月別アーカイブ: 3月 2011

日本人は変わるか

   東北・関東大震災が起こってから、ほぼ 3週間。  震災被害地のレポートを続けていたテレビも、福島県の原発事故の状況解説と、日本経済の行く末の解析などに軸足が移り始めている。  テレビのニュースを見ていると、現に、パ … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 9件のコメント

渚にて

   巷に流れる 「放射能汚染」 の話を聞くたびに、思い出す映画がある。    アメリカ映画の 『渚にて』 ( On the beach ) だ。  1959年にスタンリー・クレイマー監督が撮った (当時の) 近未来SF … 続きを読む

カテゴリー: 映画&本 | 6件のコメント

テレビは終わった

 残業夜食用に買ってきた弁当を食いながら、テレビのスイッチを入れた。  唖然とした。    夜8時台の番組で、NHK以外、この3月11日に起きた震災について触れている番組がひとつもない。  大半が、作り置きの…というか、 … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 4件のコメント

明かりの果ての闇

 連休の合間、久しぶりに家に帰った。  終電前だった。  会社から駅に向かう道路が暗い。  節電のために、街路灯も最小限の明かりに絞っているからだ。  クルマの交通量も少なく、歩いている人の姿もまばらだ。  駅構内に入っ … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 5件のコメント

東電を怒る父さん

 たまにだけど顔を出す、地元のお寿司屋さんがある。  店にお客がいれば、深夜の2時頃まで営業しているので、この季節、終電ぎりぎりに帰る私には、他の店が閉じてからでも夕食が取れるありがたい店なのだ。      いつもは午前 … 続きを読む

カテゴリー: ヨタ話 | 6件のコメント

深い言葉

 朝、なにげなくテレビのスイッチを入れたら、地震災害に見舞われた人が、焼け野原のような大地にたたずんで、インタビューに答えていた。  津波で町全体が壊滅的な被害を受けた土地らしく、千人を超える遺体が発見された場所だという … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 6件のコメント

何かが変わった

 一夜にして、何かが変わった。  東北と関東を襲った巨大地震のあと、世の中のムードが一気に変わったように感じる。  災害の映像が連日CM抜きでTVから流れ、人々の日常生活も混乱に陥っているという特殊な環境が続いているせい … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 2件のコメント

災害時のキャンピングカー

    各メディアは、その大半がいまだ一昨日 (3・11) に起こった大地震報道で占められている。  被災地の生活基盤が完全に復旧するようになるには、そうとう長い期間を必要とするだろう。    もし、ライフラインがすべて … 続きを読む

カテゴリー: campingcar | コメントをどうぞ

大地震 (2011 3・11 東日本大震災)

 北関東で、車両撮影をしていた。  午前中は晴天だったものの午後は雲が多くなり、雨の懸念も出ていた。    「そろそろ仕事を終えなければ…」  と思っていた瞬間、グラっと来た。  大地が波打つのをはじめて見た気がした。 … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 4件のコメント

ジュリアン・オピー

   もう、そうとう昔の話になるけれど、会社のパソコンのファイルの底に、「TURBO FREEWAY (TF way) 」 というゲームソフトが眠っているのを発見したことがある。  自動車レースのゲームだった。  といっ … 続きを読む

カテゴリー: アート | 2件のコメント