渚にて

    
 アメリカ映画 『渚にて』( On the beach )は、1959年にスタンリー・クレイマー監督が撮った近未来SF映画。

「渚にて」DVDジャケ002

 1964年に勃発した ( …ことになっている)「第三次世界大戦」の核被害によって、北半球の人類は滅亡。
 南半球は、直接の被爆をまぬがれたが、死の灰が南半球まで及んでくるのは時間の問題という、せっぱ詰まった状況に置かれたオーストラリアが、この映画の舞台となる。

 核爆発の時に、たまたま深海に潜っていたアメリカ海軍の潜水艦が1隻だけ助かり、死の灰を逃れて、オーストラリアの軍港にたどり着く。
 ストーリーは、その潜水艦の艦長であるグレゴリー・ペックと、彼がパーティで知り合った地元のオールドミス(エバ・ガードナー)との淡くて短い恋愛を軸に、“ゆるやか” に展開する。
 それに絡んで、オーストラリア海軍の若い将校夫婦や、核開発にも関わったことのある科学者たちのサブストーリーが散りばめられていく。

「渚にて」001

 もともとは、ネビル・シュートの小説を映画化したもので、分類でいうと、核戦争後の地球を描いたSFものということになるのだが、地球滅亡ものでおなじみの、大げさなパニックシーンを見せる映画ではない。
 むしろ、地味だ。
 だから、核戦争の非情さが、逆に浮かび上がってくる。
 このあたりは、原作の静謐なタッチを、映画もよく踏襲している。

 南半球で暮らす人々にも、もう残された月日は、あと5ヶ月。
 オーストラリアの科学者たちが立てる希望的観測は、ひとつひとつ打ち砕かれていく。
 迫り来る核汚染を防ぐ手立てがすべて失われてしまったことに、オーストラリアの人々も気づき始める。
 身近に迫る死の恐怖に、自暴自棄になる人々も出てくる。

 しかし、一方で、残された最後の時間を、せいっぱい “人間らしく生きよう” と決意し直す人もいる。
 世界の滅亡が秒読みになったとき、人々は無秩序な暴徒と化するのか、それとも、生きている限りは人間の尊厳を保ち、秩序正しい社会を維持しようとするのか。
 この映画は、人類が直面する究極の問いかけを投げかけているようにも思える。

 画面では、死を覚悟したオーストラリア国民が、パニックに陥ることなく、休日には渓谷のマス釣りを楽しみ、海岸で海水浴をして、自動車レースを楽しもうとする情景が描かれる。

 豊かな緑に囲まれた牧場。
 帆に風をはらんで海原を駆けるヨット。
 家族や仲間で楽しむ川原のバーベキュー。
 
 それがこんなに美しく、いとおしいものだとは !!
 観客は、いつしか「滅亡する人類」の視点で風景を見つめていることに気づく。
 
 驚くべきことは、その「ありふれた平和な風景」の描き方なのだ。
 単に、「美しい風景」や「優しい風景」というのであれば、撮影機器や画像処理のテクニックが進歩した現代映画の方が、優れた風景を再現できるはずだ。
 ただ、そこに「かけがえのない … 」という哀切感を盛り込むことができるかどうか。

 平和な日常生活がいかに貴重であるかを訴える映像は、CGのテクニックをいかに研ぎ澄ましたところで、実現できるものではない。
 それは、「ありふれた生活」を一瞬のうちに崩壊させてしまう、戦争のむごたらしさを経験した人間の視線からしか生まれてこない。

 1950年代は、まだ第二次大戦の惨禍が、人々の胸に強烈な印象として残っていた時代だったのだ。
 逆にいえば、戦争がもたらした悲しみと苦しみをリアルな体験として持っていた人たちがいたからこそ、作れた映画だったのだ。

 ラストシーンでは、再びアメリカ兵たちが潜水艦に乗り込み、故郷のアメリカ大陸に帰るところが描かれる。
 すでに、北半球に 「アメリカ」という国はない。
 あるのは、高層ビルが墓石のように取り残された、無人の大地でしかない。
 それでも、彼らは、「どうせ死ぬなら、最後は故郷で眠りたい」と、人影の絶えた北米大陸に戻っていく。

「渚にて」003

 映画の中では、オーストラリアの国民歌謡「ワルチング・マチルダ」(↓)が効果的に使われる。
 フォークダンスの伴奏曲のような明るく陽気な曲で、映画のテーマ曲でもあり、また人々が野外パーティを楽しむときの合唱歌としても使われる。

 無邪気な明るさを湛えた曲調が、映画のテーマとは合わない。
 しかし、その陽気なメロディが、途中から涙が出そうなくらい悲しく響いてくる。
 同じ曲でも、それを歌なしで演奏すると、レクイエムの響きを持つのだ。
 
 オーストラリアの港を発ったアメリカの潜水艦は、そのレクイエムに送られて、深海へと潜航を開始する。
 静かな終わり方に、反戦への祈りと、戦争によって失われたあらゆるものへの追悼が込められているように思う。

「渚にて」004

 戦争と、自然災害を一緒に語ることはできない。
 しかし、今回の東日本大震災のことを思うと、それまで気にもとめていなかった「ありふれた平和な生活」が、いかにかけがえのない大切なものであったかということが、よく実感できる。

 人間にとって、「核」というものは、本当に必要なものなのか。
 「核の平和利用」という美名のもとに、私たちは何かを見過ごしてきたのではなかったか。

 原子力発電抜きには、もう世界の産業構造を維持することはできないという意見は多いが、それは「絶対的な安全」が保証される範囲内の議論に過ぎない。

 そのような産業構造そのものが、すべてのエネルギー源が “有限である” という認識を共有しなければならない21世紀的な思想と合致するのかどうか。
 化石燃料を燃やして発電する火力発電が時代の趨勢と合わないのは確かなことだが、原子力発電の基盤となるウラン235もまた同様に、資源としては有限なのだ。データによると、ウランの可採年数も、たかだか100年といわれている。

 原子力発電の絶対的な安全基準が確立される前に、ウランの採掘が困難になることもありうるかもしれない。
 そして、それ以前に、人類の多くが放射能汚染にさらされるような重大事故が起きる可能性は、これで皆無とはいえなくなった。

 映画『渚にて』が問いかけたテーマは重い。


▲ 映画のはじめと終わりに流される「ワルチング・マチルダ」のテーマ曲。陽気なメロディがなぜかしんみりと聞こえる演奏
  
  

カテゴリー: 映画&本   パーマリンク

渚にて への6件のコメント

  1. より:

    本作品のリメイクである”End of the world”を見ました。静かなる終焉、自分や家族に照らし合わせるとほんと辛かった~

  2. おおきに! より:

    町田編集長さん こんにちは「渚にて」私もとても印象に残った小説でした。(私は小説から入り、あとで映画を観ました)
    この本を読んだころは、とても現実に起きうることと想像もできなかったけれど、いまは現実のこととして目の前に突きつけられていますね。
    おっしゃるとおり、一時石油資源の枯渇ということが言われてはいましたが、今までの日本人は資源は無限であると盲目的に信じて、ばんばん資源を使い倒してきました。でも、気付くのに遅すぎることはない。これからでも、やり直しが可能だと思います。みんなで智恵を使ってやり直さなきゃと思います。
    しかし、編集長にご紹介いただくもの、かなり私の心の琴線に触れるものが多いです。これからもよろしくお願いします(^^)

  3. 町田 より:

    >雷さん、ようこそ。
    『 End Of The World 』 の方は未見なんです。
    でも、こちらの方を高く評価している方もいらっしゃいますね。
    どちらも、テーマは、「人類と核」 という、現代社会が見過ごすことのできない大テーマを扱っていると思うので、観客が受け取るものは同じだと思います。
    でも、タイトルだけをいうと、『渚にて (On The Beach) 』 というタイトルの方にインパクトを感じるんです。
    なんだか、洒落たラブストーリーみたいなタイトルで、中身はまったく別物。
    その落差が、見終わったときにちょっとショック。ネビル・シュートの原題がそうなんですけど、うまいタイトルだと思いました。
     

  4. 町田 より:

    >おおきに! さん、ようこそ。
    私も、『渚にて』 は、小説、映画ともに印象に残った作品です。
    小説を読んだ当時は、“核の恐怖” というよりも、死が間近に迫ってきたときの人間としての処し方、…みたいなテーマを読み取っていたように思います。
    しかし、原発というものが、こんなにあっけなくモロさを露呈し、しかもニューヨークの9・11のような事件を経験し、さらに将来のエネルギー資源をどこに求めるかというような問題が浮上してきた現在、あの小説は、また違った文脈で読まれていくのかもしれませんね。
    おっしゃるように 「資源は無限ではない」 ということが、これからモノを考えるときの基礎になるように思います。
    化石燃料を燃やしたり、原子力に頼れば、エネルギーがきわめて効率化的に得られることは分かっているのですが、発展途上国のものすごい人口増加と、エネルギー消費を計算に入れると、それが100年後、200年後も持続させられるとはどうしても思えない。
    次の時代に生きる人々のことも考え、今のうちから我々も、少しずつ自然エネルギーの “非効率さ” に身体を慣らしていった方がいいようにも思うのですが、…このへんはいろんな問題が絡んでくるので、答を一つにまとめるのは難しいですね。
     

  5. 赤い屋根 より:

    町田さんおはようございます。
    「渚にて」映画を観ました。
    あまり覚えていなかったのですが、
    TVで観た映画では、「魚が出てきた日」
    アニメでは「風が吹く時」を思い出しました。
    気づいた時は、かなり危険と言うことです。
    生物のために環境を守ることは大切だと思います。

  6. 町田 より:

    >赤い屋根さん、ようこそ。
    コメントを頂きながら、返信が遅くなりまして、申しわけございません。
    恥ずかしながら 『魚が出てきた日』 も 『風が吹く時』 も観ていないので、頂いたコメントにお応えできないのが残念です。でも、その二つの作品は心にとめておきます。
    たぶん、『渚にて』 を観て思い出されたとのことですから、私にとっても感じることの多い作品であることは想像できます。
    >「気づいた時は、かなり危険」
    本当に、その通りですね。今回の原発の事故などを見ていますと、つくづくそんな気がしてきます。
     

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">