Born Under A Bad Sign

 
 ボーン・アンダー・ア・バッド・サイン

 日本語に訳せば 「悪い星の下に生まれて」 。

 “ほんとにツキのねぇ人生だぜぇー” ってな意味である。

 この言葉は、黒人のブルース奏者アルバート・キングが大ヒットさせた曲名としてよく知られている。

 アルバート・キングは1923年に生まれて、1992年に亡くなった人だが、この曲の最初のレコーディングは1967年頃といわれており、40代半ばという、最も脂の乗り切ったときに世に出た曲だ。

   「不運」 と 「トラブル」 だけが俺の “友だち” さ。
   10歳のときから、そんな人生を送ってきた。
   俺は文字も読めねぇし、書き方も知らねぇ。
   だから、どこへ行ってもクズ呼ばわりよ。
   ほんとに悪い星の下に生まれちまったぜ。

 歌詞は、まさにブルース!
 都市の最下層民として生きる黒人の自虐的なぼやきが、そのまま歌になっている。

 歌詞はヤケクソ的な精神に満ち満ちているが、この曲が、60年台後期の白人ロックミュージシャンたちに与えた影響は大きい。
 クリーム、ジミ・ヘンドリックス、ジョニー・ウィンターなどがカバーを手がけていて、スタンダードブルースのなかでも定番中の定番といった様相を呈している。

 実はこの曲、私が 「ブルース」 という言葉を使われたときに、最初に思い浮かんでくる曲なのだ。
 聞いていると、椅子に座っていても、肩が自然に前後に揺れ始め、膝が勝手にリズムを取り始める。
 決して、立ち上がって上下にぴょんぴょん飛び跳ねたりはしないけれど、それでも身体が “ブルースの波動” に感染して、微熱がじわじわ上がってくるのを感じる。
 脳より先に皮膚が音に反応する。
 そういう力を持った曲である。

 では、まずオリジナルのアルバート・キングの演奏から。

▼ Albert King – Born Under A Bad Sign
 

 アルバート・キングの演奏を聞いていると、スタックス・レコードと契約したばかりの頃を反映してか、非常にソウル・ミュージック的な演奏になっていることが分かる。
 特にこのテイクはホーン・セクションも入ったりして、この時代のR&Bっぽいつくりになっている。

 もっとも、『ボーン・アンダー・ア・バッド・サイン』 が有名になったのは、クリームが1968年にカバーしてからだ。
 クリームの演奏が世に出てから、本家アルバート・キングの曲も知られるようになったという。

 私が最初に聞いたのもクリーム版。
 “ブルースフリーク” だったエリック・クラプトンがいかにも好みそうな曲で、ロック的なアレンジにもかかわらず、ブルース本来のねちっこいドライブ感を大事にした曲風になっている。

 もちろん、この演奏の立役者は、ヴォーカルもとっているジャック・ブルース (下の写真では真中の人) である。
 上に下にと、大きくうねる波のような躍動感を持ったジャック・ブルースのベースラインなければ、この異様な迫力は生まれなかったに違いない。

▼ Cream – Born Under A Bad Sign

 上が、1968年に発表されたクリームのアルバム 『WHEELS OF FIRE (クリームの素晴らしき世界) 』 に収録されたときの 『ボーン・アンダー・ア・バッド・サイン』 。
 オリジナルと比べると、ベースの存在感が際立ったつくりになっている。
 テンポもややゆったりしており、その分、ベースの音が沈み込んだときの重さと深さが強調されている。

 何度聞いても好き!
 このクリーム版の 『ボーン・アンダー・ア・バッド・サイン』 は、ロックを聞き慣れた人にはコテコテのブルースに聞こえるかもしれないけれど、わたし的には、これが 「ハードロック」 なのね。
 演奏形式ではなく、「ハード」 と言う言葉を “重量感” 、“刺激性” 、“カッコよさ” などという概念で切っていくと、こいつはまぎれもなく、ハードロックだな … と思う。

 こんなに重くてネバッこいベースの響きは、そうめったに聞けるもんではない。
 まるで、ティラノザウルスが、長いシッポで砂煙を立てながら、ダンスを踊っているみたいだ。
 エモノを倒した後の、肉食恐竜の饗宴を盗み見しているような気分になる。

 ジャック・ブルースは生涯この曲が気に入っていたのか、2005年のロイヤル・アルバート・ホールで昔のメンバーを集めたときのライブにおいても、枯れた味わいの中にも凄みを利かせる演奏を繰り広げている。

▼ Cream – Born Under A Bad Sign (Royal Albert Hall 2005)

 1968年のスタジオ版よりも、さらにテンポは落とされ、その分レイドバックしたニュンアスが漂う演奏になっているが、逆にジャック・ブルースの凄み … というか、怖さみたいなものも浮かび上がってくる。
 この人、本当にこの曲が好きなんだな … と思えてくるのだが、その歌詞の内容に、なんだか彼の人生を重ね合わせたような雰囲気も伝わってくる。

 それにしても、クラプトンもジンジャー・ベイカーもずいぶんオッサンになっている。
 ジャック・ブルースも、もちろん老けた顔になっているけれど、肉食恐竜の猛々しさは失っていない感じだ。

 さて、同じ曲をジミ・ヘンドリックスがやるとどうなるか。
 かろうじて、ベースラインから 『ボーン・アンダー・ア・バッド・サイン』 であることは伝わってくるものの、ギタープレイは原曲のイメージをとどめていない。
 出だしから、もうまったくジミの思うがままのアドリブが展開する。

▼ Jimi Hendrix – Born Under A Bad Sign

 
 アルバート・キング、クリームと続けて聞いてくると、ジミヘンのところで別の曲になっていることが分かる。
 彼にとっては、原曲は単なる 「素材」 。
 ブルースの枠内にとどまっていた原曲を、もっとも遠いところまで旅立たせたのが、この演奏だ。
 こうなると、もう 「ミュージック」 というより 「アート」 だな … という感じだ。
 それにしても、どんな曲をやろうが、まぎれもなく “ジミヘンの音” になっているというところが彼の凄さかもしれない。

 日本のミュージシャンもけっこうカバーしていると思う。
 1960年台後半、日本でもブルース・ロックの愛好家がいっぱい輩出して、学園祭などでクリームのコピーをやっていたバンドは、よくこの曲もレパートリーに取り入れていた。
 YOU TUBEで拾えるものとしては、有名どころでは柳ジョージの演奏がある。

▼ 柳ジョージ- Born Under A Bad Sign

 
 演奏はオリジナルのアルバート・キングとクリームの中間ぐらいにある感じ。
 テンポはクリームのリズムに近いが、コーラス隊をバックに配したアレンジなどは、かなりアルバート・キングのR&Bっぽい仕上げに近くなっている。
 彼は、この曲を、器楽を使って演奏するよりも、「歌う」 ことの方に関心があったように思える。
 で、そのヴォーカルが、またいい!
 彼のしょっぱい歌声は、まさにこういう歌を唄うために神様から授かったように思える。

 『ボーン・アンダー・ア・バッド・サイン』 。
 まだまだいろいろなカバーがYOU TUBEにあふれているけれど、今日のところはそれぐらいに …。
 お気に入りはありましたか?
 
 
参考記事 「ブルースの魂」

参考記事 「ブルースの正体」
 
 

カテゴリー: 音楽   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">