月別アーカイブ: 6月 2012

Born Under A Bad Sign

   ボーン・アンダー・ア・バッド・サイン  日本語に訳せば 「悪い星の下に生まれて」 。  “ほんとにツキのねぇ人生だぜぇー” ってな意味である。  この言葉は、黒人のブルース奏者アルバート・キングが大ヒットさせた曲名 … 続きを読む

カテゴリー: 音楽 | コメントをどうぞ

アイドルはジュディ・オング

   「女性アイドルで、最初に好きになったのは誰?」  と尋ねて、答えが返ってくるのは、最もさかのぼっても、男は50代ぐらいからかな。  それ以上の世代になると、この質問自体が届かなくなりそうな気配がある。  「アイドル … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ, ヨタ話 | 4件のコメント

オウムのチープな教義を笑えるか?

   長年指名手配となっていたオウム真理教の逃亡者たちが次々と捕まることによって、ここしばらくオウム真理教にまつわる過去のエピソードを紹介するような報道が続いた。    その流れを汲んでか、彼らの教義そのものに触れる知識 … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | コメントをどうぞ

逆もまた真なり?

    逆もまた真なり。  … という言葉があるけれど、ことわざの場合は、必ずしもそうとは言い切れないようだ。たいてい 「なんか変…」 という感触が残ってしまう。    たとえば、   「負けるが勝ち」  … とかいうけ … 続きを読む

カテゴリー: ヨタ話 | 6件のコメント

きっと、ここが帰る場所

   『きっと、ここが帰る場所』  2012年夏 (6月30日) に公開される映画だ。  主演するショーン・ペンの存在感がすごいと、すでに評判になっている。 ▼ 映画のスチール  とても観たい映画だし、観たら、またなにが … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | コメントをどうぞ

絵画展に行く

   学生時代から気の合う遊び友だちだった後輩から、  「油絵の展覧会に絵を出品しているから、よろしければお越しを」  と、招待状をもらいました。  「ほぉ、絵なんか描く人間だったかいな」  とにかく、遊び心の豊かな男だ … 続きを読む

カテゴリー: アート, ヨタ話 | コメントをどうぞ

またまたラジオに出ます

   またまたラジオに出ることになりました。  FM横浜の 『ドライバーズ・ミーティング』 。  「クルマを愛する有名人をゲストに招くドライバーズ・エンターティメント」  … というのですが、過去の出演者を聞いてびっくり … 続きを読む

カテゴリー: news, ヨタ話 | 2件のコメント

道の駅たまがわRVパーク

  《 山口県萩市の道の駅 「たまがわ」 がRVパーク 1号に認定 》  一般社団法人 「日本RV協会 (JRVA) 」 は、山口県萩市にある 「道の駅 ゆとりパーク たまがわ」 を同協会の進めていた 「RVパーク構想」 … 続きを読む

カテゴリー: news | 2件のコメント

やさぐれの歌 2曲

 「パクリ」 っていう言葉には、どこか侮蔑的な響きがある。  「盗作」 という言葉よりも、さらに “品性の下劣さ” みたいなニュアンスを込めた表現になっている。  だけど、自分の場合は、好きな音楽があれば、それをパクった … 続きを読む

カテゴリー: 音楽 | 2件のコメント

キャッチボールという文化

   子供たちが、広場でキャッチボールをしているという風景をあまり見なくなった。  首都圏の住宅街には 「広場」 というものがなくなってきたせいかもしれない。  きれいに植林されたチマチマした小公園はたくさんできたものの … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ, 映画&本 | 2件のコメント