東京キャンピングカ-ショ-2012新車速報

 

 
 この7月7日~8日の両日に東京ビックサイトで開かれた 「東京キャンピングカーショー2012」 を見学してきました。
 この時期に関東地区のビッグイベントがあまりないこともあって、来場者はけっこうな数。なかなか盛況でした。


 
 ここ数年、各地で開かれるキャンピングカーショーはどこでも入場者の増加傾向がはっきり表れていて、そのことからもキャンピングカーに対する人々の関心が高まっていることが分かりますが、やはり東京のショーは人が集まりますね。
 
 イベントコーナーでは、キャンピングカー評論家としておなじみの渡部竜生さんのトークショー (↓) が開かれ、聴講者が大勢つめかけていました。

 さて、このショーでも各ビルダーが力を入れて開発した新車が多数出展されました。
 そのうちのいくつかをご紹介しましょう。

AtoZ アルファLE

 キャンピングカー専用シャシーのビーカムを開発して、キャブコンメーカーとしての新境地を開拓したAtoZ (エートゥゼット) さんが、またしてもキャブコンの新しい可能性を形にしたのが、この 「アルファLE」 。

 なんとベース車はミニバンの日産NV200。それをボディカットして、見事なロープロファイルボディの小型キャブコンに仕上げています。
 全高は2300㎜。
 車庫事情や取り回しの良さ、そして走行安定性を確保するために、ワンボックスカーの高さに収めるというのが、エートゥさんが目指したもののひとつだったとか。

 開発の一端を担う渡邉常務さんの話では、
 「ファミリーで旅行を楽しんでいた家族が、子どもたちが独立した後に、夫婦二人で気楽に使えるキャブコンとして開発した」
 ということでした。
 バンコンにはバンコンの良さがありますが、やはり一度キャブコンに乗ってしまうと、キャブコンの使い勝手の良さを手放したくないという人が多いようです。同車は、そんな人たちのニーズをすくい取ったようなクルマです。

 「夫婦二人」 を前提としているだけあって、確かにセカンドシートは 1脚だけですが、サイドソファーが付いて、トイレ室としても使えるフリールームまで備えた本格派。

 全長は4900㎜、全幅1942㎜。
 就寝定員は2人ですが、5人乗車が可能なので、このサイズならミニバンとして使うにも大き過ぎないはず。
 スタイルにこだわるエートゥさんだけあって、なかなか流麗なフォルムを実現しています。

 なお、αアルファLEの価格は、4,179,000円 (税込) 。

 エートゥゼット HP → http://www.atozcamp.com/

 関連記事 「 エートゥゼット 『アルファ』」 
  

 参考記事 「AtoZの 『Be-cam』 」

 参考記事 「キャンピングカーのペット同伴旅行誌 『wancam』 」

 参考記事 「AtoZ 『バンビ』 」
 
 
MYSミスティック ウィンピュア・シェルラ

 ショーが幕を開ける前の午前4時に仕上がったという出来上がったばかりの鮮度を誇るのが、このミスティックさんのウィンピュア・シェルラ。
 ウィンピュアシリーズは、同社のバンコンを代表するビッグブランドになりましたが、これは現在のところ、その集大成ともいえる完成度を備えたバンコンです。

 その特徴のひとつは、頭上たっぷりのヘッドクリアランスを実現したハイファールーフ。中に入ると、その頭上ののびのびとした解放感は特筆ものです。
 リヤ側には、しっかりした個室つきのカセットトイレが標準装備。
 開発した佐藤社長にいわせると、
 「とにかくクーラーとカセットトイレを付けて、室内デザインもグレード感の高いものに仕上げたかった」
 とのこと。

 もちろんその思いはひしひしと伝わってきて、スライドドアを開けて室内を覗きこんだだけで、クオリティの高い家具や洗練されたデザインの持つ “力” のようなものが迫ってきます。

 この会社は、輸入トラックキャンパー (ピックアップキャビン) の専門店としてスタートしながら、そこにとどまらず、次々と国産トラキャンを開発。さらに軽自動車をベースにしたトラキャンなどで好評を博しています。
 そして、ミニバン系キャンパーやグレード感の高いバンコンもラインナップに加え、他社とは一味違ったこだわりを見せる総合ビルダーへの道を歩んでいるようです。
 
 なお、ウィンピュア・シェルラの価格は、5,980,000円 (税込) とのこと。
   
 MYS ミスティック HP → http://www.mystic.ne.jp/
 
 
 参考記事 「MYSミスティック 『バルテオ』 」

 参考記事 「JキャビンミニFC」

 参考記事 「これぞトラキャン!」
 
 
バンテックセールス コルドリーブス
 
 キャブコンメーカーの老舗として、ジルシリーズやコルドシリーズというビッグブランドを次々と確立してきたバンテックセールスさんが、またまた新境地を見せてくれたのが、このコルドリーブス。
 コルドシリーズも、ランディの登場以来、従来のキャブコンのスタイルを一新するような新しい方向性を目指すようになりましたが、その続編に位置するこのリーブスも、実に画期的です。

 最大の特徴は、低い位置でベッド展開できるようにした左右独立式のバンクベッド。
 ラダーを使わなくても、乗り降りが楽。
 しかも、独立式なので、就寝中のご夫婦の 1人が、夜中にトイレに立っても相手の安眠を妨げたりする心配がありません。

 開発した中島さんはこう語ります。
 「うちはスライド式の大型のバンクベッドを採用してから20年近いノウハウの蓄積があって、使い勝手も極限にまで向上させたつもりだったんです。
 しかし、最近のシニアのお客様に話をうかがうと、バンクベッドに上がるのが億劫で使っていないとおっしゃるお客様が、実はけっこう多かったんですね。そうなると、バンクベッドはただの物置の意味しかなくなる。
 そこで今回は極限までベッド位置を低くして、乗降性を追求しました。
 ベッド上の余裕が生まれた分、普通の体型の人なら、バンクベッドの上であぐらをかいて本が読めるぐらいのクリアランスを確保することができました」

 リーブスの特徴は、バンクベッドだけではありません。
 リヤエントランスから入ったところの床に、FRP製の 「土足で上がれるトレイ」 を設け、泥足でシャワールームにそのまま入れるような構造を取り入れています。
 それって、コルドランディでまず試みられた手法ですよね。
 これで、海水浴キャンプなどで、海から上がってシャワー室に飛び込むときや、スキーキャンプで、雪のついたスキー靴を脱ぐときなど、ずいぶん楽になりそうです。

 さすがバンテックセールスさん。新しい試みを次々と投入してキャブコンメーカーとしての先駆性をアピールしていますね。
 なお、コルドリーブスの価格は、5,460,000円 (税込) から。
  
 バンテックセールス HP → http://www.vantech.jp/ 
  
 
 参考記事 「バンテックセールス ジル520クルーズ」

 参考記事 「コルドランディ」

 参考記事 「バンテック欧州向けキャンピングカー画像」
 
 参考記事 「ジル480スキップ」
 
 
島田商事 OKワゴンEV

 「世界初の電気自動車軽キャンピングカー」を謳うのが、島田商事さんのOKワゴンEV。
 展示されていたのは、すでに北海道までの3500㎞を半月以上旅されたユーザーさんに収めたクルマでした。

 ベース車は三菱ミニキャブミーブ。
 電気自動車としてはかなり実績のある軽自動車ですが、それにキャンピング装備を組み込み、普通のガソリン車と変わらない仕様の軽キャンピングカーを実現しています。

 それを使って北海道を回ったユーザーさん話では、「ガソリン代がかからないというのが最大の魅力」 だったとか。
 なにしろ、三菱のディーラーにいけば、急速充電が無料。
 EVを開発している他社ディーラーにもEV用充電器が用意されていますが、そちらでは、1回の充電料として500円が必要らしく、まったくの無料というわけにはいきません。
 それでもガソリン代に比べると、圧倒的なローコストドライブが可能になるとの話でした。

 このEVキャンパー、スピードも加速もほぼ普通車なみ。走ることのストレスはほとんどないということですが、代わりに負荷をかけ過ぎると、やはり蓄電した電気の消費量も多くなり、走行距離に不安が出てきます。
 電気自動車は、特にクーラーやヒーターを過度に作動させると、走行モーター用のリチウム電池の消費が激しくなり、走行距離がガクンと落ちてしまうとか。
 そこで、ルーフに230Wのソーラーパネルを積み、FFヒーターを付けるなどして、使用する電気の節約に努めることにしたそうです。

 EVキャンパーの魅力のひとつは、その静粛性。
 窓を開けて走っても、車内に入り込んで来るのは、タイヤの走行音だけ。
 だから、小鳥のさえずりや小川のせせらぎをBGMにしたドライブが可能だとか。

 充電ポイントがまだ全国にあまり普及していないなどといった課題も残されていますが、EV車をベースにしたキャンピングカーの可能性を示した一例として、これも画期的な提案であることには変わりありません。
 
 なお、OKワゴンEVの架装費は、1,290,000円 (税込)。
  
 島田商事HP → http://www.tosuken.com/blog/corp.html
 
 
 まだまだ新しい提案を秘めたキャンピングカーが多数出展された 「東京キャンピングカーショー2012」 。
 秋の本格的なショーが各地で始まる頃になると、さらに魅力的な新型車が次々と出そろうことでしょう。そんな楽しい予感を秘めた素敵なショーでした。
 
 

カテゴリー: campingcar   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">