きゃっと叫んでろくろ首

 
 思い出したくもない 「思い出」 というものがある。

 自分の恥部を人前にさらけ出してしまったような体験。
 そのときの情景を思い出すだけで、穴があったら入りたくなってしまうような記憶。
 
 そういうのって、あるよね。

 特に、自分がまだ若くて未熟だった時代に、背伸びして失敗したような記憶がよみがえったときが辛い。

 たとえば、間違った情報を、知ったかぶりして、誰かにとくとくと披露したときの恥ずかしい記憶。

 好きな女の子が手を振ってくれたので、有頂天になって手を振って応えたら、自分の後ろに彼女の本命の男がいた … なんていう記憶。
 
 そういう 「おのれの恥を知る」 瞬間をとらえたとき言葉が、「きゃっと叫んでろくろ首」 だ。
 概して、自分の 「うぬぼれ」 がもろくも崩れたことを思い出すときに、この言葉が似つかわしいように思う。


 
 「ろくろ首」 というのは、胴体から首が離れて、スルスルと伸びていくバケモノのこと。
 中国あたりの民間伝承にその起源があるらしいが、日本では江戸時代の怪談話などにしきりに登場してくる。
 
 昼間はたいてい普通の人間、それも若い女の姿を取ることが多い。
 しかし、夜になると、寝ている女の首がヘビのように伸びて、部屋の隅にある行灯 (あんどん) の油をそっと舐める。
 … というのが、いろいろな話に出てくる基本パターン。
 もちろん、バリエーションも多い。
 「首が伸びる」 のとは違い、胴体と分離して 「首が宙を飛ぶ」 というパターンもあるようだ。

 いずれにせよ、「きゃっと叫んでろくろ首」 という表現は、この 「ろくろ首」 に遭遇したときのような、 “見たくもない自分” を思い出してしまった状態をいう。
 正確にいえば、「ろくろ首に出遭う」 というよりも、むしろ 「自分の方がろくろ首になってしまった」 という苦い認識を言い表しているといった方が適切だろう。
 
 この言葉を有名にしたのは作家の吉行淳之介。
 彼が書いたエッセイのどれかに、この言葉があった。
 
 どの本か忘れてしまったが、この言葉だけはよく思い出す。
 自分自身がそういう心境におちいることが多いからだ。
 
 吉行淳之介自身が編み出した表現かもしれないが、もしかしたら先行者が残した言葉を吉行氏が引用したものかもしれない。(原典を当たって確認しようと思い、本棚の “吉行コーナー” に手をの伸ばしてみたけれど、どの本も、ぶ厚いホコリにまみれていたのであきらめた) 。

 それにしても、
 「きゃっと叫んでろくろ首」 。

 なんと絶妙な響きを持った言葉であろう !
 おのれの 「恥」 を突然思い出して居たたまれなくなったような時は、もうこれ以外の言葉で、その心境を表現することなどできないように思えてくる。
 
 
 参考記事 「吉行淳之介の洒脱」
   
 

カテゴリー: ヨタ話   パーマリンク

きゃっと叫んでろくろ首 への4件のコメント

  1. 月兎 より:

    町田様

    きゃっと叫んでろくろ首
    どうも、言い出しの元は、作家の牧野信一氏らしいですね。

     吉行 日常生活で相手がわかったかわからない程度のことでも、
     自分で思い出してあっと思うことがあるだろう。
     文士には特にそういうのが多くてね、古来いろんな表現を使っている。
     たとえば昔、首くくって死んだ牧野信一という作家は「きゃっと叫んでろくろ首になる」
     という表現をしている。

    アッ!と驚くタメゴロ~、て言うのがありましたよね昔。
    ”キャット叫んで” とは又比喩が違うのですが、何故か想いだしました。
    (アフローへァーのタメゴローのなり、モデルが石川晶氏でした)

    怪談話大好きです!
    御ブログ、トンネルの怪談の落ちで結構背筋が寒くなりました。
    映画リングを見て怖がりはしたのですが、、、
    でも怖いよりも、貞子がTVから出てきた後、足がもっと怖かった。
    あの足はとても妙齢なる女の足には見えませんでした!
    足首が締まっていずに寸胴の足首(ピアノ・レッグ)。
    熊と相撲を取った金太郎みたいな足。
    あんな長靴みたいな足がTVからでて来たら、もっと怖い?
    足のクローズ・アップの間中そんな事を考えて、おっかなさもぶっ飛びました。

    ろくろ首と貞子をくらべたら、ずうっとろくろ首のほうが妖艶でその分怖さも増すと思います。

    • 町田 より:

      >月兎さん、ようこそ
      「きゃっと叫んでろくろ首」 のオリジナルは、牧野信一氏の発言であったわけですか。ありがとうございます。
      私も、吉行さんのオリジナルというよりも、彼が誰かの発言を流用していたような気もしていました。
      ただ、そういうことを気に留めて話題に取り上げるというのが、いかにも吉行さんらしいですね。私はこの言葉を、吉行流の 「恥を知る心」 というようなものとして理解しています。

      最近なぜだか、自分でもこの “ろくろ首” 的な体験が多く、自分の首がいったいどこまで伸びてしまうのか、かなり不安な毎日です (笑)。

      月兎さんが 「怪談話が好き」 というのは、ちょっと意外な気もしました !
      ホラーも、E.A.ポーや小泉八雲ぐらいまでいけば高級文芸ともなりますが、どちらかというと下世話な話も多く、好みに合わないのではないか … などと一瞬思ったもので。
      失礼しました !

      私もまた 「怪談話」 が大好きで、自分で小説じみたものを書くと、たいていホラー系になってしまいます。
      自分の読書体験の原点に、E.A.ポー体験があるからでしょうね。
      『アッシャー家の崩壊』 とか、『黒猫』 などを読んで読書の面白さに目覚めたようなところがあります。

      >> 「テレビから出てきた貞子の足が怖かった」
      同感です !
      やっぱり貞子の怖さというのは、あの “足の奇妙さ” ですよね。
      髪で顔が隠れているよりも、あの 「歩くということを経験したことがないのではないか ? 」 という足の “未熟さ” のようなものが本当に怖かったです。

      ああいう足。
      実は、自分でも、深夜に人気のない町で見たことがあります。
      霧の深い夜、そういう少女が、独りで散歩していたんですね。

      興味本位で、その子に追いつき、スレ違いざまに、そぉっと横目で振り返ってみたら、顔が通常に人間の2倍くらいの長い子で …。

      「怖い ! 」 というより、なんか哀しい体験でした。
      昼間は人目を避けて、家の中でひっそりと生きている女の子ような感じで。
      まだ、ろくろ首の定型的な怖さの方が救われる感じです。
       

  2. 月兎 より:

    町田様

    ウヮッハハー!! LOL!!
    破顔Mega爆笑しました。
    特別書き下ろし ”ああいう足” 怖いですね~!

    男性諸氏は女性の後姿の何かに惹かれるかれる、或は興味を感じると、
    前面に回り、その顔立ち如何を確かめる癖(本能)があるようですね。
    それにより怪談話が出来上がるわけでして。
    そして、この確かめる所作が生物生態で云う淘汰にむすびつく。
    この行動により、より女性らしい体格と顔立ち、男性らしい体格が選ばれて現代人を作った、とPBS製作のNOVAだかNATURE、どちらか忘れましたが面白いドキュメントでした。

    怪談の恐怖感は、時代物も現代物も日本であろうと外国であろうと共通していますね。
    森瑤子氏の短編怪談集楽しみました。
    三田村 鳶魚の ”老いの杖” も結構怖かったです。
    ツルゲーネフも短編で書いていますが、これでもかー!ではなくもう少し?な。

    最近は軽い怪談が好きです。
    ”ああいう足” 楽しみました!
    次を楽しみにしていま~す!

    • 町田 より:

      >月兎さん、ようこそ
      前の返信で書いた “ああいう足” の女性というのは、実はブログでも書いたことがあるんですね。
      http://campingcar.shumilog.com/2007/06/13/%e6%80%96%e3%81%84%e8%a9%b1/
      ご指摘の通り、女性の後姿に興味を持つと、「前面に回り、その顔立ちを確かめたくなる」 という男特有のあさましい感情が湧いたことは事実です (笑)。

      森瑤子の短編怪談集のことは知りませんでした。彼女の作品はよく読んでいたのですが … 。
      でも、怪談もきっと怖いんでしょうね。
      幽霊が出てこなくても、男と女の “怖い” シチュエーションをあれだけリアルに書ける人でしたから。

      ツルゲーネフとかホフマンとか、ああいう古典的な幻想譚もいいものですね。
      日本では、初期の江戸川乱歩がとても好きです。『押絵と旅する男』 とか。
      あとは、意外と怖いのが漱石の 『夢十夜』 ですね。
      怖いだけでなく、やはり一流の文学者が書いた幻想譚らしく、美しくて、品格もあります。
      それに比べると、現代のホラー小説はグロテスクな方に偏りすぎていて、あまり楽しめません。例外は小池真理子さんの怪談短編ぐらいかな。

      月兎さんと、こんな怪談話まで付き合っていただけるとは思ってもいませんでした。これからもよろしく !
       

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">