月別アーカイブ: 3月 2009

夜明けのR&B

 静まり返った会社の部屋で、独り70年代SOULミュージックを聴きつつ、原稿を書いている。      明け方の5時。  『キャンピングカー スーパーガイド2009』 の締め切りまであとわずか。  もうじき会社の裏を走る私 … 続きを読む

カテゴリー: 音楽 | 7件のコメント

クエスト雅 (バンテック新潟)

    昨年 (2008年) 開かれた 「RV世界会議」 で、日本を代表するバンコンとして写真で紹介され、世界のRV関係者の注目を集めたクエスト。  障子と畳という伝統的な日本文化のエッセンスを採り入れた室内造形に、欧米 … 続きを読む

カテゴリー: campingcar | 2件のコメント

手作り用キット

   ハンドメイドキャンピングカーに取り組む人が、また増えているという。  今のように、キャンピングカービルダーがこれほど多くなかった時代。すなわち1970年代頃は、日本のキャンピングカーは、ほとんどが手作りキャンピング … 続きを読む

カテゴリー: campingcar | コメントをどうぞ

大森自動車 「バルミィ」 2009

 大森自動車のバルミィというバンコンは、日本のバンコンデザインのひとつの到達点を示すようなクルマだと思う。  そのインテリア造形は、一見キャンピングカーには見えない。  どこかクルーザーか、高級ホテルの室内のような雰囲気 … 続きを読む

カテゴリー: campingcar | コメントをどうぞ

「ガマの油」に出る古いキャンピングカー

   役所広司さんが自ら主演して、監督も務める 『ガマの油』 が、今年 (2009年) の 6月 6日に公開されるという。  すでに試写会も行なわれ、記者発表も開かれて、ホームページも立ち上がっている。      で、こ … 続きを読む

カテゴリー: 映画&本 | 10件のコメント

粋な RV (キャンピングカー)とは

   最近の世の中で分かりづらくなっている概念のひとつに、「粋」 がある。    粋 (いき)    三省堂の 『大辞林』 によると、粋とは、 「気性、態度、身なりがあか抜けてしていて、さっぱりとしており、自然な色気が感 … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | コメントをどうぞ

ダブスターの物語

   キャンピングカーの商品開発や広告展開の 「ブランド化」 、つまり 「物語性」 の付与が始まっていると前回書いたが、そのひとつの例として、デルタリンクさんの手掛けた 「ダブスター」 というキャンピングカーがある。   … 続きを読む

カテゴリー: campingcar | コメントをどうぞ

ブランドとは物語

   キャンピングカーの造り方、売り方が変わってきたという印象を持つ。  最近のことだ。    何がどう変わったのか?  どこのビルダーも 「ブランド」 というものを意識するようになってきた。    もちろん、「ブランド … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 2件のコメント

父が老いた日

 父親というのは、息子に何を教えてやれるのだろう。  よく、テレビや雑誌の有名人インタビューなど見ていると、  「……そういう厳しさってのは、父から学びましたね」  などと言っている人を見かけるが、ホントかな? っていう … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 4件のコメント

レガード伝説

 もしかしたら、ロデオ以来の “伝説の名車” になるのではないか。  そんな予感さえ抱かせるすごいクルマの登場である。  カムロードをベースにしたキャブコンは、レイアウトも装備内容もあらかたのアイデアが出尽くした感があっ … 続きを読む

カテゴリー: campingcar | 5件のコメント