アネックス 「ファミリーワゴン」

注目 !! キャンピングカー 2013

Family Wagon C

ファミリーワゴンC (ハイエース・ワゴンGL)
by アネックス

車中泊もキャンプもこなすファミリーワゴンC

 アネックスの主力バンコンである 「ファミリーワゴン」 シリーズの中で、もっとも汎用性の高い車が 「C」 と呼ばれるファミリーワゴンCである。
 この 「C」 は、サイズ的にも、レイアウト的にも街乗りから高速を使った長距離ドライブでも何でもこなし、普通の車中泊からキャンプ場泊まで、泊まる場所を選ばない。

   

 その秘密は、前後反転が可能なREVOシートを使ったセカンドシートにある。走行中は5人が前向きに。停車時はそれを後ろ向きにして、家族が仲良く顔を合わせられるダイニングモードに早変わり。そして就寝時は、長さ2200mm×幅最大1640mmの特大ベッドに変身する。
 2段ベッドも備えているので、上と下を合わせると、大人3名・子供3名の就寝スペースが実現する。

 乗車定員は10名なので、少年野球の試合などで会場に向かう時の送迎などにも使える。オプションで冷蔵庫やギャレーなどを加えていって、キャンピングカーに仕上げていくこともできる。

トランポから車中泊車、豪華ワゴンまで、
個性の異なる4タイプがそろったファミリーワゴン

 ファミリーワゴンは、サイズやレイアウトの違いを持つ4車種のバリエーションからなる車だが、それぞれ個性的な違いがある。
 3ナンバーの乗用車登録のままトランポ的機能をもたせたものがベーシックタイプ。基本は10人乗りのワゴンだが、仮眠するためのフラットベッドが準備されている。

 ▼ ファミリーワゴン (ベーシック)

 このベーシックタイプをベースに、REVOシートを使って前向き5名乗車と2段ベッドを実現したのがファミリーワゴンCとなるが、この2車では少し大きすぎるという人のためには、ハイエースのナローボディを使ったSか、もしくはNV200をベースにしたSS-EUROが設定されている。

 ▼ ファミリーワゴンSS-EURO

 逆に、豊かな居住性と豪華さが欲しいという人には、ハイエースのグランドキャビンをベースにしたファミリーワゴンLが用意されている。

 ▼ファミリーワゴンL

Staff Talk
アネックス
重本智之

 ファミリーワゴンシリーズは、街乗りに適したワゴンの延長線上に、旅行やキャンプユースを想定した車です。ご家族の人数や使用目的にかなうように、サイズやレイアウトに豊富な選択肢を設けました。
 どの車種を選ばれてもフルフラットベッドが作れるようになっておりますので、キャンプ場泊に限らず、車中泊を楽しむ方々にも最適な仕様になっています。
 また、ポップアップルーフを備えた車種 (写真下) も用意していますので、ご検討ください。

DATA
全長4840mm 全幅1880mm 全高2105mm 乗車10人 就寝大人3人+子供3人
3,696,000円~

株式会社アネックス
TEL:072-729-7700
http://www.annex-rv.co.jp

※ ベース車両スペック、装備品データ、価格体系、レイアウト図などの詳細は 『キャンピングカースーパーガイド2013』 (6月初旬発売) をご参照ください。

 同ガイドには、アネックスの扱い車種として、ほかにリバティNS (キャブコン) 、リコルソ (バンコン) 、ファミリーワゴンSSユーロ (バンコン) などのほか店舗案内として、キャンピングカープラザ大阪キャンピングカープラザ東京が紹介されています。

参考記事 「ファミリーワゴンSSユーロ」 (2013年記事)

参考記事 「アネックス 『NS-F』 誕生」 (2013年記事)

参考記事 「リバティNS58」 (2012年記事)
 
 

カテゴリー: campingcar   パーマリンク

アネックス 「ファミリーワゴン」 への1件のコメント

  1. 通りすがり☆彡 より:

    将来もしも好々爺のようになった時には、友人らと共に全国(ないしは世界)を旅して廻りたい。(現時点での感想)
    その時に、ふと雑誌を見て、これらの雑誌社が長らく出版を続けていたならば、きっとその心意気に心打たれることでしょう。(笑)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">