プリウス・リラックスキャビンPHV

かーいんてりあ高橋社長インタビュー

 キャンピングカーはいったい、どこまで進化していくのか。
 もちろん、それは、シャシーを供給する乗用車メーカーのベース車によって決まってしまう問題かもしれない。

 しかし、ベース車のポテンシャリティを、ベース車以上に引き出し、キャンピングカーであるがゆえに、まったく新しい 「価値」 を生み出すようなクルマというものが、ときに誕生することがある。
 「かーいんてりあ高橋」 が開発した 「プリウス・リラックスキャビン PHV (プラグイン・ハイブリッド) 」 などは、まさにそのような 1台。

 キャンピングカーは、「電源」 なくして機能しえない車両なので、これまでサブバッテリー、インバーター、ソーラーシステム、ジェネレーターなど数限りない電気供給システムをトライし続けてきたが、ここに至って、ついにクルマそのものが “電源” となるようなキャンピングカーが登場した。

 エンジンをかけなくても、止まっている状態で自動車のエアコンを効かせ、車内で涼しく過ごすなどということは朝飯前。
 電気の通っていない山奥のバンガローでも、このクルマを隣りに置けば、小屋の中の家電製品が使い放題という可能性も開けてくる。
 
 キャンピングカーの歴史を大きく塗り替えようとしているプリウス・リラックスキャビンPHV。
 それを開発した有限会社 「かーいんてりあ高橋」 の高橋宣行社長に、このクルマの秘めたとてつもないポテンシャリティについて尋ねみた。

 ▼ 「かーいんてりあ高橋」 高橋宣行社長

「プラグイン・ハイブリッド」 とは何か ?

【町田】 ハイブリッド車として人気の高いトヨタ・プリウスにキャンピング用キャビンを架装した 「プリウス・リラックスキャビン」 に続き、このたびその “第 2弾” として、PHV (プラグイン・ハイブリッド) 版が登場したわけですが、そもそも 「プラグイン・ハイブリッド車」 とは何か。
 そこらあたりから、お聞かせください。

【高橋】 「プラグイン」 という言葉は、皆様ご存知のとおり、電気機器の差し込み器具であるプラグを “イン” … つまり差し込むという意味ですね。
 で、プラグイン・ハイブリッド車というのは、そのような形で、一般家庭にある電源からプラグを接続するだけで、走行するための電気エネルギーをチャージできる自動車のことをいいます。
 普通のEV (電気自動車) と違うところは、ハイブリッド (二つ以上の機能の組み合わせ) であるために、エンジンでも走れるということなんですね。
 つまり、最初はバッテリーに蓄えられた電気の力を利用してモーターで走り、チャージされた電気がなくなると、今度はガソリンで駆動するエンジンに自動的に切り替わる。

【町田】 要は、「EV = 電気自動車」 と 「普通の自動車」 の “良いとこ取り” というわけですね。

【高橋】 そうです。だから、EVのように、電気が残っている間に充電器がある場所にたどり着かないと止まってしまうという心配がないわけです。
 日本では、まだEVの充電インフラが十分に整っていませんから、現時点では、やはり、電気とガソリンの両方で走れるPHVの方が、EVより安心できるといえるでしょう。

【町田】 プリウスPHVの場合、バッテリーに貯めた電気だけで走れる距離はどのくらいなんでしょう ?

【高橋】 トヨタの広報によると、EVだけの走行距離は26.4kmとなっています。信号待ちとか渋滞などによるロスを考慮しても、20km程度は軽く走ってしまうでしょうね。
 日本人の1日あたりの平均走行距離は、20km以内だといわれていますから、このクルマのユーザーが日常的に使っているかぎり、電気をチャージするだけで走れるんですね。つまりガソリン代が要らない。
 勤め先と自宅の距離が、往復20km圏内の人なら、夜帰ってきて、プラグを差し込んでおくだけで翌朝そのまま出ていけます。

【町田】 充電時間はどのくらいなんでしょう ?

【高橋】 自宅にPHV専用のコンセントを設け、専用の充電ケーブルを用いることが条件になっているんですが、満充電になるまで AC100Vだと約 3時間。AC200Vならば約90分。
 だから、買い物のついでや友人と “お茶” しているようなときなどに、もし近くに充電インフラがあれば、そこに接続しておくだけで、帰りはEV走行で帰ってこられる。

【町田】 つまり、このリラックスキャビンPHVを購入すると、そういう通勤・買い物などの日常使いはもとより、キャンプや旅行のようなレジャーにおいても、快適な車中泊が楽しめるというわけですね。

【高橋】 はい、そのとおりですね。これは以前にもお話ししたこと ( 「プリウス・リラックスキャビン」 ) の繰り返しとなりますが、このクルマは、ベースとなっているプリウスとサイズがほとんど変わらないので、普段の足として使うことになんら支障がありません。
 ルーフだけが高くなっていますが、それでも車高は2m05cmに抑えてありますから、普通のショッピングセンターなどにあるような立体駐車場なら、まず入っていけるはずです。

エアコン革命

【町田】 このクルマにはテーブルがあったり、ベッドがあったりと、車内でくつろぐことを前提として企画されているわけですが、室内にいるときの冷暖房 … つまり空調機能はどうなっているんでしょうか ?

【高橋】 このクルマの場合は、エアコン機能が画期的なんですよ。PHVのひとつのメリットがそこに集中しているといっていいでしょうね。
 普通の自動車の場合、たとえば夏場どこかで車中泊したときに、エアコンが使いたいとなったときは、エンジンをかけておくことしかないわけですね。
 しかし、アイドリングを長く続けることは、排気ガスや騒音も撒き散らすことになるので、エコにも反するし、マナー違反にもなる。
 そのためキャンピングカーの場合は、サブバッテリーを介してインバーターでルームエアコンを回すか、もしくは発電機を使ってエアコンを回すようになっています。
 しかし、このクルマの場合は、電源コンセントさえ差し込んでおけば、エンジンやモーターを駆動させることなく、エアコンが使えるんですね。
 なぜ、そういうことが可能になるかというと、このクルマは、エンジンエアコンのシステムが普通の自動車とまったく違うからなんですね。エンジン駆動のコンプレッサーエアコン式ではなくて、電気駆動のエアコンなんです。
 
【町田】 その場合は、電源に接続することが条件になるわけですね ?

【高橋】 いえ、特に外部電源にプラグを接続しなくても、バッテリーに十分に電気があるときは、2~3時間程度ならそのままエアコンが回ります。
 もちろん、バッテリーに蓄えた電気がなくなると、自動的にエンジンがアイドリングを開始してエアコンの駆動を助けながら電気を補充しますので何の心配も要らないんです。エンジンがかかっているときの音もすごく静かなので、ほとんど気にならないと思います。
 だから、夏場に車内でくつろぐときも、2~3時間ならそのまま涼しく過ごせるし、電源コンセントを差し込んでおけば、半永久的に涼しいと … (笑) 。
 で、バンクベッドの上の方にも冷風が通るように、ダクトと吹き出し口を設けていますから、車内のどこにいても涼しい。

【町田】 そうなると、AC電源が供給されるキャンプ場や 「RVパーク」 のような場所では、今後そのようなメリットがどんどん享受できるようになると … 。

【高橋】 そうですね。たいていのキャンプ場にはすでに電源が来ているわけですから、あとは多少のインフラ整備だけで、将来はハイブリッドキャンピングカーやEVキャンピングカーなどが、ずらりと並ぶ場所になるのじゃないですかね。
 ただ、夏場のエアコンの場合はいいのですけれど、逆にPHVは、冬場にヒーターを使うときに苦戦してしまうんです (笑) 。車内を温めるためには、必ずエンジンをかけなければならないようにできているので、宿泊中にヒーターを使用するときは、ハイブリッドのメリットが生かされないんですね。

【町田】 その場合は ?

【高橋】 そういうときこそ、キャンピングカーらしさを発揮して、FFヒーターが登場するわけですね。
 ガソリン燃焼式のFFヒーターを使えば、エンジンをかけることなく暖房できますから、騒音を撒き散らさないし、エコにもいい。
 FFヒーターの場合、一晩中動かしても、わずか0.8リットルほどの燃料しか使いませんから省エネにもなる。
 ヒーターを燃焼させるときは、多少の電力を消費しますけれど、それもプリウスの車両電源から取り出せるので、まったく問題は起こりません。

クルマ自体が “発電機” になることよって生まれる、新しい旅のスタイル

【町田】 このクルマの将来的な可能性は、どれだけ広がりそうですか ?

【高橋】 このクルマには、メーカーメイドのインバーターもオプション設定されているので、それを使えばそうとう大容量の100Vが供給できるようになるんですね。
 そうなると、クルマ本体が “巨大な発電機” になるわけですから、クルマに蓄えられた電気を使って、今度は他の電気製品を使えるようになるわけです。
 たとえば、電源のない場所でアウトドアを楽しむときにも、このクルマをそばに置いておけば、いろいろな家電製品が使えるようになります。
 電源の来ていない別荘とか、あるいは山小屋のようなところでも、このクルマに電源さえ接続すれば、小屋の中に持ち込んださまざまな家電が使える。

【町田】 電気はどのくらい持つんでしょうかね ?

【高橋】 バッテリー容量も、… まだ計算だけですけど、通常の105アンペアのバッテリー8個分ぐらいになるはずです。
 メーカーは、通常の家庭の電源の2日分はまかなえると言っていますから、そうとう余裕のある使い方が許されることになりますね。普通の家庭で 「2日」 ならば、アウトドアで使う電気などたかがしれていますから、もっと長く使えるということですね。
 
【町田】 とにかく無限の可能性を秘めた “新しいキャンピングカー” だということは分かりました。先が楽しみですね。

【高橋】 そうですね。このPHVのキャンピングカーを世の中の人がもっと認知してくれれば、使い方において、さらにさまざまなアイデアが生まれてくると思うんですよ。
 そうなると、「RVパーク」 のようなインフラの部分でも、新展開が期待できるかもしれない。
 そうなって、はじめて 「くるま旅」 も新しいステージを迎えることになるのでしょうね。
  

 かーいんてりあ高橋 HP → http://canp-inn-japan.com/  
  
 関連記事 「プリウス・リラックスキャビン」
 
 
 

カテゴリー: campingcar   パーマリンク

プリウス・リラックスキャビンPHV への2件のコメント

  1. より:

    PHVはまさに理想的な駆動アーキテクチャと思ってます。
    メーカーも車の将来の役割を、生活の一部により入り込み、さらに災害対策などライフラインの一翼としてイマジネーション広げて、キャンパーシャーシとしてのPHVせひラインナップして欲しいです。
    たとえばハイエースにPHV入ったら無敵かと!

    • 町田 より:

      >雷さん、ようこそ
      そうですね。PHVは、今後さらにシェアを広げる可能性がありそうです。
      特に、雷さんがご指摘されたように、クルマ自体が “巨大な発電機” として機能することによって、災害時のライフラインの一部を補完する可能性は非常に高くなります。
      また、その属性は、確かにキャンパーシャシーとしての機能を広げることにもなりますね。
      そこから、キャンピングカーの未来も、より広がってくるような気もします。
       

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">