RVパーク 「毛馬内 七滝温泉」

※ 本データは2013年8月現在のものです 
 
 
 この夏、日本RV協会が進めている 「RVパーク」 が、東北地方に一気に4件誕生した。

 いずれも、キャンピングカーユーザーに駐車スペースとお風呂を開放する 「湯YOUパーク」 が昇格したもので、「湯YOUパーク」 の機能にプラスして電源供給・ゴミ処理システムなどが加わったもの。
 「お風呂 (温泉) 」 と 「電源」 というキャンピングカーユーザーに最も喜ばれる設備を持った宿泊施設が東北地方に大量に出現したことは、このエリアが、キャンピングカー旅行の新しいメッカになることを予見しているともいえる。

 このお盆休み、その東北のRVパーク第1号 (全国としては第5号) として認定された秋田県の 「毛馬内 (けまない) 七滝温泉」 に行ってみた。 

 この温泉は、岩手との県境に近い鹿角市に位置し、東北自動車道の十和田インターから3~4km (5~10分) というアクセスに恵まれた場所にあることが特徴。
 十和田インターの北に位置する小坂インターからも7~8km程度。十和田湖、八幡平などの有名観光地も約 1時間圏内。まさに東北観光の拠点として、申し分ない場所に位置しているといえる。
 

 
 十和田インターを下りて、国道282号を小坂町方面へ向かうと、途中の右手に 「天然温泉 毛馬内 七滝温泉」 という看板が見えてくる。
 カーナビの地名検索も、「毛馬内 (けまない) 七滝温泉」 で可能。
 
 目印のひとつにコンビニの 「ローソン」 があり、道路を挟んだ反対側には、「毛馬内自動車整備工場」 があるので、その二つを確認したら、案内板に従って、国道を逸れて右の道に入る。
 小さな川を越え、橋を渡ったら三叉路のいちばん右の道を川に沿って道なりに。
 そこから 1~2分で、「毛馬内 七滝温泉」 の建物が見えてくる。
  
 
 
 自然の香りがたっぷりと漂う木造の建物を眺めていると、 “秘湯” とはいわないまでも、山の中腹に建つ “隠れ里” を訪れた気分がこみ上げる。

 建物の前が利用者の駐車場。
 その一角に、あったぁ ! ありました。
 RVパーク用のキャンピングカー専用駐車エリアが2台分。さっそく、そこにクルマを停めさせてもらって … 。


  
 「RVパーク 毛馬内 七滝温泉」
 案内板は手書き。
 この素朴な “手作り感” が、逆にオーナーの純朴で温かい人柄を反映しているようで、なんともほのぼのとした気分になる。
 車中泊500円。電源500円。温泉入浴料350円。
 いやぁ、実に安い !!
 ちなみに、ゴミ処理は指定のゴミ袋に入れるだけで無料。

 少し離れたところには、屋根付きの東屋 (休憩場所) 。
 そこには水道設備もあって、給水も可能。食器洗いなどもここでできそうだ。

 
 
 東屋の反対側には、RVパーク利用者のための夜間でも使えるトイレ。
 まさに、至れり尽くせりです。
 

 さて、さっそく建物の中に入ってみることに。
 
 
 
 ドアを開けると、視界に入るのは広々としたロビー。
 掃除の行き届いたフローリングがピカピカと光って、清潔感は満点。
 素足で上がると、床のひんやりした感触が夏の暑さを和らげてくれて、実に気持ち良い。

 玄関先には、産直の新鮮な野菜、花、りんごジュースなどの即売スペースがあり、地元農業と密接につながったローカル施設の温かみが伝わってくる。

 ロビーには軽食コーナーもあり、かけそば・かけうどん (330円) 、天ぷらそば・うどん (400円) 、山菜そば・うどん (400円) 、ざるそば (450円) などがメニューとして用意されている。
 ほかにソフトクリーム、乾き物のおつまみなども。
 おすすめはビワミンウォーター。ビタミンCもたっぷりのフルーティーな清涼飲料水で、お値段は一杯130円。
  
 休憩室も広々。
 地元の温泉利用客だろうか。気持ちよさそうに昼寝している人の姿も。
 2,000円出せば、プライバシーが確保できる個室休憩室も借りられる (写真右下) 。

 

 オーナーの齋藤駒之さんと、その奥様に、このRVパークの特徴などを簡単にうかがった。

 
 
【町田】 とにかく静かな温泉で、キャンピングカーで泊まるには実に落ち着ける場所ですね。
【齋藤】 逆にいえば、何もないので、都会の人は退屈してしまうかもしれませんね(笑)。 
【町田】 いえいえ、それが貴重だと思います。この静けさと空気のきれいさが都会の人には 「価 (あたい) 千金」 … 。
 ところで 「RVパーク」 を始められてから、お客様の反応はどうですか ?
【齋藤】 やはり問い合わせが増えています。それも2泊とか3泊といった長期滞在を希望されるお客様が多くなりましたね。
【町田】 ここを起点とした場合、周辺の観光スポットとして、どんな場所がお薦めですか ?
【齋藤】 十和田湖まで35km (45分) 、八幡平の頂上まで48km (1時間20分) 。少し走れば東北らしい観光地はたくさんあります。
 ほかに、明治38年に建設された貴重な建造物として保存されている 「小坂鉱山事務所」 なども、ここからすぐです。

 では、オーナー自慢のお風呂に入ることに。
 脱衣所も掃除が行き届いていて、実に気持ち良し。

 浴室は、広めの内湯がひとつ。露天風呂がひとつ。
 お湯はかすかに濁りのある、いかにも温泉らしいお湯。
 ちなみに泉質は、ナトリウム、カルシウムを含んだ硫黄塩泉で、動脈硬化、慢性皮膚炎、やけど、すり傷などに効くとのこと。 
 
  
 
 露天風呂からの景観がまた見事だ。
 適度に間引きされた樹木の向こうには、うっそうと広がる自然林。
 午後の光のなかで、ゆっくり周囲の景色を眺めながら、ゆったりと味わう天然温泉は、旅の疲れを癒す効果絶大。
 周りの “緑” が、お湯の中まで溶け込んでいる感じで、肌のすみずみにまで 「自然」 がしっとり染みこんで来るよう。
 
 
 
 泉温は43℃というが、体感的には40℃ぐらいの感覚で、長い時間浸かっていられるのが特徴。
 夏場は、この “ぬるめ感” が実に心地よく、時間の経つのを忘れる感じ。
 … つぅか、「時の流れが止まった」 ような錯覚すら抱く。

 とにかく、過ぎゆく東北の夏をしっかり心に留めるとても素敵なRVパークでした。
 満足度 ★★★★☆ といったところでしょうか。
 
【 インフォメーション 】

住所 : 秋田県鹿角市十和田毛馬内字前舘53-7
電話 : 0186-30-3230 (木曜定休日以外 6:00~21::00)

料金 1泊 : 500円 途中出入り可 (電気使用料 500円)
※ ただしRVパーク内で供給される電源は10アンペアしかないので、エアコンなどを使うときに心配な場合は、別に申請。延長コードを使って、別の電源から電気を引くなどの対応を考えてくれる。
チェックイン : 当日15:00 ※連絡により調整可
チェックアウト : 翌日14:00
ゴミ:指定のゴミ袋にて無料
予約 : 原則不要、事前に予約を入れればスペースを確保しておくことも可能。
台数 : 2台
入浴施設 : RVパークに併設。大人350円  
温泉利用時間 : 6:00~21:00
給水 : RVパーク近くの東屋で可能。
スーパー/コンビニ等 : 車で5分以内のところにスーパー、コンビニ、コインランドリーあり。
定休日:毎週木曜日
 
…………………………………………………………………………………
その他のRVパーク

「RVパークたまがわ」 (山口県)

「RVパークおおた」 (群馬県)
 
「RVパークやまが」(熊本県)
 
「RVパーク豊平どんぐり村」 (広島県) 
 
「RVパークひなの里かつうら」 (徳島県)
            
「RVパーク毛馬内 七滝温泉」(秋田県)

「RVパークさかた温泉」 (青森県)

「RVパークエビスヤ」 (山形県)

「RVパークアップルランド」 (青森県)
 
「RVパーク犬山ローレライ麦酒館」(愛知県)
 
「RVパークおだぎりガーデン」(栃木県)
 
「RVパーク南きよさと」(山梨県)

「RVパークこころ屋」(長野県)

「RVパークやまなみの湯」(山梨県)

「RVパークまほろぼ」(宮城県)

 
   

カテゴリー: 旅&キャンプ   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">