大地震 (2011 3・11 東日本大震災)

 北関東で、車両撮影をしていた。
 午前中は晴天だったものの午後は雲が多くなり、雨の懸念も出ていた。
 
 「そろそろ仕事を終えなければ…」
 と思っていた瞬間、グラっと来た。
 大地が波打つのをはじめて見た気がした。
 道路を一つ隔てた民家の瓦屋根が、バラバラと音を立てて落下していた。
 取材車として乗ってきた自分のキャンピングカーが、今にも隣のクルマにぶつかりそうに揺れている。
 空の上を、おびただしい鳥たちが、絶叫しながら円を描くように飛び回っている。
 携帯電話で、即座に家に連絡を取ろうとしたが、すでに繋がらない。
 
 震源地はどこなのか?
 知り合いにパソコンを開いてもらったが、ネットにもアクセスできない。

 自分のクルマに戻り、カーラジオのスイッチを捻った。
 震源地と震度だけは分かったが、その他の状況はまだ何もつかめていないようだ。

 しばらくその場で様子を見守るつもりでいたが、近所の人たちがもたらしてくれた情報によると、信号機はみな作動するのをやめて、高速道路は閉鎖されたという。
 一般道の渋滞もますます激しさを増しているとか。
 復旧の見通しは立たないが、かといって、その場に立ち尽くしているわけにもいかない。
 家も心配だし、自分のことを気にしているだろう家族にも無事を知らせたいという気持ちが強くなり、とりあえず一般道を使って、家に戻ることにした。

 信号機が用をなさないので、大きな交差点の前では延々とクルマが連なる。
 ラジオからもたらされる情報により、次第に災害の全貌が明らかになってくる。
 東北・関東全域が、どうやら、とてつもない規模の地震に見舞われたらしい。

 こういうときに、やはり 「情報」 は助かる。
 自分の取るべき行動というものが分かりやすくなるし、何よりも励まされる。
 災害地で大変な状況に巻き込まれた人たちの悲惨なニュースも逐次入ってくるが、一方では、救援に尽力する人たちの力強い活動の様子も伝わってくる。
 みんながみんな、誰かを助けようとして必死に動いているんだな…ということが伝わるだけで、自分の身を守ろうとするだけで汲々としている自分が浅ましく思えてくる。

 夜になって、都内の仕事場から帰る足を奪われた人たちのレポートがラジオから伝わるようになった。
 行き場を失い、暖を取ろうとする人たちのために、営業時間が過ぎても店を開放している飲食店の話。道往く人を励ますために、売れ残ったお菓子類を無料で配り始めた和菓子屋さんの話。
 
 困っている人たちのために、自分ができることを精一杯やろうとする人たちの話は、渋滞するクルマの列になすすべもなく閉じ込められている自分にも 「元気」 を配ってくれる。

 都内に入ったのが、午前2時。
 幹線道路はまだ渋滞が続き、運転に疲れたのか、側道に止めて寝てしまったドライバーも多い。
 その時間に、ネクタイをしてカバンを下げたサラリーマンたちがまだ歩いている。
 JRがすべて止まったので、家まで歩き始めた勤め人がいっぱいいるとラジオは告げていた。

 結局、自分も11時間かけて家にたどり着いた。
 家の玄関に入ったのは、夜中の3時半だった。

 テレビをつけて、ようやく今回の災害の様子を 「映像」 を通して確認することができた。
 津波によって押し流されていく無数の自動車の様子や、火災を起こして火の海となった街の様子を見ると、あらためて日本を襲った大惨事の実態がよく理解できた。

東北地方太平洋沖地震

 被災地となった地域には、自分の知り合いも多くいる。
 その人や、その家族たちは大丈夫だったのだろうか?
 考えるだけで、胸が痛む。

 ※ 参考記事 「災害時のキャンピングカーの役割」

  
 

カテゴリー: コラム&エッセイ   パーマリンク

大地震 (2011 3・11 東日本大震災) への4件のコメント

  1. ムーンライト より:

    町田さん。ご無事でしたか・・・。
    良かった。
    大変な被害がでていますね。
    茨城の友人は「生きているだけで幸せ」。
    宮城にも友人がいるのですが、安否が分からず。
    本当に胸が痛みます。

  2. 町田 より:

    >ムーンライトさん、ようこそ。
    北海道にもそうとうな被害が及んだと聞きました。
    ムーンライトさんがご無事でなによりです。
    東北地方で、大量の死者が出ているとラジオが伝えてきたとき、運転しながら、思わずハンドルを離し、手を合わせて合掌してしまいました。
    日本人にとって、辛い春の到来になったような気がします。
     

  3. s-_-s より:

    町田さんご無事で何よりです。私は千葉県市原市の自宅で被災しました。庭の池の水が揺れでじゃばじゃばと溢れ戦慄しました。暫くして空がオレンジ色になり夕焼け火と思ったら臨海方面から火柱と黒煙が上がっておりました。工場地帯から離れているので避難等せず通常の生活を維持しておりますが、本当に不安な毎日です。余震などまだまだ油断できない様子ですので町田さんもお気を付け下さい。

  4. 町田 より:

    >s-_-s さん、ようこそ。
    千葉県も大変な被害の出た土地ですね。余震もまだ続いているとのこと。くれぐれもご注意ください。
    それにしても、臨海方面の黒煙を間近に見られるなど、不安な日々を過ごされたようですね。ご無事でいられることをお祈り申し上げます。
    関東全域でも計画停電などが実施されるようですし、地震後の混乱は、これからますます深刻度を増すようです。
    s-_-s さんも、お気をつけてお過ごしください。
    コメントありがとうございました。
     

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">