道の駅たまがわRVパーク

 
山口県萩市の道の駅 「たまがわ」 がRVパーク 1号に認定

 一般社団法人 「日本RV協会 (JRVA) 」 は、山口県萩市にある 「道の駅 ゆとりパーク たまがわ」 を同協会の進めていた 「RVパーク構想」 の1号目として認定した。
 オープンは、この7月末 (2012年) から。
 それに先立ち、7月28日 (土) には同地でオープニングセレモニーが開催される予定。

▼ 道の駅 「たまがわ」 (同駅のHPより)

 このRVパークとは、「安心・快適なキャンピングカー泊」 のための施設として、キャンピングカーというクルマの特殊性を生かした車中泊スタイルを追求したもの。
 具体的には、道の駅の駐車場の一部にAC電源サイトを設けたり、寝泊まりしたときに発生するゴミの処理などを引き受けてもらえる専用エリアのことをいう。

 電源を利用したり、ゴミ処理を依頼する場合は料金が必要となるが、料金体系については基本料金システムを整えながらも、各施設の規模や立地条件などに応じて、それぞれローカルルールが適用されることが検討されている。

RVパークの特徴

 なお、日本RV協会による 「RVパーク」 の特徴を言い表わす説明は次のとおり。

 ① ゆったりした駐車スペースを有すること
 ② 長期間の駐車が可能なこと
 ③ 近隣に入浴施設があるか、あるいはシャワー設備を備えること
 ④ ゴミの処理が可能なこと
 ⑤ トイレなどの設備を有すること
 ⑥ キャンピングカー等が使用できる電源コンセントが設置されていること
 ⑦ 入退場の時間制限がないか、制限がゆるやかであること
 
 ほかに炊事・洗い物用の水場の設置なども検討されているが、現在のところまでの大まかな要件としては、以上のようなものが挙がっている。
 これらの要件に関しては、項目ごとに具体的な目安が定められてはいるものの、RV協会では、各地が進めるRVパーク構想に応じて、弾力的に運用していく方針だという。

 同協会によると、この 「RVパーク構想」 を進めてきた動機には、次のような目的があるという。

 ① キャンピングカーユーザーに 「安心・快適なキャンピングカー泊」 が可能となる場所を広げていくことによって、キャンピングカー旅行を実りある豊かなものにする。
 ② シニアユーザーが長期旅行を楽しむ傾向を強めてきているので、ユーザーがその地に留まりやすい宿泊施設を設けることによって、地域の町おこし・村おこしの 「軸」 をつくる。
 ③ 堂々と 「宿泊のためのスペース」 と銘打つことで、他の利用者とのトラブルを避けることができる。

 この ③ は、現在、道の駅や高速道路のSA・PAで車中泊する人々のマナー問題が顕在化しているこへの対策として考えられたものだという。
 すなわち、これらの場所は、「ドライブの途中で休憩するための駐車場」 であるにもかかわらず、キャンプ場のつもりでテントを張ったり、他の駐車スペースにまで椅子・テーブルを持ち出してくつろぐような一般利用者もおり、他の利用者や管理人たちも頭を悩ませていた。
 したがって、エリア内の一部を 「公認の宿泊スペース」 として認めることは、これらのトラブルを未然に防ぐことにつながるとも。

RVパークの将来的展望

 現在、「RVパーク」 として認定・推奨が検討されている場所は、萩市の 「ゆとりパークたまがわ」 以外にも4~5個所あるというが、それらの場所は、基本的には「道の駅」 の駐車場か、もしくは用途が確定されていない市町村ないし個人の土地。

 RV協会としては、それ以外にも、すでにインフラが整備されている全国のキャンプ場などが 「RVパーク」 として名乗りを上げてくれることに期待している。
 また、現在同協会が進めている 「ホテル・旅館の温泉を利用してその駐車場でキャンピングカー泊する湯YOUパーク」 との連携強化も検討されている。

 このような 「RVパーク」 として認定された場所に対しては、同協会では、ホームページや管理ユーザーに発送している会報誌、各販売店に置くチラシ、キャンピングカーショー会場でのポスター展示等、あらゆる機会を利用して積極的に広報していくという。もちろん、各キャンピングカー専門誌にも働きかけ、ことあるごとに記事として取り上げてもらうよう要請していくとも。
 
 なお、RVパーク 1号として認定された 「道の駅 ゆとりパーク たまがわ」 の所在地は下記の通り。

 山口県萩市下田万2849-1

 施設内に温泉とキャンプ場があり、近くには明治維新にちなんだ史跡なども豊富。海まで徒歩10分なので、夏は海水浴も楽しめる。
 ここを起点に、人気のある萩、津和野の観光に繰り出す人も多い。

▼ 施設内の「田万川温泉」 (同駅HPより)

  
 
 関連記事 「RVパークたまがわ完全レポート」
 
 なお、日本RV協会HPによる「RVパーク」第1号の概要は下記の通り
  http://www.jrva.com/jrvanews/2012/120712.html

 道の駅 ゆとりパーク たまがわ HP ↓
 http://www5.ocn.ne.jp/~eki-tama/
 
 

カテゴリー: news   パーマリンク

道の駅たまがわRVパーク への2件のコメント

  1. 長野県に住んでいる満木と申します。 より:

    三年前からキャンパーをしています。今年は還暦になり本格的にでかけようとおもっています。RVパークがテレビ放映され始めて知りました、道の駅では、肩身の狭い思いしていましたが、ここの場所なら堂々と車中泊できます、ありがとうございます。キャンパー仲間にも  紹介しておきます。

  2. 町田 より:

    >満木さん、ようこそ
    はじめまして。
    日本RV協会さんが進めていらっしゃる 「RVパーク」 構想とはどんなものか?
    協会さんの周辺にいらっしゃる人は当然よくご存知でしょうが、まだまだ一般的には十分に浸透していないようにも感じていました。

    しかし、今回NHKの全国放送で紹介されたことで、キャンピングカーに関心を持つ人、および購入されて間もない方々にも「RVパーク」の概要がよく伝わったのではないかと思っております。
     
    RVパークは有料ながら、その分、電源/ゴミ処理などのサービスが受けられるだけでなく、何よりもユーザーが “肩身の狭い” 思いをせずに泊まれるところがありがたいですね。
     

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">