日本のオリンピック

 やっぱり、 “オリンピックの夏” になってしまったなぁ。
 家にいるときは、ずっとテレビに釘づけだ。
 メダルの多さで、その国のスポーツの強さが分かるってもんでもないとは思うけど、やっぱ銀でも銅でも、メダルが増えていくと、単純に元気になる。

 今回のオリンピックの特徴は、今まであんまりメダルに縁のなかった種目で、日本人がメダルに関わるようになったことかもしれない。
 日本のスポーツ人口の広がりをそこに感じる。

 しかし、それにしても、日本は “団体” で関わる競技に強い。
 まず、男女のサッカーが代表的なものかもしないけれど、水泳でも、卓球でも、体操でも、フェンシングでも、バトミントンでも、個人ではメダルに届かない選手がいたとしても、団体になるとその強みを発揮する。

 日本人なんだなぁ … とあらためて思う。

 個々の弱い部分を 「組織の力」 でおぎなっていくという日本人のメンタリティーっていうのが、やっぱりあるのかな、という気がする。

 それは個人種目においても、メダルを取ったほとんどの選手が口々に語る、
 「これは、私だけの力で取ったものではなくて、コーチや応援してくれた方々がもたらしてくれたものです」
 … って言葉からも分かる。

 もし、個人主義の精神が発達した欧米流の考え方になじんだ選手だったら、
 「自分の実力が世界で認められてうれしい」
 とか言うところなんだろうと思うけれど、日本の選手は、周りの人の協力をまず念頭において発言する。

 昔から、スポーツにおいては、「日本人は個人的な体力の弱さをチーム力でカバーする」 なんてよくいわれてきたけれど、そういうことではなくて、日本人のメンタリティーというものが、他者との “絆” を意識したときに、そのモチーベーションが最大限に発揮されるということなんだろうと思う。

 そういうことを、今回のオリンピックは、もう一度日本人に思い出させてくれている気がする。
 
 

カテゴリー: コラム&エッセイ   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">