月別アーカイブ: 9月 2011

JATA旅博2011

   10月1日(土)~ 2日(日)の2日間、東京ビッグサイトにて、 『JATA (ジャタ) 旅博 2011』 が開催されるというので、プレスとして事前見学に行ってきた。    この 「旅博 (たびはく) 」 というのは … 続きを読む

カテゴリー: news | 2件のコメント

人に読んでもらえる文章

   前回のブログで、堀井憲一郎さんの 『いますぐ書け、の文章法』 という本をちょっと紹介させてもらったけれど、実は、少し漏れたところがある。  … というか、話が長くなるので、はしょったところがある。    しかし、本 … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ, 映画&本 | 2件のコメント

堀井さんの 『いますぐ書け!』

  『いますぐ書け、の文章法』    週刊文春の 『ホリイのずんずん調査』 で人気を得て、 『いつだって大変な時代』 などの近著でも知られる堀井憲一郎さんの、文章読本。    「いますぐ書け!」  というのは、 「定年退 … 続きを読む

カテゴリー: 映画&本 | 4件のコメント

愛があるなら年の差なんて

  「年の差婚」 が増える理由    10歳どころか、20歳ぐらい年上の男性を結婚相手に選ぶ女性が増えた。    俳優の篠原涼子が、夫に市村正親を選んだのは、市村正親が56歳のとき、自分が32歳のときだった。  プロゴ … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | コメントをどうぞ

基地の街の思い出

    所用があって、東京の福生市へ行った。  中央線に乗って、立川から青梅線に入ると、とたんに視界が開ける。  緑が多い。  西立川あたりから、昭和記念公園が広がるからかもしれない。    拝島で降りて、川越行きの電車 … 続きを読む

カテゴリー: ヨタ話 | 2件のコメント

岸辺のアルバム

   9月22日 (2011年) のテレビニュースを何気なく見ていたら、俳優の杉浦直樹さんが亡くなられたという報道が目に飛び込んできた。  享年79歳。  肺がんだったという。        生前の代表作として 『岸辺の … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ, 音楽 | 4件のコメント

お昼に歩く小道

   さぁて、今日は、僕が会社から昼ご飯を食べに行くときのコースを紹介します (^-^)/。        まずは、古くからある商店街を、スタスタと歩きます (▲) 。  「古く…」 って、いったいいつ頃からあるのかって … 続きを読む

カテゴリー: ヨタ話 | 2件のコメント

宗教書ブーム (ふしぎなキリスト教)

   3・11 の大震災後、「日本人の意識構造が変わった」という話題になると、必ず「人々の結婚願望が強まった」という話が出る。  気楽な独身生活を謳歌していた人々が、震災時に一人でいることの不安に耐えかねて、寄り添う伴侶 … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 4件のコメント

演歌の時代は終わったのか

   1970年代ぐらいまでか。  演歌は 「人生の現実」 を歌い、ニューミュージックは 「人生の夢と憧れ」 を歌う、という印象が定着していた。  そのニューミュージックが、いつしか J ポップと呼ばれる音楽群に進化して … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ, 音楽 | コメントをどうぞ

映画『キャデラック・レコード』

   「恋」って、当人が経験するのが、もっとも感動的なものかもしれないけれど、文学や映画で疑似体験する「恋」にも、なかなか切ないものがあったりする。    特に、優れた「恋の終わり」を描いた作品は、時に、恋愛を実体験する … 続きを読む

カテゴリー: 映画&本, 音楽 | 2件のコメント