オカマにモテる術

 
 オカマの人たちって、面白いよね。
 ときどき顔を出す居酒屋で、カシラを塩で焼いてもらって遅い夕食をとっていたら、隣りのオカマバーのママさんがふらりと入ってきた。
 
 「マスター、やきそば! お客が来ないんで、鏡を見ながら自分を口説いていたら、フラれちゃったわよ。あんな “ブス” にフラれるなんて、私も落ちたものよ」
 
 はるな愛というよりは、マツコ・デラックスに近いそのママさんのひと言で、居酒屋の薄暗い照明が舞台のスポットライトのように、パッと輝いた。
 どんよりとした空気の中で、深夜のスポーツニュースがけだるく流れていた店内が、 《彼女》 がカウンターに腰掛けただけで、マフィアや、くたびれた芸人や、不倫カップルがひしめくような、妖しくも華やかなバーカウンターのように見えてきたのが不思議だった。
 
 あの人たちが持っている 「空気を変える力」 というのは、どこから出てくるのだろう。
 たぶん、それは、自分自身を自虐ネタとして使える、ふてぶてしいサービス精神から生まれてくるものだろう。
 《彼女》 たちの会話が面白いのは、自分自身をどんどんピエロ化して、 「自分を笑ってもらう」 精神に徹しているからだ。
 だから、オカマバーのお客は、 “バカで間抜けな” そのオカマを、遠慮なく笑い飛ばす快感を与えられる。
 
 しかし、調子に乗ると怖い。
 《彼女》 たちは、自分を自己対象化できる冷徹な視線を、今度はお客の方に向ける。
 《彼女》 たちが、一番嫌う客は、「自分は傷つかない高みに昇ったまま、周りの失策だけを笑っている」 自己チューの客だ。
 いい気になってオカマの自虐ネタを笑い飛ばしている客は、たちまちのうちに、今度は自分が試される場に置かれる。
 その “取り引き” が飲み込めない客は、あけすけなからかいと、辛らつな皮肉を浴びることになる。
 オカマバーは 「人間道場」 だな…と、つくづく思う。
 
 しかし、その要領をつかんでさえいれば、オカマバーは無類に面白い。
 昔、一晩で、給料の半分を使ってしまったことがある。
 その月の後半は、ほとんど水だけを飲んで寝ていたが、それでも後悔しなかった。
 
 池袋の場末のスナック街を一人でふらついていたとき、妖しげなバーの前にたたずんでいた不二家のペコちゃんみたいな女の子に声かけられた。
 「1時間 2千円だけでいいから、遊んでいかない?」
 声は、男そのものだった。
 
不二家ペコちゃん02
 
 そこは、はげかけたカウンターの前に、ひび割れたスツールが 6脚だけ並んだ粗末な店だった。
 客の姿は一人も見えず、真ん中のスツールに腰掛けた私は、たちまちのうちに、ドサ回りの田舎芝居のような一団に取り囲まれた。
 ペコちゃんとママさんは “美人系” 。
 残りの 2人は “怪物系” 。
 《彼女》 たちの乾杯の音頭が店内に鳴り響き、たちまちのうちに、店は、リオのカーニバルのような喧騒に包まれた。
 
 “異次元” の世界に引きずり込まれるのは、あっという間だった。
 気づくと、すでに私は、飛び込みでこの店を訪れた 「芸能スカウト」 に仕立てられていたのだ。
 「ね、ね、あなた芸能界の雰囲気を知っている感じの人よね、ひょっとして、新人タレントを発掘しているスカウトマンじゃない?」
 
 もちろん 《彼女》 たちだって、本気でそう思っているわけではない。
 話題をスタートさせるための、 “空気” をつくっただけなのだ。
 「おいおい、よせよ。今日は仕事を忘れて、ただ飲みに来ただけだから、いくらタレント性がある人材がここにいたって、今日は取り合わないからね」
 
 冗談めかしてそう答えただけなのに、それで、 《彼女》 たちの、今晩のお客のからかい方が決まったようだ。
 後は、タレントになりたい 《彼女》 たちが、次々と自分の歌を披露し、私がそれらをもったいぶって審査し、店は擬似オーディションの場となった。
 
 「だめだめ。そこは高音部がヴィブラートしないとだめ。少しは松田聖子でも勉強しろよ」
 とか、私が根拠のないウソを並べ立てると、
 「じゃ、先生ひとつ歌ってよ」 
 と迫ってくるので、テキトーな歌を歌っていると、
 「すごい! さすがプロ。勉強になるぅ!」
 と、虚偽の賛美の大嵐。
 
 すべては 「虚偽」 。
 《彼女》 たちのタレント志望も虚偽ならば、私のスカウトマンも虚偽。
 しかし、 “まじめに” 虚偽の人格を装い続ける私に、虚偽の 「女性」 を生きている 《彼女》 たちは、そこに 「同僚の匂い」 を嗅ぎ取ってくれたのだと思う。
 もし、本当に私が芸能関係の仕事に就いていたら、 《彼女》 たちの反応はもっと冷ややかなものだったろう。  
 「1時間 2千円」 の制限時間はとっくに過ぎて、 「ここから後は 1時間 3千円コースだけどいい?」
 その後は、 「これからは、1万円コースよ。いい?」
 どんどん高くなっていく延長料金に、もう神経がマヒしていた。
 
 それだけ楽しかったのだ。
 《彼女》 たちは、それだけ楽しい時間を作ってくれたのだ。
 「よーし、ナミちゃんに水割り一杯。ママさんにはブランデーロック」
 …ってな感じで、ついに明け方を迎えてしまった。
 ああ、…こんな感じで、カネをむしりとられるのだな…と分かった時には、もらったばかりの給料の半分を、一晩で使い果たしていた。
 
 でも不思議と私は、それを後悔していないのだ。
 あの時、自分は、八方ふさがりのどん底に追い詰められていた。
 それは、 「自分はこうであらねばならぬ」 という、目指すべき自分と、そこに到達できない自分との乖離を感じていたときのアセリから生まれたものだった。
 その鬱屈した思いが、一晩で、洗い流されたように思う。
 
 たぶん、それは 「自分の自己像なんてパッと変る」 という心境の変化となって訪れたような気がする。 
 自分の実人生とはまったく異なる、虚構の自分を演じ切ることで、何かがふっ切れたのかもしれない。
 虚構の 「性」 を生きるオカマたちは、その不安定さと引き換えに、透徹した認識力を獲得する。
 《彼女》 たちは、女であることに甘えている女性も許さないが、それ以上に威張った男を許さない。
 
 私は別の店で、女からのモテまくりぶりを吹聴していた男が、コテンパンにやりこめられる現場を目撃したことがある。
 「男」 という性にあぐらをかいて、男の既得権益のようなものを振りかざす男に対して、 《彼女》 たちは、徹底した皮肉と嫌味を投げつける。
 歪んだ性 (?) を生きる 《彼女》 たちは、歪んだ自意識を持った人間を許さない。
 自分がどういう 「男」 なのか知りたい男性は、一度オカマバーに行くといいのかもしれない。
 
  
参考記事 「マツコ・デラックス」 

カテゴリー: ヨタ話   パーマリンク

オカマにモテる術 への2件のコメント

  1. akakage より:

    takeさんがコメントで書いてあったので、覗いてもました。よろ

  2. 町田 より:

    akakage さん、ようこそ。
    お越しありがとうございました。
    akakage さんが書かれるユニークなブログは「Camper Blog」 の方から飛んで面白く拝読しておりました。
    これからも気が向いたときには、ぜひお立ち寄りください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">