街中にキャンピングカー宿泊施設が誕生

 
熊本県・山鹿市の市内に、キャンピングカー
を受け入れる車中泊施設の企画が進行中

  
 旅行用に造られた自動車であるはずのキャンピングカーなのに、その宿泊を受け入れてくれる都市型キャンプ場というものが日本にはない。
 
 諸外国では大都市の周辺に必ず都市型キャンプ場というものが設けられ、そこで宿泊したユーザーは、街にショッピングに出かけたり、カジノに遊びに行ったりするのだが、そのような施設が日本にはないため、キャンピングカーユーザーが日本一周旅行を楽しもうとしても、都市部で遊ぶチャンスがほとんどない。
 
 日本では、全国につくられている 「道の駅」 がその代役を務めているが、都市の目抜き通りに設けられている 「道の駅」 は少なく、また 「道の駅」 そのものが宿泊場所として公認されている場所でもないので、仮眠をとるにも施設や周辺の人々に対する “気兼ね” が要求された。
 
 しかし、このたび熊本県・山鹿市の中心地に、ついにキャンピングカーが泊まれる宿泊スペースが誕生するという。
 それを教えてくれたのは、 「キャンピングカースーパーガイド ONLINE」 に連載エッセイを送ってくださるカスタムプロホワイトの池田健一さんだ。
 
 池田さんの情報によると、なんでも山鹿市の中心部に、キャンピングカーをはじめ、広く車中泊利用者が安心して泊まれる場所が確保されたという。温泉や食堂、ショッピング街、居酒屋などもすぐ近くにあるので、まさに都市観光を楽しむには最適だとか。
 
 現在はまだ、市内に駐車スペースを確保したという段階らしいので、厳密な意味で 「キャンプ場」 とはいえないが、この試みが一定程度の成果を収めれば、将来的には電源、水場、トイレ棟なども備え、オーニングの下に椅子・テーブルが設置できるようなキャンプサイトの体裁を整えていきたいという夢はあるようだ。
 
 この計画を進めてきたのが、熊本県・山鹿市でビルダー業を営む 「朝倉自動車商会」 の朝倉信洋さん。
 朝倉さんは、同市の活性化のために、九州を旅行して回るキャンピングカーユーザーおよび車中泊利用者に、市内で安心して泊まれる場所を提供し、滞在してもらうことによって、入浴・飲食をはじめとする観光資源を大いに活用してもらうというアイデアを2年ほど前から温めていたという。
 
 同市には、レトロチックな風情をたたえた芝居小屋の 「八千代座」 ほか、豊かな自然に恵まれた菊池川など、都市観光と自然探索の両方を満喫できる場所が多く、九州観光の立ち寄りスポットとしては最適な場所であるとも。
 
 
▲ 芝居小屋 「八千代座」 ▼ 菊池川

 
 さて、山鹿市内の中心地に設けられた 「キャンピングカー用 宿泊施設」 というものが、はたしてどんなものであるのか。
 詳しい話は、池田さんのエッセイ(↓)に譲りたい。
 
 池田健一 作 『答は風の中』 第46回
 「熊本県・山鹿市で進む都市型キャンプ場構想」
 
 

カテゴリー: news   パーマリンク

街中にキャンピングカー宿泊施設が誕生 への2件のコメント

  1. 奥 有祐 より:

    町田さんはじめまして!
    いつも楽しく興味深く拝読致しております。有難うございます。
    早速ですが、山鹿市は私の在住している福岡市とも近く(車で小一時間)、昔から親近感のある場所です。池田さんの経営されている朝倉自動車さんも昔から存じ上げておりました。このような素晴らしいアイデアをお持ちの方であることを知り、大変共感すると同時に嬉しくなりました。実は私はキャンピングカーを乗り継いで5台目になります。50代も後半を迎え我が子供たちも一人立ちし、妻との二人旅に楽しみを分かち合うようになった私としては、池田さんのご提案は大変有り難く私のような想いを抱いている熟年キャンパーは日本中に数多くいるのではないかと感じました。是非成功して頂きたいと思いますし、一度是非伺いたいと思っております。

    • 町田 より:

      >奥 有祐さん、ようこそ。
      コメントありがとうございます。
      こちらこそ、はじめまして。
       
      朝倉自動車商会の朝倉さんと、カスタムプロホワイトの池田さんは昔から大変仲の良い盟友のようです。
      私も九州のキャンピングカーイベントやキャンプ場オープンの式典などの折に、お二方とお会いしてじっくりお話をうかがったことがあります。ともにキャンピングカーの未来を真剣に考えていらっしゃる方々で、お二人からはとても勉強させてもらいました。
       
      今回の試みは、お二方の日頃の努力の賜物と感じました。
      私もまた、ぜひ成功させてもらいたいと心から期待しているところです。
       

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">