月別アーカイブ: 12月 2011

 今年の漢字は 「絆」 。  いい言葉だと思うよ。  そらぞらしいという人もいるけれど、いい言葉だ。  だけど、絆というのは、探し求めて見つかるようなものでもないし、社会に向かって声高に宣言するようなものでもない。  ふ … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | 6件のコメント

絶望の国の幸福な若者たち

   最近注目されている本の一つに、26歳の社会学者が書いた 『絶望の国の幸福な若者たち』 という本があるらしい。    で、実際、今朝、通勤駅構内の書店を通りすがりに見たら、新刊書コーナーの一番上の棚を右から左まで、ず … 続きを読む

カテゴリー: 映画&本 | 2件のコメント

枯葉の池でボートを漕ぐ

   トラッドロック夜話10  枯葉が敷きつめられた池の上で、ボートを漕ぐ。  茶色と黄色の色に染まった池。  樹木の葉が落ち始める頃になると、岸に近いところは、その枯葉に埋め尽くされて水が見えない。  オールが跳ね上が … 続きを読む

カテゴリー: 創作, 音楽 | 1件のコメント

ジョン・レノン 『イマジン』 の予言

 1971年。  ジョン・レノンは、『イマジン』 において、  「この世には国家などないのだ。そう想像してごらん」  と歌った。  「天国も地獄もなく、宗教もない。世界はひとつ」  その歌から40年。  地球は、今、この … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ, 音楽 | コメントをどうぞ

映画 『山本五十六』

   映画 『山本五十六』 を観てきた。  カミさんの好みでいえば 『ミッション・インポッシブル/ゴースト・プロトコル』 みたいな、見終わってスカッとする映画の方が良かったんだろうけれど、そっちの方は若者で混んでいるだろ … 続きを読む

カテゴリー: 映画&本 | コメントをどうぞ

地球は小さくなった

   もうじき終わっちゃうなぁ … 今年。  毎年、年の瀬が押し迫ると、「時間の短さ」 をいつも感じる。  あっという間に過ぎてしまったこの 1年。   そう感じるのは、自分が年をとってしまったということもあるかしれない … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | コメントをどうぞ

CRY ME A RIVER

   狭い階段を降りると、素っ気ない木の扉。  扉の上には、古めかしいネオン管のイルミネーション。  『 RUMI 』  この季節、扉の前に立っただけで、その奥から歌声や喧騒が響いてきたというのに、今日はやけに静まり返っ … 続きを読む

カテゴリー: 創作 | 4件のコメント

天然クリスマス・ツリー

   スーパーで買った生野菜サラダのパックを開け、途中で仕入れたフライドチキンの包を切って、皿に盛る。    妻が、冷蔵庫から取り出したのは、「森の恵み」というブランド名がついた地元産のハム。  それをぶ厚く切って、セラ … 続きを読む

カテゴリー: 創作 | コメントをどうぞ

「絶望世代」 って何?

   2010年から2011年にかけて 『週刊朝日』 に連載されていた、おちまさと氏 (1965年生まれ) の 『逆転満塁サラリーマン』 という連載は面白かった。  新しい発想というものが、案外ベーシックな基礎学習に支え … 続きを読む

カテゴリー: 映画&本 | 2件のコメント

初恋は短く、ビートルズは永遠

トラッドロック夜話 9  初恋は、ビートルズとともにあった。  報われることのない恋を、 「片思い」 というが、そんなもんじゃなかった。  片思い肥大症。    「好きです」  という気配すら悟られないように、廊下を歩く … 続きを読む

カテゴリー: 音楽 | 2件のコメント