ジェイフライト・スイフトSLX 184BH & 154BH

 アメリカン・トレーラーというと、今までは、ボディも大きく、重量も重いと思われることが多かった。
 しかし、アメリカのトレーラー市場も変化の兆しが現れている。リーマンショック以降、長く景気低迷が続いた結果、価格帯の安いものを中心に、燃費のいい小型車でもけん引できる軽量・小型のトレーラーが復活するようになり、それが消費者にも好評価を得る傾向が出てきた。

 それでいて、大型トレーラー同様造りは頑丈。装備類も充実。
 エアコンなどの搭載をあらかじめ前提として設計されているため、室内で憩うときの快適さもしっかり保証されている。

 ボナンザの扱うジェイフライト・スイフトSLXシリーズなどは、まさに今のアメリカ市場で人気を集めているトレーラーを知るには最適な1台。

 同社では、そのうちの184BH (↑) と、154BH (↓) を導入しているが、ボディ長とレイアウトが異なるだけで、装備類はほとんど変わらない。
 184では、キッチンの筋向かいにロングソファーが設定され、そこをベッドメイクすると計5名の就寝定員を確保できるが、154ではソファーが割愛されるため、就寝定員は4名となる。


 
…………………………………………………………………

『キャンピングカー スーパー ガイド2011』 ダイジェスト

Jay Flight Swift SLX 184BH & 154BH(ジェイフライト・スイフトSLX 184BH & 154BH)
輸入トラベルトレーラー
184BH 全長: 6096mm / 154BH 全長: 5436㎜
184BH 全幅: 2133mm / 154BH 全幅: 2133㎜
184BH 全高: 2565mm / 154BH 全高: 2514㎜

184BH 就寝定員 5名 / 車両重量1240㎏
184BH 価格 2,898,000円 (税込)
154BH 就寝定員 4名 / 車両重量1125㎏
154BH 価格 2,814,000円 (税込)

発売: 株式会社ボナンザ (製作 ジェイコ社)
東京都武蔵村山市三ツ藤3-12-1
TEL.:042-520-1866
http://www.bonanza.co.jp/
E-mail:info@bonanza.co.jp


(▲ 184BH)

小型車のヘッドでも対応できるニュートレーラー

燃費の良い乗用車が好まれる傾向からアメリカでも2000~2500ccクラスの乗用車が増えてきた。このジェイフライト・スイフトSLXシリーズは、そのような小排気量車両にも対応するために生まれてきたもの。従来のトレーラーよりも軽量・小型化され、プライスも買いやすい価格帯に収まる設定になっている。ボナンザの扱うジェイコ・トレーラーシリーズでも、今年はこのスイフトSLXが目玉になる。全長6096㎜の184BHと、全長5436㎜の154BHの二本立てとなるが、ともに3ウェイ冷蔵庫、電子レンジ、エアコン、FFヒーター、サイドオーニングなどはすべて標準。特徴的なのはエアコンが壁掛け式となっていること。通常ルーフ上に設定されることの多いルームエアコンだが、このトレーラーでは、サイドパネルの左側に埋め込み式に設定されている。そのためルーフに負担をかけることなく、かつ全高を抑えることにも貢献している。


(▲ 154BH)

STAFF TALK
(株)ボナンザ
大内隆義 主任

スイフトSLXは1軸のトレーラーですので、走行中は上下動が生じ、ヒッチが不安定になります。それを抑えるためにもオプションのディストリビューティングフレームヒッチをお勧めします

 その他 「レポーターのチェック」 「装備類」 「フロアプラン図」 などの詳しい情報は、『キャンピングカースーパーガイド2011』 をご参照ください。
 
 

カテゴリー: campingcar   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">