月別アーカイブ: 12月 2010

オールドマン

 トラッドロック夜話11   午後のスタンドカフェで、ぽつねんと、外の景色を見ている老人がいた。  喫煙席だった。  人がまばらに座った客席から、いく筋かの紫煙がのぼっていた。  老人はタバコを吸わないようだ。  間違え … 続きを読む

カテゴリー: 音楽 | 2件のコメント

好奇心の力

 今の時代、人間が必要としているのは、 「人間に対する好奇心」 なのかもしれない。  好奇心は、余裕を持った心からしか生まれない。  好奇心は、先入観にとらわれていると、生まれない。  好奇心は、謙虚な気持ちにならないと … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 6件のコメント

「孤独死」の原因

 年末になると、テレビでも、新聞でも、雑誌でも、まず 「1年の総括」 みたいなものから始まって、 「来年はどうなる?」 式の未来予測で締めくくることが多くなる。  だから、もうすぐ2011年を迎えるというこの時期は、1年 … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 1件のコメント

廃墟のある島

   廃虚ブームで、長崎県の “軍艦島 (端島) ” がよく話題に取り上げられる。  そんなこともあって、この前、書店の 「旅行本コーナー」 に行ったとき、軍艦島の写真集があったので手に取ってパラパラと眺めてみた。  一 … 続きを読む

カテゴリー: アート | 2件のコメント

遠いクリスマス

 クリスマスですねぇ。  小さい頃は、けっこう胸がときめいたりしましたが…。  今じゃ、365日のうちの、ただの1日ですなぁ。  キリストの  生まれた日とか  ピンと来ず  昔は、それでも人並みにプレゼントなんか買って … 続きを読む

カテゴリー: ヨタ話 | コメントをどうぞ

ロビン・フッド

   リドリー・スコット監督の『 ロビン・フッド (ROBIN HOOD) 』。  良かったなぁ!   堪能したし、感動したし、涙も出た。  でも、リドリー・スコットは、結局『ブレードランナー』を超える映画を、もう創れな … 続きを読む

カテゴリー: 映画&本 | コメントをどうぞ

地獄の電車

   この季節の終電まぎわの駅のホームは、断末魔の悲鳴でいっぱいだ。  忘年会シーズンなので、2次会、3次会と浮かれまくっていた人々が、家路に急ぐために、目の色を変えてホームに殺到する。    午前0時半の新宿駅プラット … 続きを読む

カテゴリー: ヨタ話 | コメントをどうぞ

バッグス・バニー

 来年の2011年は 「うさぎ年」 だから、 “うさぎキャラクター” の年賀状を探していたのだが、コンビニ系の年賀状カタログを見ても、お目当てのものがなかった。  お目当ては、バッグス・バニー。      けっこう有名な … 続きを読む

カテゴリー: ヨタ話 | コメントをどうぞ

正義の話をしよう

 マイケル・サンデル氏の著作 『これから 「正義」 の話をしよう』 が今年の下半期はかなり話題になった。  私は読んでいない。  食わず嫌いかもしれないけれど、 『正義の話…』 っていうタイトルだけを見て、ちょっと腰が引 … 続きを読む

カテゴリー: 映画&本 | コメントをどうぞ

是枝裕和「空気人形」

    2009年に公開された、是枝裕和監督の『空気人形』。  テレビの深夜放送で流れていたので、やっと観ることができた。    「空気人形」、すなわちラブドール。  なにしろ、自分には変態的なところがあって、この「ラブ … 続きを読む

カテゴリー: 映画&本 | 6件のコメント