると、民衆の生活を優先するよりも官僚機構を維持することの方に優先順位が置かれる。
 それが、秦、漢、唐、宋、元、明、清といった歴代の中国王朝から現在の共産党政権に至るまで連綿と続いてきた中国政権の基本骨格である。人口そのものがケタ外れに多いから、いちいち “民の声” など聞いていたら、国家運営が混乱して収拾がつかなくなる。
 そのへんが、人口の少ない少国家が乱立していたヨーロッパの歴史とは違う。
 
 国に頼れない中国の民衆はどうするか。
 「個」 を強く持つしか、生きていけなくなるのだ。
 その場合の 「個」 とは、ヨーロッパ近代から生まれてきた、ルールに守られた 「個」 ではなく、ルールのない世界でも生き抜いていける 「個」 である。

 「行列を守らない」
 「自分の非を隠して、相手を責める」
 「金のためには道徳すら放棄する」
 … などなど、中国人を非難するさまざまな言説があるが、そのような属性はみな 「政府が個人を守ってくれない風土」 で育った人たちの宿命であったかもしれない。

 いやはや …… 。
 ただのケンカ見物ではあったが、一種の異文化体験であった。 
 
 
参考記事 「グローバリズムの元祖は中華帝国」

参考記事 「中国ルネッサンス」

参考記事 「中国の尖閣諸島戦略の背景」
 
 

カテゴリー: コラム&エッセイ   パーマリンク

中国人のケンカ への2件のコメント

  1. 梅本弘道 より:

    私は昭和36年頃大学で中国語を学んだ時、長く中国生活を体験された教授から中国の
    夫婦喧嘩のようすを聞いたことがあるが、今回この記事の様に、表に出て観衆がいるなか大声で口論する。見ている観衆のなかの長老の仲裁がはいるまで、という話。そんな中国人の喧嘩の様子は今も変わりないのだと思った次第です。

    • 町田 より:

      >梅本弘道さん、ようこそ
      コメントありがとうございます。
      中国人同士のケンカについて、私の場合はたまたま1回目撃したに過ぎず、それが普遍的なものかどうか自信がなかったのですが、いただいたコメントを拝読し、ある程度当たっているようで、いささか安心した次第です。

      それにしても、ケンカというのは、よく国民性が現れるものですね。
      >>「長老が仲裁するまで人前で口論を続ける」 という慣習は、ある意味でシステム化されているわけですね。だとしたら、それはそれで合理的なものなのかもしれません。

      それに比べると、すぐ取っ組み合いになりがちな日本人というのは、彼らよりも淡泊な民族なのでしょうね。
       

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">