お昼に歩く小道

 
 さぁて、今日は、僕が会社から昼ご飯を食べに行くときのコースを紹介します (^-^)/。
 
 
 
 まずは、古くからある商店街を、スタスタと歩きます (▲) 。
 「古く…」 って、いったいいつ頃からあるのかって?
 
 “弥次さん喜多さん” の時代からですよ!
 
 この通りは、別名 「東海道」 。
 江戸時代、この場所は、江戸から離れて西へ向かうときの最初の宿場町でした。
 だから、いまだにこんな宿が …… (▼) 。
 
 
 
 で、この宿。
 ときどき、泊まっている外人観光客が、店の前に椅子を出して、ひなたぼっこをしています。
 最近は、こういう昔風の和風木賃宿が、チープな旅行を楽しむ外国人にウケています。
 
 古い町並みなんだけど、最近は、ちらほらと若者の “手作り風” のお店が増えました。
 これは 「クロモンカフェ」 (▼) というお店。まだ、入ったことがないんだけど…。
 ネコのイラストがいいよね。 (^-^)/
 ちょっとピカソのデッサンみたいで。
 
  

 これは床屋さん (▼) です。
 「ミッキー」 だよ!
 ディズニーランドのミッキーの親戚かな ……。
 少し顔が違うような気もするので。


 
 ちょいと、横道に入ります。
 とたんに迷路のような路地裏に迷い込みます。
 
 
 
 なんだか、「昭和の中頃」 で時間が止まってしまったような街。
 ほら、道の真ん中に、井戸があります! (▼) 。
 この井戸、現役なんですよ。
 
  
 
 さぁて、僕がいつもご飯を食べる公園につきました。
 このベンチ (▼) が、僕の “指定席” です。
 夏の昼頃は、この公園にあるベンチの中では、ここだけが日陰なので、たいていここに座ります。
 
 
 
 今日のご飯は ……
 これです! 
 
 
 
 “今日は” は290円の 「のり弁」 です。 “今日も” かな … (^^;)
 
 でも、味といい、コストパフォーマンスといい、最高です! o(^▽^)o
 本当は、これのワンランク上に当たる 「特のりタル弁当」 (390円) がいいんだけど、あれは白身フライにかけるタルタルソースの袋が、公園のベンチで食べるときに、ちょっとめんどい。
 袋を切ったとき、手に脂がつくとか、ズボンに垂らしそうだとかで …… 。おいしいんだけどね (^_^;)
 だから、公園のベンチで食べるときは、ウスターソースの袋だけがついている普通の 「のり弁」 の方が楽です。
 
 で、僕がお弁当を食べていると、いつも鳩のチーボー (▼) がやってきます。
 本当は、なんていう名前が付いているのか知らないんですが、とりあえず、僕はチーボーと呼んでいます。
 
 
 
 で、食べ終わったら、ゆっくり木を見上げます (▼) 。
 雲がきれいなときは、その後ずっと雲を眺めます。
 
 
 
 少し時間が余りそうなときは、コーヒーでも。
 
 東海道をズレて、ちょっと脇に入ると、ほら、 “緑に囲まれた” 魔法のカフェが。
 「Lo Copi」 というのかしら。


 
 階段を上がると、小粋なテラス (▼) 。
 
 
 
 ちょっとした、 “大人の隠れ家” でんな。
 お店としては、別に 「隠れている」 つもりはないんでしょうけど、メインストリートからちょこっと脇に入るので、結果的に 「隠れ家」 になってしまいます。
 
 
 
 面白いですねぇ。鉢植えの木を並べるという店主のちょっとした工夫 (▲) で、なんだかお客はリゾート気分 (^▽^;)
 
 椅子に座って、コーヒーをすすっていると、どこからともなく三味線の音。
 「何の曲かな …」
 と、耳を清ますと、 「酒は飲め~飲め~♪」 という 『黒田節』でした。 (^^)
 
 
 
 午後の、ちょっと物憂い風が通り過ぎていくカフェテラス。
 風に乗って、かすかに運ばれてくる三味線の音色が、意外とコーヒーに合いました。
 
 

カテゴリー: ヨタ話   パーマリンク

お昼に歩く小道 への2件のコメント

  1. スパンキー より:

    懐かしいな、品川じゃん。床屋のミッキー、知ってます、入ったことないけど。だって、あまり上手そうな感じしないし、スポーツ刈りにされそー。
    で、鳩のチーボーって、ホント?これはかなり怪しい話だな?いつも同じ鳩ですかね?町田さんはこういう話、上手いからね。
    が、あの道ばたの井戸は忘れられないなー。いまだ現役なのかな?あの前通って、よく飯を喰いに行きました!いや、編集会議でいつも行っていた、あの場末のスナックの手前だったっけ?
    でですね、リゾート感あふれる喫茶店ですか?この店なんですが、ここ品川には似合いませんよ(キッ)
    どちらにしても、社会人1年生の僕を、あたたかく見守ってくれた、品川宿と町田さんには感謝です、ハイ!

    • 町田 より:

      >スパンキーさん、ようこそ。
      面白い町ですねぇ、品川。
      特に、京浜急行に沿って伸びる旧東海道は、20年くらい前までは、まだ “昔の風情” を残していました。
      ここ10年ぐらいで、かなり変わりましたね。
       
      その中で、床屋さんの 『ミッキー』 などは、昔のまんまです。
      一度入ったことがあったかな。スポーツ刈りにしてもらったことがあったけど、いい感じでしたよ。この店は、30年ぐらいこの感じを保っています。それだけ、地元の人たちには愛されているのかもしれませんね。
       
      チーボーは黒い鳩なので、すぐに分かります。
      だけど、ベンチに座って弁当を食べている人に向かっては、誰にでも近寄っていくようですね。何か食べられるものでも放ってくれるを期待しているのかな。
       
      路地裏に入ると、井戸は三つぐらいあるんですよ。
      テレビでも紹介されたことがあるらしいです。
       
      一度また遊びに来てください。
      懐かしい店もまだいくつか残ってますよ。
      一緒に “お茶” でも。
      それでは!
       

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">