タコスの4B登場

 2009年度も、いつのまにか後半戦。
 夏のキャンピングカーを使った行楽シーズンを控え、各社の新車開発も活発になってきた。
 7月中旬に開かれた 『アウトドアフェスティバル in 信州』 では、タコスさんのブースから初のオリジナルバンコン 「4B」 がデビューした。
4B外装01
 キャッチは 「ウッディ&ブラック」 。
 落ち着いた茶系の木工家具と、一部に本革を用いたブラックシートが、このクルマのインテリアを彩るメインコンセプトだ。
4Bセカンドシート02 4Bコンソール03
 開発者の田代社長によると、追求したかったイメージは、
 「太くて、黒くて、柔らかい」 。
 まさに鉛筆の4Bのイメージ。それがそのまま 「4B」 という車名になっている。
 さらに、「B」 という名称には、ボーイズ、ブラック、ビューティフル、ビーチなど、日に焼けた男の子が元気にアウトドアを楽しむ情景が重ねられている。
4Bリヤビュー04
 そのコンセプトを見事に裏付けるように、リヤゲートを開けると、自転車、小型バイクなどを積めるラゲージスペースが登場。
 遊びのギアを搭載した状態でも寝られるように、2段ベッドもしっかり装備されている。
4B2段ベッド05
 室内は簡単な操作でコの字ラウンジを組むこともできるので、大人数でテーブルを囲んだパーティも可能。ベッド展開すると、長さ3450mm、幅1750mmのフルフラットベッドが誕生する。
 ターゲットユーザーは、ずばり熟年になってもハーレー・ダビッドソンを愛するような 「フォーエーバーヤング」 な人々。
 遊びのギアを積んで、アウトドアを楽しむのもよし。
 小粋に街乗りに使ってもよし。
 気の合う仲間とパーティを開くのもよし。
 マルチに使える万能キャンパー。
 大人になった今も、BOY’Sだった頃の夢を持ち続ける人たちへのメッセージが込められたクルマだ。
4Bダイネット06
 ベース車はハイエース・スーパーロング。
 お値段は、ガソリン特装車 (2WD・4АT) で、3,937,500円 (税込み) から。

カテゴリー: campingcar   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">