グローバリズムの退屈な風景

 
 グローバリズムとは、つくづく退屈なものだな、と思う。
 それは 「選択肢のない豊穣」 である。

 グローバリゼーションが浸透している社会では、次から次へと新商品や新サービスが開拓され、あっという間に、それが全域を覆う。
 しかし、いざ手にとって見ると、それらはみな基本的にはのっぺりした単一なものでしかないことが分かる。
 豊富な選択肢がありそうに見えながら、実は何を選んでも、けっきょくは同じ物、同じサービスしか手に入れることができない。

 だが、それこそが、世界マーケットに通用する商品の条件なのである。

 グローバリズムが大地を覆っていく国々では、商品やサービスのみならず、都市の景観も、人々の生活様式も均質化されていく。
 そして、多くの場合、それは 「快適さ」 と 「便利さ」 を同時にもたらす。
 われわれは、その 「快適さ」 や 「便利さ」 と引き換えに、どこの地方に行っても変わらない “退屈な風景” を手に入れる。

 この前、テレビの海外ニュースを観ていて、驚いた。
 あの 「反米」 を掲げる宗教戒律の厳しい国イランですら、その繁華街では、今 「マクドナルド」 そっくりのハンバーガーショップが建ち並び、人々はそこでコカ・コーラを飲み、ハンバーガーをむさぼってトークに花を咲かせるという。
 そして、アメリカ製のパソコンや i-pad のようなタブレット型コンピューターがどこからともなく流れ込み、その販売店は欧米のアップルストアのような景観を示しているとか。
 
 欧米文化に親近感を持つ人々は、その光景を 「自由の勝利だ」 と歓迎するだろう。
 しかし、そこから見えてくるものは、ものすごい勢いで広がっている “均一化” なのだ。

 世界中が、みな同じ風景に染められていく。
 まさに日本もそうなっている。

 別に欧米系のグローバル企業が貪欲に日本のマーケットを侵食している、 … というつもりはない。
 日本の大資本が関与して行う “街づくり” が、もう一種の “グローバル化現象” を起こしているのだ。
 
 先月のはじめ、カミさんと二人でキャンピングカーに乗ってキャンプに行った。
 帰りに、高速のインター近くに新しくできたショッピングモールを発見して、そこで食事した。
 
 中央に広大な駐車場があり、それをぐるりと取り囲むように、さまざまな店舗が並んでいた。
 イタ飯屋、中華料理屋、焼肉屋、ハンバーガーショップ、甘味処などの飲食店のほか、ドラッグストア、ホームセンター、美容院、アパレルショップ、マッサージルーム、銀行まである。
 
 店の構えがみなゆったりしているので、せせこましい雰囲気がない。
 しかも駐車場が広いので、キャンピングカーのようなクルマを持っている人間にとっては止める場所を考えなくてもすむのもありがたい。
 
 イタ飯屋に入った。
 店内は清潔で、従業員の対応はていねい。
 料理はうまくて、しかも安い。
 
 店を出てから、ホームセンターをぶらぶらし、マッサージの料金が安かったので、30分ほど肩と背中を揉んでもらった。
 
 マッサージルームを出て、喫煙所でタバコを吸いながら、思った。
 この快適さに慣れてしまうと、もうこれ以上、他の観光地を回ろうという気も失せてくるだろうな … と。
 
 しかし、それほど充足した空間なのに、その光景を観ている自分は、実はちっとも楽しくない。
 
 確かに、駐車場にクルマを止めるのも楽で、店舗はすべて清潔で、買い物にも便利で、それらを統合する景観はそこそこ小ぎれいに見える。
 
 何が不満なの?
 と、自分で自分に問う。
 答が出て来ない代わりに、その空間を覆う得体のしれない空虚感が心の底に溜まっていく。
 そして、漠然とした 「閉塞感」 がどんどんどんどん募ってくる。エリア内のいちばん奥にいる人間が、豆粒ぐらいにしか見えないという広大な敷地を有しているにもかかわらずである。
 
 つまり、そこは、すべてが揃った広大な空間のように見えるけれど、実はエリア内で自己完結した孤立空間だったのだ。
 
 当然、エリアの外には、それと異なる世界が広がっている。
 しかし、エリア内にいる限りは、それが見えない。
 エリア自体の広大さと、便利さと快適性に慣らされて、利用者にとっては、それが “世界のすべて” に思えてくる。
 
 「ああ、グローバリズムって、こんなものかもしれない」
 と、ふと思った。
 グローバリズムとは、「閉塞感」 を、 「開放感」 に見せかけるマジックのことだったのだ。
 
▼ 都市近郊に急速に広がりつつある郊外型ショッピングモール。
こぎれいで清潔だが、その景観は他の施設とほとんど変わらない。
中心を埋め尽くすのは、がらんとした空虚感だけ


 
 現在、「グローバリズム」 という言葉は、主に経済用語として理解されている。
 Wikipediaなどでは、
 「多国籍企業が、国境を越えて地球規模で経済活動を展開する行為や、自由貿易、および市場主義経済を全地球上に拡大させる思想などを指す」
 と説明しているくらいだから、一般的には、 “国家間を超えた経済運動” のことだと思われている。
 
 しかし、それは、経済運動だけを意味しない。
 そのような “地球規模の経済活動” がどんどん勢いを得ることによって、それぞれの固有の文化が侵食され、地球上のどの国にも同じような景観が広がっていくことを意味する。
 
 もっと簡単にいえば、「グローバリズム」 とは、それぞれの地域的な固有性を排除して、全国どこにおいても同じ商品・同じサービスを安定供給するシステムの総称である。
 それは必然的に 「画一性」 「均質性」 「同一性」 をもたらすが、代わりに 「快適性」 「安定性」 「清潔さ」 などを保証する。
 
 画一的にものごとを進めれば、効率は良くなる。
 企業は、その効率アップによるコスト減を武器に、さらに商品単価を下げながら、消費者に与えるサービス内容を厚くしていく。
 
 そうなると、それまでの地場産業はひとたまりもない。
 
 生活者の次元で考えると、私だって、結局は安くて、便利で、快適な方になびく。
 ドライブ中に食事どころを探すにも、駐車が難しそうで、料理がうまいかまずいか分からないような地元ドライブインを選ぶより、きれいで、広くて、名前の知っているファミレスが並ぶショッピングモールの方に足が向く。
 そして、すでに知り尽くしたサービスを受け、満足して店を出る。
 
 結局は、多くの人が、画一的であることなど気にせず、快適な方を選ぶ。
 それは、消費者として、ある意味で健全な判断だから、当然のことといえる。
 
 しかし、新しくできた郊外型大規模ショッピングモールでは、快適なサービスは得られたとしても、「地元の顔」 は見えない。
 そこには、地域の特色を伝えるような “情報” は何もなく、あるのは、全国のどこにでも手に入るその商品の快適さ、おいしさ、便利さのみ。
 つまり、大資本が用意した営業的な “コンフォート (快適) 感” だけなのだ。
 
 でも、それは虚無的なコンフォート感である。
 人が集まり、子どもやペットの声が広場にこだまし、親たちの楽しそうな笑顔が並ぶ広場も、夜になると “無人の野” になる。
 
 駐車場にはチェーンがかけられ、防犯のためのライトだけがともる広大な敷地は、 “整地された空洞” にすぎない。
 街の商店街ならば、夜になっても、店舗の奥で眠る店主の寝息が聞こえる。
 しかし、ビジネスのためだけに設計されたショッピングモールは、夜になると、巨大な廃墟となる。
 
 そういう場所で働く従業員は、基本的にパートなどの非正規雇用だろうし、そこから上がる収益は地元に落ちることもなく、親企業を潤すことだけに使われるだけだろう。
 それは、まさに、地球規模で蔓延していくグローバリゼーションの縮図である。
 
 私は、そのように広がっていくグローバリズムの風景を、索漠たる思いで眺める。
 
 私たちの眺める世界はどんどん便利で、快適で、清潔なものになっていくが、その代償として、必ず 「どこかで見たような」 「どこにもであるような」 味気ないものに染め上げられていく。
 
 このようなグローバライズは、郊外型ショッピングモールに限った話ではない。
 実は、映画やドラマやバラエティ番組のようなものにおいても、なんだか同じことが進行しているように思えて仕方がない。
 
 このところハリウッド製SF映画や、ファンタジー映画や、アクション映画が毎月のように日本でも公開され、それが 1年後ぐらいにはテレビのBS放送などで毎日のように放映される。
 少し時間がとれたときなどは、テレビの前でどれを見ようかと、迷う。
 
 しかし、どれを選択しても、内容はほとんど同じなのだ。
 パターン化された勧善懲悪のストーリーを、CG画面の映像的インパクトで補うような、反射神経だけでつくられたような映画ばかりが並んでいる。
 
 私は、それも一種のグローバリズムの反映であるかのように思う。
 民族や文化の差異を超えて、全世界を相手に興行収益をあげるためには、言葉が通じてなくても理解できるような “類型化” は避けて通れないからだ。
 
 グローバリズムとは、「選択肢のない豊穣」 である。
 いろいろなものを選べるようでありながら、選んだものは、結果的に、選ばなかったものとまったく同じ。
 つまり、選択の自由というものは、もうそこにはないのだ。
 
 そして、そのことが、現在われわれを覆っている 「閉塞感」 の一部を構成しているのではないかと思う。
 
 だが、… たぶん、やがてわれわれは、それにも慣れる。
 グローバリズムが全地球上を覆い尽くしたときに、われわれはその外に広がっていた世界を思い出す手がかりも失うからだ。
 ある意味で、「資本主義」 の運動そのものがそういうものであったし、さらにいえば、人類が “文明” というものを持ったときに始まっていたことなのかもしれない。
  
 
参考記事 「一般国道は 『都市』 なのか 『田舎』 なのか」

参考記事 「政府は必ず嘘をつく」
 
 

カテゴリー: コラム&エッセイ   パーマリンク

グローバリズムの退屈な風景 への8件のコメント

  1. 渡部竜生 より:

    一番の問題は「全てにおいて失敗を許さない風潮」なんじゃないでしょうか?人命にかかわるようなことは、もちろん失敗してもらっては困りますが…失敗を恐れるあまり、成功している(ように見える?)ものと同じものばかり、それを「グローバリズム」というカッコイイ言葉で誤魔化してしまっているのではないでしょうか。
    旅先の食事なんて「アタリ」「ハズレ」があって当たり前、全てが事前に判ってしまっては旅行する意味すらなくなってしまうと思うのです。「○○で食べたアレは本当に美味だった!」と同じくらい「◆◆で出てきたのは不味かったよなぁ」も旅の楽しみ、そんな余裕が欲しいものです。

    • 町田 より:

      >渡部竜生さん、ようこそ
      おっしゃるとおりですね。
      >> 「旅先の食事なんて 『アタリ』 『ハズレ』 があって当たり前。それも旅の楽しみ」 。
      実際そのとおりで、自分も 「アタリ」 「ハズレ」 を適度に楽しんでおります。ま、このへんはある程度旅を重ねていると、自然に 「アタリ」 「ハズレ」 を見極める嗅覚のようなものが発達してきますよね。そして、自分の “嗅覚” がいい意味で外れると、それが 「収穫」 ということなんでしょうね。

      「グローバリズム」 がカッコいい言葉かどうかは分かりませんが、… そして自分もここで使っているような用法が正しいかどうかも分かりませんが、自分が言わんとしたことを >> 「全てにおいて失敗を許さない風潮」 という一言に見事に集約された渡部さんの慧眼には恐れいりました。さすがジャーナリストですね。まったくその通りだ! と思いました。

      おっしゃるように、それが >> 「一番の問題」。
      いったい 「失敗を許さない風潮」 というものは、どこから生まれてくるのか。

      事業経営を行なっている限り、もちろん全てにおいて失敗は許されないわけですが、「失敗から何かを学ぶ」 という精神まで許されないとなると、ますます閉鎖感の強い社会が生まれてくるように思います。
      今の世の中は、この 「失敗から何かを学ぶ」 という精神が機能しないほど、硬直化しているように思わないでもありません。
      それは、いろいろな意味で余裕がなくなってきたということなんでしょうね。
      このまま行くと、渡部さんがご指摘されたとおり、 >> 「成功している (ように見える) ものと同じものばかり」 が追求されていく味気ない世の中になっていくように思います。

      キャンプ場を例に取ると分かりやすいのですが、キャンプ場というのは、基本的にマスマーケットをそれほど意識しなくても成り立つ業種なので、民営キャンプ場などはオーナーの手作り感が場内すべてに行き渡っていて、それぞれ個性的です。私はそれが面白いと思っています。
      そういう素朴な手作り感を持っている遊びの場と、一方では快適で均一的なサービスを提供できる遊び場の棲み分けが成り立っていけば理想的なんでしょうね。

      いつも考えるヒントを多数含んだ示唆的なコメントいただき、ありがとうございます。
       

      • guchi3 より:

        自分は「グローバリズム」は成功例のcopy&pastの繰り返しの結果だと考えます。
        現在「グローバリズム」と呼ばれるものでも、最初のものは感動や違和感といった感情をもって迎え入れられたと考えます。(コカコーラやマクドナルド等)
        それらが一応の成功を手に入れた後、他のものがcopy&pastを繰り返し、それらのものを均質、均等化し、輪郭のぼやけたありふれたものへと変えていった結果、「グローバリズム」と呼ばれることとなったと考えます。
        その意味では町田さんの「グローバリズムとは、つくづく退屈なものだな、と思う。」とおっしゃる意味は、理解できます。

        • 町田 より:

          >guchi 3 さん、ようこそ
          >> 「グローバリズムは成功例の copy & past である」 というご指摘は、まさに、ちょっとした “目からウロコ” でした。
          面白いですねぇ!

          確かに、最初に生まれたものには、「感動と違和感」 が伴っていたんでしょうね。
          コカ・コーラという商品をはじめて飲んだ人の感想を聞くと、「こんな薬くさいものが飲み物だなんて信じられない!」 とか言いながら、その不思議な味に魅了されたという話をよく聞きます。
          マクドナルトの1号店ができたときも、わざわざ電車に乗って買いに行きましたものね。家に帰って来るまでに冷えてしまっても、家族で 「やっぱうまいねぇ!」 と感激して食べた記憶があります。
          ただ、その copy & past が続くと、だんだん金太郎飴的に、うんざりしてしまうのでしょうね。

          「グローバリズム」 という用法を、こういう文脈で使うのが正しいのかどうか分かりませんけれど、ご理解いただいたことに関して、感謝です。
           

  2. Take より:

    知人のお子さんがウルトラマンに興味を持つ世代になりました。DVDを一緒に見ろとせがまれみました。すごいです。特撮からCGに取って代わって・・・
    でも何もインパクトがなく思えたのは、僕が年を取ったからではなく、派手でリアリティのありすぎる画像を見せられて、視覚からの情報で脳が満足してしまった感があります。
    自分の想像力が全くいらなくなった「出来上がり」の作品に不満が残りました。

    SA/PAもいずこも同じテーマです。勝ちに行くためには、近隣のSA/PAより輝かしくそして充実した施設でなくてはならない、と追いかけあった末に、自分の想像力のいらない「出来上がった」店舗となり、ああどこも一緒、と何も買わずに出てきてしまう自分がいます。

    昔ながらのラムネが売っていますが、それはもうガラス瓶ではなく栓も違う形のものです。ラムネのようでラムネもどきです。ラムネの瓶の片方だけにビー玉を引っ掛けられるくびれがあって、そこにうまくひっかけないとビー玉が戻ってきて飲めない不便さを学ぶ楽しみはもうなくなってしまいました。お客様に不便をかけさせないことは、すなわち楽しみを奪う事でもあると思うのです。
    自分がやっているゲームが思ったようにうまくいかなくなれば、かんしゃくを起こしてリセットボタンを押せば、また元に戻る安易な世界と同じもとをSA/PAにも感じます。古くなったら、また最新のデザインに変えてお客を呼ぼう、は本当に正しいのか? を感じてしまいます。

    でも、友人がTwitterでつぶやいていました。スターバックスに行ったときに、友人(お客)の手にとあるアーチストのリストバンドを見た店員さんが、「私も行きましたよ」といったのがうれしかったって・・・・
    確かに店はグローバル化して画一的になるかもしれませんが、人の心はそう簡単に画一的にはならないでしょう。些細なことで喜怒哀楽を示し、ちょっとしたことでその店を好きになる。そんなところが最後の砦なのかもしれませんね。
    長々と失礼いたしました。

    • 町田 より:

      >Take さん、ようこそ
      ちょっと前に、ウルトラマン時代の特撮展だったかを取材していたテレビを観たことがあります。怪物たちが暴れまわる街は基本的に模型なんですけど、今見ると、その “作り物っぽさ” がなんともいえない味を出していたことが分かります。
      それに比べてCGというのは、リアル過ぎて、想像力が羽ばたく余地が少ないんですよね。おっしゃる意味、すごくよく分かります。

      高速道路のSA・PAのリニューアルが最近活発で、昔に比べるとずいぶん旅が面白くなりましたけれど、新しくリニューアルされた施設がみな同じように思えて、そのうち感激もなくなってきました。贅沢なのかもしれませんね。

      でも、>> 「人の心はそう簡単に画一的にはならない」 というお言葉はうれしいですね。
      スターバックスのような、ある意味 “グローバリズムの先端” を行くようなお店もでも、働いている人は、それぞれの喜怒哀楽を持っている人間なんですものね。そういう人たちとのちょっとした心の触れ合いがあるのなら、店舗の画一性などそんなに問題でないのかもしれませんね。
       

  3. s-_-s より:

    グローバルが遊び尽くされればまた新しいサービス形態が誕生するでしょうし、
    昔ながらの商売も生き残る事でしょう。心配無用です。

    宮崎駿監督が『崖の上のポニョ』製作を追いかけたドキュメント番組で、
    アニメ製作がCG全盛時代であるにもかかわらず、手描きにこだわり続ける意味を次のように述べていました。
    曰く、日本人は下駄を履かなくなってずいぶん経つけど下駄屋さんは無くならない。
    下駄屋さんの件数自体は少なくはなるが、それでも0にはならない。

    つまり、画一化されたものだけでは人間は満足できないのです。

    娯楽・ヴァカンス・冒険の分野ではなおさらではないでしょうか。
    せっかくキャンピングカーで遠出するのにショッピングモールで無難にまとめるのは遊びに対してちょっと怠けすぎです。

    長距離トラックの後を追跡して、運ちゃん御用達の国道沿いのきったない定食屋を
    開拓するもよし。

    展望台の駐車場脇の売店で、高い立ち喰い蕎麦を注文し、
    思ったより高くて味もまあまあだったけど景色が綺麗だしまあいいかと
    自分を無理やり納得させるもよし。

    リスクを背負い込む覚悟がなければイイ遊びはできないです。

    更に言えば、そんな遊びをする人間が減っていってもそれは仕方が無いことです。

    本来、遊びはごく限られたエリートにのみ許される特権。
    遊びのエリートになる為には、経済力や社会的地位は殆ど関係無いです。
    必要なのは、遊ぶ事に対して子供の様に真剣な姿勢を持ち続ける事(これが結構大変)ただ一つです。

    • 町田 より:

      >s-_-s さん、ようこそ
      心強いご提案、ありがとうございます。
      私の気に入ったお言葉は、>> 「遊びはごく限られたエリートにのみ許される特権。遊びのエリートになるためには、経済力や社会的地位はほとんど関係ない」 。
      まさに、おっしゃるとおりです!
      結局は、その人の 「心の度量」 の問題。
      >> 「高くて味もたいした立ち喰い蕎麦を食べても、その店の展望台から見た景色の見事さで、味ですら補ってしまう」 というのが、遊びのエリートというわけですね。
      いいご指摘でした。
      そして、>> 「画一化されたものだけでは、人間は満足できない」 というお言葉に、同じ気持ちを持っていらっしゃる方がいることが分かって安堵しています。

      今回、s-_-s さんのコメントも含め、皆様心強いご意見をお持ちで、ちょっと感激しております。
      また、お立ち寄りください。
       

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">