ベックリン 「死の島」 の真実

 
 誰でも、一度は見たことのある絵かもしれない。
 アルノルト・ベックリンの描いた 『死の島』 。

 不吉なタイトルだが、ベックリン自身が名付けた名前ではない。
 彼がフィレンツェにいた頃、若くして夫を亡くしたある婦人から、
 「夫を偲ぶときに夢想する絵が欲しい」
 という依頼を受けて描いた絵だといわれる。

 夫人は、画家の絵に満足し、その絵を 『夢想するための絵』 と呼んだ。
 しかし、絵が評判になるにしたがって、画商の間では、いつしか『死の島』といわれるようになったと伝えられている。

 ベックリンが名付けたタイトルでないにせよ、しかし、この絵に充満しているのは、まぎれもなく「死の気配」だ。
 風の動きを感じることのない、静まりきった海。
 ボートの向かう先には、墳墓を思わせる穴を穿った壁面が、いくつも顔を覗かせている。

 中央にそびえるのは、西欧では「死の象徴」とされる糸杉。
 まるで、島全体が巨大な墓石のように見える。

 その墓石に向かって進む舟の上に、すっくと立つ白装束の人間。
 舟の前方に置かれた白い箱は、まぎれもなく棺桶である。
 … とすれば、白装束の人物は死者の縁者か、死者を冥界に搬送する黄泉の国の主か。
 あるいは、死者が自ら立ち上がり、自分が眠る「永遠の床(とこ)」を眺めているのか。

 すべてが謎だらけで、この世の理屈では解き明かせない “あの世の論理” に満ちた光景が、ここには広がっている。
 
 ベックリンが生きたのは、文字通り「世紀末」といわれる19世紀の末だが、この絵には、その厭世的な世紀末気分が横溢しているばかりではなく、来たるべき20世紀のシュールレアリズムの気配すら漂う。

 暗く、陰鬱で、不気味な絵でありながら、実はかなり大衆に受けた絵でもあった。
 20世紀になると、この恐ろしい静寂に満ちた世界には「癒し」をもたらす効果があるとされ、一時は、普通の一般家庭の居間にその複製がずいぶん飾られていたという。
 有名なエピソードとしては、 “挫折した美術家” であるヒットラーがこの絵を特別に愛好し、総統時代の執務室に飾られていたという話もある。

 この絵の人気の秘密は、先ほど言ったように、頭から身体まで衣で包んだ人物が、いったい誰なのかということに尽きるように思う。

 顔が見えないので、よけい想像力がかき立てられるのだが、私にはだいたい想像がつく。

 こんなふうに衣をかぶった人物は、この世でたった 1人しかいない。
 ちょっと振り向かせてみよう。


▲ 水木しげるの 「ねずみ男」
 
 たぶんベックリンは、この人物の正体を知られたくないために、あえて後ろ向きに立たせたに違いない。
  
 
関連記事 「夢の中の島」
  
参考記事 「ナチス芸術の空虚さとメランコリー」
  
  

カテゴリー: アート   パーマリンク

ベックリン 「死の島」 の真実 への4件のコメント

  1. 松川Matsukawa英毅Eiki より:

    ここ数日、あることを考えていました。今朝、ふっとベックリンだと目覚めたのです。「死の島」を観たいとPCにて貴殿のコメントに出会いました。ありがとうございました。「亡き夫を忍ぶ・夢想する絵」が欲しいという婦人とは「羨ましい」限りです。「愛」は、心であり、友であり、欲望でもあるのに、「慕う心」がモチーフだとは知りませんでした。所見から30年~40年も過ぎ去って・・・10月18日に、町田さんのコメント読むことができました。小生は「闇という未来に向かう」ことかなとあやふやに思っていました。・・・これで知人に話ができることに感謝いたします。源氏物語「なき人を慕ふ心にまかせても影見ぬ水の瀬にやまどがむ」御礼。

    • 町田 より:

      >松川 Matsukawa 英毅 Eiki さん、ようこそ
      少しふざけた “落ち” を持つこの私の記事に対し、このような真摯なコメントをお寄せいただいたことに、まず恐縮するとともに、深く感謝いたします。

      源氏物語の 「なき人を慕ふ心に…」 という一節が最後に引用されているところから、なんとなく松川さんの秘めたる切なさの一端に触れたようにも思いました。

      ベックリンの「死の島」には、確かにこの世を超越した、人間が触れ得ぬ世界の気配が漂っています。
      しかし、この絵には、どこか鑑賞者を慰謝するような空気も漂っていますよね。
      その理由は、私のような専門外の人間にはよく分からないのですが、たぶんこの絵を領している 「絶対的な静けさ」 ゆえではないかという気もいたします。

      雑念を誘うこの世のすべての 「音」 を消し、なくしたものに対するストレートな思慕を凝縮させる静けさ。
      「慕う心」 というのは、その静けさの奥から湧いてくるもののようにも思います。
       

    • 「死の島」は「生の島」・「正の島」。国会に掲げたい。政治家の言葉が「あいまい」だから「税金が腐敗」していることに気付かない。
      意を唱えると、反旗だ、非国民だと戦中のようになってしまう。学問の国でありながら教養依存症が蔓延る。労働しないで行列する。画像・動画・ゆるキャラ・AKB48と浮かれている。「NHK・あまちゃん」を、じっと見てちょっと視点を変えて思考すれば「福島」と「アイドル」に便乗しているだけ・・・情けない「受信料」が泣いている。テレビ小説は、無名なる健気な少女の一生を主題する筈です。漫画以下、吉本喜劇模倣・・・国民の血と汗の結晶に謝意しない。法律のお金に慰謝する心を持たぬ「法の金食い散らしに」怒り、叱る時代がきているかもと思っています。戦争の時代に生きた二人の天皇の御歌に「心の故郷」を感じます。明治天皇「しきしまの 大和心の をゝしさは “ことある時ぞ” あらはれける」☆昭和天皇「降り積もる 深雪に耐えて “色変えぬ 松ぞ”雄々しき 人もかくあれ」・・・往復してごめんなさい。

      • 町田 より:

        >松川 Matsukawa 英毅 Eiki さん、ようこそ
        おっしゃっていらっしゃること、鋭いところを突いておられるようで、感服いたしました。
        確かに、今の日本の風潮は、松川さんが指摘されるように、軽佻浮薄の一途をたどっているようにも見受けられます。
        松川さんの<嘆き>の一端に触れ、それが身にしみました。
         

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">