月別アーカイブ: 11月 2009

チョイ悪ミッキー

 携帯電話の待ち受け画面は 「ミッキーマウス」 である。  ミッキーが好きなのだ。      中学生の頃、授業中にマンガを描いて、休み時間にみんなに見せていたけれど、そのマンガの主人公を 「ポパイマウス」 と勝手に名づけ … 続きを読む

カテゴリー: ヨタ話 | 10件のコメント

エドワード・ホッパーの “晩秋”

   晩秋。  この秋の最後の日曜日だ。  年末よりも、今の方が、一年の終わりという気配が濃い。  冬になってしまえば、逆に、訪れる春に向かって、生命が待機状態に入っているという気分が強まってくる。  大地は枯れ果てても … 続きを読む

カテゴリー: アート | コメントをどうぞ

高校時代

 高校時代の同窓会を開くという通知をもらった。  元来、 「学校」 に対する帰属意識というものが薄い人間だったので、今までも同窓会への誘いをもらっていたのかもしれないが、返事を出したという記憶がない。  当然、出席もしな … 続きを読む

カテゴリー: ヨタ話 | コメントをどうぞ

関係する女、所有する男

     斎藤環氏が書かれた『関係する女 所有する男』(講談社現代新書) は、「男と女」の違いを、主に精神分析の手法を通じて解き明かした書である。  納期が迫った仕事に関わる資料として入手したものなので、 “飛ばし読み” … 続きを読む

カテゴリー: 映画&本 | 4件のコメント

脳科学は宗教か?

   「人間って何だろう?」 と考えることは、人類の普遍的なテーマらしく、かつては 「哲学」 とか 「文学」 が、そのテーマを追求する最も有効な学問として機能してきた。  しかし、それがだんだん 「心理学」 などに取って … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 4件のコメント

シェフ木村元一

   昨日、ピカ富士西湖キャンプ場で、キャンピングカーの撮影会を行った。  師走も間近に迫ったという忙しい季節にもかかわらず、アネックスさん、アム・クラフトさん、エアストリームジャパンさん、日産ピーズフィールドクラフトさ … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | コメントをどうぞ

「ふたり旅」 の極意

   「定年退職後は、キャンピングカーを買って、夫婦2人で日本全国を旅する」  それを、キャンピングカー購入の動機として掲げる人たちは多い。    とてもいいことだと思う。  しかし、一方ではこういう声も聞く。    あ … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 2件のコメント

ビッグイシューに添えられた手紙

   『THE BIG ISSUE (ザ・ビッグイシュー) 』 という雑誌をよく買う。  ホームレスの自立を助けるために生まれてきた雑誌だ。  正確にいえば、脱ホームレスをめざしている人々が街頭で売っている雑誌である。 … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 2件のコメント

初代トヨタ・チェイサー

    昔、トヨタの初代チェイサーに乗っていた時期がある。  大ヒットしたマークⅡの兄弟車だ。      トヨタは、ひとつのコンポーネンツで、「エレガントな貴族的セダン」としてマークⅡを売り出し、「遊び心に満ちたスポーテ … 続きを読む

カテゴリー: ヨタ話 | 6件のコメント

坂の上の雲 (バルチック艦隊の栄光と苦悩)

   司馬遼太郎の小説 『坂の上の雲』 がちょっとブレイクしている感じ。  本屋に寄っても、けっこうこれに関係したムックや書籍が出回っている。      いうまでもなく、2009年の年末に NHK のスペシャルドラマとし … 続きを読む

カテゴリー: 映画&本 | 2件のコメント