キャバ系でモテるコツ

 

 人間のさまざまな欲望の中で、いちばん奇怪なのは 「モテたい」 という欲望。
 これ、何なんだろうね?
 男にとっては 「モテる」 ということが、時に、カネや名誉よりも切実なものとして感じられる時があるんだな。
 
 で、男たちは、たとえ擬似的でも 「モテた瞬間」 を手に入れたいために、キャバレー、キャバクラといった 「キャバ場」 に顔を出すことになる。
 たとえ 1 時間 3、000円取られても、若い女の子がぴったり寄り添ってくれて、酒を注いでくれて、時には腕を組んでくれたり、さらに店によっては × × × (← 注) を触らせてくれたりするわけだから、一瞬のモテ幻想に酔えるわけだね。
 
 ※ 注 (× × × は次の中から選択可 小指鼻の穴
 
 でもさぁ、そういうところに行っても、誰でもモテるわけでもないんだよね。
 
 カネがありそう見えるかどうか。
 関係ないね。
 
 イケメンであるかどうか。
 それもあんまりねぇ……。
 
 話が面白いかどうか。
 男がもっとも誤解しているのが、それだな。
 俺の話は面白い … なんて自分で思い込んでいるヤツの話なんて、たいていの場合、たいしたことないんだよね。
 
 でもあるよ。必勝のコツが。
 
 それは、自分の一番 “モテ要素” と信じているものを自ら封じることなんだね。
 つまり、 「オンナは、俺のココに魅力を感じるだろうな」 と自分で信じているものをまず封印する。
 これが必勝法。
 
 なぜかといえば、自分の一番のチャームポイントだと信じているものを無理矢理押し出そうとするとき、たいていの人間は、 「どーだスゴいだろうぉ! オーラ」 がギンギンに出過ぎて、商売女からすれば 「バカがまた一人」 になってしまうからだ。
 
 特に、男たちが集まってキャバ場に繰り出すときのような 「モテ度」 を競う場になると、一番モテを強調する人間から、逆に “馬群” に沈んでいく。
 「俺の話を聞けぇ! 芸人みたいだろぉ」 ってな調子でノッている人間こそ、場を湧かせているようでいて、実は女の子たちに 「その手は聞き飽きた」 とうんざりされつつ、型どおりの拍手を受けたりしているんだよな。
 
 ギャグの中でもサイテーなのが、一緒にいる同僚をコケにするやつ。
 これは、コケにされた男についた女の子に、そいつをフォローさせる義務を負わせるから歓迎されない。
 比較的許されるのは、自分自身を笑いのネタにするヤツ。
 自虐ネタは、だいたいどこでも歓迎される。
 
 
 「この前よ、俺の頭の後ろを写真に撮ったヤツがいたの。それを見たら、スポットライトが当たるような場所でもないのに、頭の後ろに光が当たっているのよ」
 「わー、ナニナニ?」
 
 「で、カミさんが、その写真見てよ、 “もう 3 年前からですよ” って言うんだよ」
 「えー、どこどこ?」
 
 「ここだけど …」
 「あ、大丈夫ですよ。まだボール大だから。帽子かぶってりゃ分かりませんよ」
 
 …… おいおい、ボール大ってほんと?
 
 そこでメゲてはいけないのである。
 モテるためには自虐ネタが必要だ。もう少し我慢だ。
 
 「ま、ハゲとデブは持てないというけどさ。その二つが重なると辛いよな。ハゲの方は帽子かぶってりゃ何とかなるけど、お腹が出てきたら防ぎようないよ。 “むかしは相撲取りだった” なんて冗談も言えねぇしよ」
 
 「大丈夫ですよ。私、お腹の出ているくらいの男の人が好き。だって、自分の欲望に忠実そうな感じじゃないですか。食べたいだけ食べて、ブクブクしている人って、男らしいなぁ!」
 
 …… お前、本気?
 それにしても、ブクブクって …、もう少しほかの言い方ないの?
 
 ここでメゲてはいけないのである。
 
 「お腹の方は、まだベルトをギュッと締めて我慢していりやなんとかなるけれど、足が短いのはごまかしが利かないよなぁ」
 
 「大丈夫ですよ、座っていれば分かりませんから。あなたの場合、けっこう背が高そうに見えますよ」
 
 …… 要するに、胴長って意味?
 
 「足が短いのは座っていればごまかせるけど、俺ねぇ、極端なO脚なのよ。ま、幼い頃から乗馬やっていたからしようがないんだけどね」
 「へぇーカッコいい! どうせなら、もっと曲がっていれば、カバにも乗れますよね」
 
 …… カバにまたがってどうすんのよ。バカにしてんのか?
 
 そこでメゲてはいけないのである。
 
 「ま、モテなくたってさ、こうやって女の子と一つ屋根の下で肩を寄せ合っている時間が持てるだけで幸せかもな」
 
 「そーですよ。私なんかも、毎日深夜に帰って、誰もいない部屋の明かりを自分でつけて、 “ああいつまで独りぼっちの生活を送るのかなぁ…” とため息ついているときに、ヒョコっとゴキブリが顔を出しただけで、 “一つ屋根の下に私と同じ生き物がいたんだ” と、たとえ隣にいるのがゴキブリだってしみじみしちゃうことがあるんです」
 
 …… あのさぁ、なんでそこでゴキブリの話が出るの?
 それって、俺のこと?
   
 
酒場系の話題 「ママさんの会話術」
   
酒場系の話題 「オカマバーの一夜」
 
酒場系の話題 「お見合いパブ」
  
酒場系の話題 「本業はD J 」
  
酒場系の話題 「ニセ台本作家」
 
関連記事 「女にモテるコツ」
 
  
 

カテゴリー: ヨタ話   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">