キャンピングカーのペット同伴旅行誌 『wancam』

 
 愛犬家にとって、ペットと一緒に旅行するのはたいへんなテーマ。
 電車やバスなどを使うには、かなり制限を受けるし、マイカーを使っても、ペットの休息や散歩、食事、排泄に対応するための手間は、飼い主にそうとうな負担を強いる。

 最大の問題は、宿泊。
 「ペット同伴OK」 を謳うホテルやペンションが増えてきているとはいえ、利用予定日のかなり前から予約が必要だったり、予約がとれても、ペットを飼い主から離して、ケージの並んだ別棟に隔離してしまうような施設もある。

 そのような旅に不満を感じていたぺット愛好者に、最近にわかに注目されてきたのがキャンピングカー。
 キャンピングカー旅行なら、 ペット同伴ホテルに予約を入れる必要もなく、しかも、ペットと一緒に夜も過ごせるため、犬にとっても飼い主にとっても快適な旅行が楽しめる。

 実際に 「ペット旅行を真剣に考えるようになったことがキャンピングカー購入のきっかけとなった」 と語るユーザーは多い。

▼ キャンピングカーを使ったペット旅行
 

 では、キャンピングカーを使ったペット同伴旅行とは、どのようなものなのだろうか?
 キャンピングカーに関心を持たなかった人からすれば、その便利さは分かったとしても、若干の不安も残るだろう。

 そのような疑問に答えてくれる格好の情報誌が、埼玉県に本社を持つキャンピングカービルダーのエートゥーゼット (AtoZ) から発行された。

 冊子タイトルは 『wan cam (ワンキャン) 』 。
 「ワンコとの旅が10倍楽しくなる方法」 という副題が添えられている。

▼ 『wan cam』 (上巻)

 B5サイズの小冊子で、上巻と下巻に分かれ、ページ数はそれぞれ24ページ。
 エートゥゼット社が出展する全国のキャンピングカーショー会場のエートゥゼットブースでも配られているが、希望者には、本社からの郵送も受けつけている。
 基本的には誰でも気楽に手に取れる無料のフリーペーパーだが、原則として 「キャンピングカーに関心を持つペット愛好家」 を対象に配布されることになっている。

▼ 掲載されているユーザーの声の一例

 この 『wan cam』 の特徴は、なんといっても、実際にペット旅行を楽しんでいる約40人のユーザーの “体験談” で構成されているところにある。
 編集者の口当たりのいい文章でまとめられたものではなく、キャンピングカー利用者たちが正直に語ったナマの声が集められているところに、この冊子の価値があるといえよう。

 つまり、ユーザーたちが選んだキャンピングカーの気に入ったポイントがしっかり書き込まれている反面、製作したビルダーに対して、さらに使い勝手を向上させるための要望などもはっきりと述べられている。そこが、キャンピングカーがはじめてという人には勉強になるだろう。

▼ ユーザーたちから寄せられたアンケートと写真

 
▼ ところどころに、ユーザーから寄せられた美しい旅行写真も

 上下巻とも、ユーザーの体験レポートが中心となることには変わりないが、上巻は、各レポートの間に、「ペット旅行のコツ」 を伝授する “豆知識” がコラム形式で挿入される。

 たとえば、
 ・ 愛犬のクルマ酔いを防ぐ方法
 ・ 抜け毛がクルマのシートに付いてしまったら?
 ・ 車内での留守番を楽しみにさせる術
 ・ クルマの窓についた犬の鼻水を掃除する方法 … などなど。
 どれも些細なことながら、犬と一緒の旅行を経験した人なら、気になることばかり。

▼ 体験レポートの間には役に立つコラムも満載

 下巻の方は、ペット旅行の際に用意しておくと役に立つさまざまな “便利グッズ” が紹介されている。

 ・ クルマが揺れても水が溢れないお皿 (ペットウォーターディッシュ) 。
 ・ リードをかけるフックがないところでも、犬をつないでおける吸盤式ペット係留装置 (スーパードッグパーキング) 。
 ・ 折りたたみ式の簡易ドッグラン (どこでもドッグラン)
 … など。
 どれも、ユーザーたちが実際に使って選び抜いたものだけに、情報としての信頼度が高い。

▼ 『wan cam』 (下巻)

 ほかに、ドッグランや愛犬用トイレなどを備えた高速道路のSA・PA情報があるかと思えば、「犬の起源」 を論じた、ちょっとアカデミックなコラムもページの片隅を彩っている。

 さらに、犬と人間の交流を描いた笑えるコラムや、胸がジンと熱くなるような泣けるエッセイも満載。(読み物は私も書かせてもらっています)。

 ペット同伴旅行に関心のある方は、ぜひご一読を。
 問い合わせは 下記に。

http://www.atozcamp.com/wancam.html

参考記事 「AtoZの 『Be-cam (びぃーかむ) 』」
 
 

カテゴリー: news, コラム&エッセイ   パーマリンク

キャンピングカーのペット同伴旅行誌 『wancam』 への2件のコメント

  1. ムーンライト より:

    ペットを家族として暮らしている方にとってこれは有益な情報ですね。
    我が家にペットはいませんが、
    昨年、セラピードックを連れての講演を実現するためにいろいろ調べて、
    ペット連れの移動や宿泊が本当に大変だと知りました。
    キャンピングカー、いいですよね~。

    国際セラピードック協会の大木トオル代表が被災犬保護センターを作るそうです。
    そして、その犬をセラピードックに育成し、被災地の方々に笑顔をと。

    大木代表のトークが6月30日(土)19時30分から ジュンク堂書店池袋本店であるそうです。
    http://itda.exblog.jp/15987878/
    ご都合がつけば是非。

    そういえば、『キャンピングカースーパーガイド』発売の時期じゃありませんか?
    近頃、入院中の母の件で忙しく、書店にも行っていませんが、もう販売していますか?

    • 町田 より:

      >ムーンライトさん、ようこそ
      素敵な情報ありがとうございました。

      大木トオルさんが、「被災犬保護センター」 をつくる。
      さすが、大木さんならではの心配りと行動力ですね。
      6月30日ですか。
      時間の都合がつけば、ぜひ覗かせてもらおうと思います。

      『キャンピングカースーパーガイド』 は、5月20日から発売されております。
      もし、書店に寄られるついでがありましたら、手にとってみてください。
       

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">