なぜサスペンスドラマは断崖絶壁で終わるのか

 
 サスペンスドラマというのは、謎解きのドラマである。
 まず殺人事件があって ( … 殺人事件のないサスペンスドラマというのは皆無に等しい)、その殺人を犯したのは誰か? という謎を解くドラマである。

 しかし、事件が解決して、謎が解けても、視聴者に残された永遠の 「謎」 がひとつある。

 それは、なぜ真犯人は 「断崖絶壁の上で自白するのか」 という謎である。

 2時間スペシャルなどと銘打ったサスペンスドラマでは、始まってから1時間40分ほど経過すると、たいてい真犯人とおぼしき人間や、それを追い詰めた刑事役の人 (船越英一郎とか渡瀬恒彦 etc.) や、犯人に殺された人間の遺族なんかが海を見下ろす断崖絶壁にぞろぞろと集まってくる。
 だから視聴者は、時計を見なくても、「あ、そろそろ終わりだな」 と分かる。

 で、刑事がやたら真犯人の周りをうろうろと歩きまわり、
 「つまり、復讐しようと思ったわけですね?」
 などと、犯人をチラッと横目で眺める。

 すると、犯人は ( … 特に女性の場合は) 、とたんに地面に座り込み、
 「私、もうあの男を許せなかったんです」
 とか叫んでワッと泣き崩れる。
 
 そこで、刑事は、もらい泣きしたように顔をしかめながら、
 「あなたの気持ちはよ~く分かる! でも殺人はいけない」
 などと説教する。

 この 「断崖絶壁の告白」 は、今やサスペンスドラマには欠かせない絶対的なテーゼになっていて、日本人の気持ちを安心させる不滅の美学になっているようだ。

 でも、いったいなぜ 「断崖絶壁」 なのか?

 この謎に、古来より多くの視聴者がチャレンジしてきた。
 それがどれだけ人を惹きつける 「謎」 であるかといえば、たとえばグーグルあたりで 「サスペンスドラマ 断崖絶壁」 という検索ワードを打ち込むと、約5万件もヒットすることからも分かる。

 その謎解きは、実に多彩な広がりを見せる。
 
 まず目につくのは、映像的なインパクトを狙ったという説。 
 断崖絶壁のダイナミック感が、視聴者に心地よいスリルを与えるという説明だ。
 断崖に吹く風。
 遠くに見える白い波頭。
 それらの動的要因が、ともすれば長くて退屈になりがちな犯人の 「自白」 にメリハリを付けるからだという解釈だ。

 次に多いのが、犯罪心理的なアプローチ。
 断崖絶壁に追い込まれると、犯人は退路を絶たれ、もう自白するしかない心境に追い込まれる。
 だから、その告白にリアリティが備わるという説。

 その説をさらに精緻化させ、ユング心理学の概念を応用する説もある。
 すなわち、「崖は死の象徴」 。さらに、その向こうに広がる海は、母体回帰を連想させる 「母の象徴」 。
 したがって、犯人が崖から海に身を投げる可能性をほのめかしながら、犯人が「生まれる前の状態にすべてを戻し、罪が許されることを期待している」 ことを暗示した表現である、という高度な解釈を披露する人もいる。

 一方、制作サイドの都合からくるものであるという、合理的な説明もある。
 ドラマをロケする場合は、ロケ地となる地元の観光協会やホテルなどとタイアップする場合が多い。その場合、観光スポットを広報する意味で、その地方の絶景ポイントを紹介する約束事が生まれてきた、というのだ。

 また、撮影現場に詳しそうな人の説明では、エンディング部分は長いセリフも多くなるので、クルマや一般人の通行の少ない断崖絶壁の方が、音声を拾うのに好都合であり、NGが少なくてすむという解釈を施す人もいる。

 どれもみな 「なるほど!」 と膝を打ちたくなるような説明になっている。

 しかしながら、この 「断崖絶壁の謎」 に、かくも多くの人たちが魅了されるという “謎” は、やはり解けない。
 制作サイドの思惑は分かったけれど、それを見ている視聴者の方は、いったいそこにどんなものを期待しているのか。

 おそらく、そのお約束事が、みんな楽しいんだろうな。
 「恐怖のパターン化」 とか、「鉄板のステレオタイプ」 とか、「判で押したようなマンネリ」 とか言いながら、もうそれ自体を楽しんでいるんだと思う。

 「普通だったら犯人に自供させるのは取調室のはずだろ?」
 とか、
 「刑事がこんなところで犯人に説教するなんてありえねぇ」
 などと、突っ込みを入れるのが楽しいのだ。

 パターン化も、積み重ねていくうちに伝統芸となる。
 たぶんこれは、もう 「桜」 とか 「富士山」 などと同じように、日本人が自分たちのアイデンティティを確認できる一つの美学的アイコンになったのだろう。
 
 

カテゴリー: ヨタ話   パーマリンク

なぜサスペンスドラマは断崖絶壁で終わるのか への4件のコメント

  1. Take より:

    僕も違う内容でドラマを(勝手に)分析したことがあります。
    それはラブドラマで主人公(もしくはお相手)がなくなるときはいたって「がん」なんです。
    今日日1/2~1/3がかかる病気でありながら相変わらず不治の病なのか、と少しうんざりしていたのですが、どうもそうではないと最近思いました。
    それは死までの時間なのかと・・・・。(時間がない中でも)ゆっくり愛を育むには脳梗塞とか心臓麻痺では時間がなさすぎるし、病院内では集中治療室に入ることが多く会話が成り立ちません。
    となると数か月から1年程度で死を迎える病の可能性はがんだけなんだな、と。そう思うと最後にきちんと総括しやすい病なのかもしれません。
    そう言ったようにドラマはやはり作りやすい環境というものがありますよね。
    殺人を犯した者が、罪の意識を持ちながらも逃げようとするときに、もし渋谷の街中だったら泣き崩れることもなく誰かを人質にとるかもしれませんし、やはり人間追い込まれると自分の身がかわいいから逃げるでしょう。そうなると逃げ道をなくす、という手法は致し方ないのかもしれませんね。
    逃げれるのに逃げ損ねたら、どんくさい犯人として失望をする、それは後味が悪いドラマなのかもしれません。散り際の美学、ラブドラマにしろサスペンスにしろあるのではないでしょうか?

    • 町田 より:

      >Take さん、ようこそ
      ドラマにおける “死別” にガンが使われる頻度が高いということに対するTake さんの省察、納得がいきました。

      なるほど!
      ガンという病の 「時間」 感覚が、ドラマの構成上合っていたというわけですね。
      そうかもしれないですね。
      「死」 を宣告され、当人も、そして周りの家族や恋人たちも、それを受け入れるための覚悟が定まっていくまでの猶予がガンにはある、ということなんでしょうか。

      そう考えると、ドラマといえども、やはり 「人間」 を描くわけですから、その 「人間性」 が現れやすいシチュエーションというものが大事になってくるんでしょうね。
      その意味で、ガンというのは、本人にとっても、それを見守る周辺の人たちにとっても、それぞれの 「人間性」 が現れやすい状況が出現するということなのかもしれません。

      サスペンスドラマの終わりに 「断崖絶壁」 が登場するというのも、そこが、犯人の人間性が浮かび上がりやすいという場所だということなんでしょうね。
       

  2. 月兎 より:

    大変興味深く面白く拝読。
    楽しみました。

    ”夏帽子頭の中に崖があり”

    車谷長吉氏により読まれた句です。
    この句をどう解釈するのかが疑問でした。
    多分彼が何か切羽詰った心理状態なのだろうと解釈してきました。
    しかしそんなに深刻なことではなしに、夏帽子をかぶっての炎天下の彼。
    あの崖の上に立てば涼風をまともに受けられるだろう、そう詠んだ句かもしれません。
    そう解釈すると、手打ち蕎麦が延びきってしまったように、この句の緊迫感が消えうせます。

    御ブログ拝読後。
    あぁ、彼がこれから書く小説のシーンで崖をどう手がけるか?
    夏帽子を被った彼の思考は崖、崖、崖なんじゃないか?と新しい解釈。
    こう解釈すると、やはり延びた蕎麦になるでしょうか?
    句詠みは確たる心理のうえで詠むと思いますが、こちら読み手はそんなことは分からない。
    でも、御ブログ拝読後にもう少し視野が広がりました。

    • 町田 より:

      >月兎さん、ようこそ
      車谷長吉氏の句、すごい表現ですねぇ !
      >> 「夏帽子頭の中に崖があり」 ですか。
      謎めいた句ながら、なにか絶壁の上から身をひるがえして虚空に飛び発ったような衝撃がありますね。

      確かに、>> 「炎天下なので、崖の上に立てば涼風を受けて涼しくなるだろう」 という合理的な解釈も成り立ちます。
      ただ、そう納得してしまうと、まさに >> 「伸びきったお蕎麦」 を前にしたような味気なさに襲われます。
      やはり、その謎めいた思考の “跳躍” をそのまま仰ぎ見る方が、この句のだいご味なのかもしれません。

      文学とは面白いもので、具体的な情景そのものが描かれていなくても、その語感の衝撃力だけで、読み手にある種の感銘を与えることがありますよね。
      理にかなっていなくても、言葉と言葉の “一見意味のない組み合わせ” が、偶然のように新しい世界をかいま見せてくれる時があるように思えます。
      歌もそのようなものかもしれません。

      高所恐怖症なので、自分は、現実上の 「崖の上」 は苦手です。
      でも、昔読んだ梶井基次郎の 『ある崖上の感情』 (…だったかな)、のような小説は好きでした。
      作者 (と思わしき) 主人公が、庶民の暮らす町を崖上から眺め、人の生き方に対する感慨に襲われるという短い小説だったように記憶していますが、なにかとてつもない哀しみと温かさが漂っていたように思います。 

      拙稿が、月兎さんが視野を広げることに、なにがしかの力添えができたとしたら光栄です。
       

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">