カツカレーの憂鬱

 昼飯にカツカレーを食った。
 カレーを食いたいと思っていたのだけれど、なんとなくメニューの隣りに、うまそうなカツカレーの写真が載っていて、ついついそっちを頼んでしまったけれど、結局、あまり幸せじゃなかった。
 
カレーを食うイラスト
 
 実は、今日に限ったことではなく、いつもそうなんである。
 
 なぜなんだろう。
 
 昔からカツカレーというものに、あまり感激した記憶がない。
 よく食べるのだけれど、食い終わって後悔することの方が多い。
 
 カレーは好きだ。
 トンカツも大好き。
 
カツカレー
 
 だから、カツカレーって、感激が2倍になってもいいように思うのだけれど、案外そうじゃない。
 
 きっと、 “頭が固い” からかもしれない。
 モノを食うってことは、舌が感じる味覚を、脳が整理して、 「うまい」 とか 「まずい」 とか判断するのだろうと思うのだけれど、私のガンコな脳は、カツとカレーが同時に舌の上に乗ったとき、 「こりゃカレーじゃねぇ」 と脳が判断し、 「じゃカツか?」 と気持ちを切り替えたときに、今度は 「こいつはカツじゃねぇ」 と判断してしまうらしいのだ。
 
 そのため、カレーなのかよ? カツなのかよ?
 …… と、脳が迷っているうちに、いつの間にか食べ終わってしまって、結局、どちらを食ったのか分からないままにレジで勘定を払うというハメに陥ってしまう。
 
 知り合いにその話をしたとき、
 「あれはカツというトッピングの乗ったカレーなんであって、ラーメンの上にチャーシューが乗っているように食べればいいんだ」
 と諭された。
 
 どうやらそれが世間の常識のようなのだが、やっぱり自分の舌は、そういう意見に対して 「うん」 といわない。
 
 そこで、仕方なくカツの方にはソースをかけて 「カツライス」 として食べ、カツが片付くと、今度は 「カレーライス」 として食べるという2段構えの食べ方になる。
 
 そうなると、悲しいことがひとつ起こる。
 カツカレーのルーには、何も入っていないことが多いのだ。
 
 カレーだけ頼むと、たいていビーフかポークか、肉片のようなものが入ってくるのに、カツカレーの場合は、そういう肉片を添えない店がけっこうある。
 統計を取ったわけではないが、実感として、80%近くは、そういうルーを出す店で占められているような気がする。
 「カツっていう贅沢なトッピングがあんだから、他の肉は要らないだろ?」 っていう店の傲慢さが、そこに表れているようで悲しい。
 
 せめて、普通のカレーに肉片を三つ付けるのだったら、カツカレーには、肉片をひとつぐらい付けてもいいように思う。
 
 同じように、ラーメン屋でチャーシューメンを頼むと、普通のラーメンに入っているシナチクとか、ナルトなんかが省略されることが多い。
 
 良心的な店は、普通のラーメンに入っているシナチクの量を若干減らしながらも、それでも二つ三つは入れている場合もあるが、傲慢な店のチャーシューメンには、それすらない。
 チャーシューとネギだけという店もあった。
 
 お客はチャーシューメンを頼むときは、「ラーメン + チャーシュー」 を期待して注文するのである。
 つまり、ラーメンの基本骨格をしっかり貫いた上で…、(東京ラーメンの場合は、まずシナチク、チャーシュー1枚、海苔、ナルト、場合によってはホーレンソウ、時にはワカメ)
 
東京風ラーメン
 
 そこにチャーシューの量が増えるから、贅沢な気分にひたれるのである。
 
 なのに、チャーシューとネギしかないチャーシューメンを出されると、騙されたような気になって悲しくなる。
 
 最近は悲しい食堂が多い。
 こんな日本になって、はたしていいのだろうか。
 

カテゴリー: ヨタ話   パーマリンク

カツカレーの憂鬱 への4件のコメント

  1. kamado より:

    ワハハハハッ 失礼
    カレー屋もラーメン屋も傲慢ですか。
    カツカレーの二段階攻略法、涙ぐましくてつい吹き出してしまいました。
    思い返してみれば、私もカレーでは少し物足りなくて、でもラーメン屋だったらラーメンに餃子を頼めばよいけど、カレーの場合は(インド料理屋ならいざ知らず)餃子のようなもう一品がなくて、ついカツカレーを頼んでしまうんです。
    そして満腹にはなるけれど、矢張り町田さんと同じように、本当に美味しかったかと問えば、1+1が2でもなく、単なるカツカレーなんです。改めて気が付きました。
    専門店の美味しいカレーやトンカツを一緒に食べられると思うのは大いなる誤解で、これからは学習したのですから、別々に食したいと思いました。
    >最近は悲しい食堂が多い。
     こんな日本になって、はたしていいのだろうか。
    民主党政権のせいではないと思います(^-^)。
    話は変わりますが、日本蕎麦屋のカレーうどんは好きです。これもカレー+うどんではなく、ひとつのジャンル、カレーうどんなのですね。
    カツカレーの憂鬱。
    またひとつ勉強させていただきました。学習効果(^^ゞこれですね。

  2. 町田 より:

    >kamado さん、ようこそ。
    カレーとラーメンの食文化に対し、非常に細かい部分のニュアンスまでお汲み上げいただき、ありがとうございました。
    やっぱり、料理には 「満腹になる」 以上に大切なことがありますね。
    確かに、カツカレーは 「満腹」 にはなるけれど、両方の独立した味を相殺しあっているように思います。
    日本蕎麦屋のカレーうどんが好きというご感想には、全面的に共感いたします。
    あれは、立派な日本の文化です。
    カレーとうどんが、互いに味を相殺しあっていない。
    素晴らしい食べ物です。
     

  3. ムーンライト より:

    カツカレー。
    三月の連休に家族で東京に行ったのです。
    その時、家族そろって「そよいち」さんでランチを食べました。
    私はポークカツ、息子はカツカレーでした。^^
    あそこはカウンターだけのお店で息子と私は離れていたので、どんなカツカレーだったか・・・
    今度行ったら食べてみましょう。^^
    町田さんとお話したことなどを思い出し、「あれから三ヶ月か・・・」と懐かしいような気分になりました。
    カレーうどん。好きです。
    二月の末に大木さんの講演とライブをきくために美瑛町に行った時のことなんですが。
    いろいろあってお昼ごはんを食べそこね、5時過ぎに「お昼ご飯」を食べに駅前の食堂に入りました。
    「名物カレーうどん」の写真をろくに見ずに注文。
    出された「名物」に驚きました。
    スープカレーのご飯が茹で上げうどんに代わっているといったらいいでしょうか。
    うどんを一口ずつスープに浸して食べるのです。
    それが、美瑛町の「カレーうどん」だったのです。
    結構辛いスープで、地元の牛乳がセットされているのも嬉しく、とっても美味しかったです。
    食べ物って、確かに文化ですね。
    そして、一緒に食べた人や空気までも思い出す。
    また、いつかご一緒に。^^

  4. 町田 より:

    >ムーンライトさん、ようこそ。
    >「食べ物は文化である」 というご指摘は非常によく分かります。
    それぞれの地域によって固有の文化があるように、同じ名前の食べ物でも、その地域によって個性が異なるところが旅の楽しさかもしれません。
    >「スープカレーのご飯がうどんに変わっているカレーうどん」
    一体どんなものなのでしょう?
    ものすごく好奇心がわきました。
    カツカレーというのは、どうもカレーのうまさとカツのうまさによって印象が変わるようにも感じます。
    おいしいカツと、おいしいカレーの取り合わせならば、それぞれ味の個性を主張するキャラクターが並んでも、けっこうハーモニーが生じるのではないかと思うようになりました。
    そんなカツカレーがどこかにありそうな気もしています。
     

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">