アネックス 「リバティNS58」

  
 2月10日より幕張メッセで開催される 「ジャパン・キャンピングカーショー2012」 に出展するための各社の新車開発が、いよいよ最終段階を迎える時期となりましたが、アネックスさんより、今回のショーの目玉の一つといえる超ド級新型キャブコン 「リバティNS58」 の最新画像とデータが送られてきましたので、ここにご紹介します。

 またまたやってくれました!
 エディの時代から同社が磨きをかけてきたボディカット技術をフルに駆使した上級キャブコン。
 ベース車は、ハイエースのスーパーロング。 


 
 写真を見てわかるとおり、バンクベッド部分を廃したスタイリッシュなロープロファイルボディが印象的です。
 ちょっと、ヨーロッパのテリインテグレートモデルの雰囲気ですね。ボンネット、グリル、フロントスポイラーなどをお洒落に成形したユーロマスク (オプション) も装着されているせいで、パッと見では、日本車とは気づかないくらい練りこまれたエクステリアを実現しています。


 
 このロープロファイルスタイル (全高2650㎜!) のおかげで、横風にも強い走行安定性を確保。もちろん燃費性能も向上。
 就寝定員は、大人2 +1名と少ないのですが、そこはそれ。夫婦二人がゆったりとした長距離旅行を楽しむクルマですから、「贅沢感」 と 「快適さ」 の方が優先されています。

 で、狙いは何か。
 
 ずばり、これは 「MOTORHOME for JAPAN」 。
 つまり、欧州モーターホームの性能とテイストを持ちながら、日本での使用環境に適した仕様を追求する日本型モーターホームというわけですね。
 
 ヨーロッパ車は、全長こそアメ車よりも短いものが多いのですが、やはり横幅が日本のキャブコンよりは多少広い。それを日本の道路事情に合わせ、全幅2130㎜に絞っているのが特徴です。
 全長は、5850㎜。取り回しの良さと居住性の豊かさを、ちょうど良いところでバランスさせた理想の長さです。
 
 もちろん、ベース車がトヨタですから、信頼性も耐久性も保証済み。不意のトラブルに巻き込まれても、ベース車のパーツ補給にまったく問題ないところがありがたいところです。
 
 このような見事に “ヨーロッパしちゃった” 国産キャブコンが登場してくると、これは輸入車ディーラーもうかうかしてはいられなくなってくるかもしれません。

 さて、室内に入ってみましょう。

 う~ん!
 同社が 「ネビュラ」 などで先鋭的に追求してきたモダンリビングの完成形が訴求されています。
 白と黒のコントラストを強調してきた 「リバティ」 シリーズの中では、明るい中間色を生かしたナチュラルな仕上がりが特徴。落ち着いたインテリアカラーなので、きっと飽きが来ることがないでしょう。
 

 ランプ類は、マリングレードのLEDランプを採用 (TOURINGとCAMPERのみ) 。調光機能により、落ち着きのある空間を演出しています。

 ベッドには、ドイツ製ウッドスプリングを採用。中央部は、硬さ調節機能付きになっています。
 サイズは、家庭用ダブルベッドと全く同じ (1400×2000㎜) ですので、市販の寝具がそのまま使えるということです。


 
 キッチンは、76リットルの大型冷蔵庫と二つの引き出し収納で構成されています。ステンレスシンクを機能的に組み合わせているので、使い勝手もさることながら、見た目もすっきり。電子レンジ (TOURINGとCAMPERのみ) もベッド下にセットされているので、まず調理機能は万全です。

 セカンドシートは、前後反転可能なREVOシート採用。2012年 7月からは、3点式シートベルトも装備される予定なので、小さな子供と一緒に出かける際にも安心ですね。
 
 エントランスドアは、スタイリッシュなユーロタイプ。網戸も装備されています。
 このあたり、… アネックスさんの場合は以前からそうですが、ドアへのこだわりがうかがえます。

 ほかに、大型ミラーやカウンター、そして収納ラックに加えてランドリーボックスまで装備したフリールームも特徴のひとつ。ヒーターによる乾燥室機能付きです。

 お値段は、6,972,000円 (2WD AT GL パッケージ) から。
 
 幕張のキャンピングカーショーが待ち遠しくなるような 1台です。

 
 アネックスホームページ (↓) 
 http://www.annex-rv.co.jp/
 
  
 関連記事 「リバティNS58 (by ANNEX)」
 
 参考記事 「ANNEX スタイル」

カテゴリー: campingcar   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">