月別アーカイブ: 1月 2009

草原の孤独 (クリスティーナの世界)

   彼女は何をしているのだろう。  茫漠と広がる草原に倒れたまま、上半身を起こし、丘の稜線に建つ家を眺めている女性がいる。    草原にたたずむ家は、彼女の家なのか。  それとも、見知らぬ人の家なのか。  画面に描かれ … 続きを読む

カテゴリー: アート | 2件のコメント

江戸再発見とRV

   「江戸時代」 が再び見直されている感じがする。  『週刊文春』 の2009年 2月5日号を読んでいたら、「私の読書日記」 というコーナーで、フランス文学者の鹿島茂さんが、こんなことを書かれていた。    「最近、( … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | コメントをどうぞ

息子とのキャンピングカーの旅

   それまで素直に親の言うことを聞いていた子供が、中学、高校に進学したとたん、コミュニケーションが途絶える…、話が合わなくなる…、わけの分からない友達づきあいが増える…、外泊が多くなる…といった悩みを抱える家庭は、よく … 続きを読む

カテゴリー: 旅&キャンプ | 11件のコメント

まず取材ありき2

 昔から、人に取材するときは、その談話をすべてテープに収録している。  だからキャンピングカーの取材で人に会うときなど、たまにノートを取り出してメモったりすると、  「あれ、今日はテープレコーダーは出てこないの?」  な … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 6件のコメント

「フィールド・オブ・ドリームス」

  《 昔の映画の現代的鑑賞法 16 》 「フィールド・オブ・ドリームス」 (1989年)    トウモロコシ畑の奥に分け入っていくと、そこが別の世界への入口であるかのような気分になる。  … ということを感じるようにな … 続きを読む

カテゴリー: 映画&本 | 4件のコメント

まず取材ありき

 取材をして、記事を書く。  そういう編集ライターのような仕事を、かれこれ30年ほど続けてきたけれど、いまだに修行の途中。  野村進さんの 『調べる技術・書く技術』 (講談社現代新書) などという本を読んでいると、やはり … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 4件のコメント

日本のアウトドア考察2(中村達さんの講演より)

   前回に続き、この2009年に日本RV協会さんが開かれた『キャンピングカーを考える会』における中村達(なかむら・とおる)さんの講演会の内容をご紹介します。   【日本のアウトドアの考察 2】  中村達氏のプロフィール … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 6件のコメント

日本のアウトドア考察 1(中村達さんの講演より)

《 日本のアウトドアの考察 1 》    2009年の1月16日に、日本RV協会(JRVA)さんが開催したフォーラムで、アウトドア・ジャーナリストの中村達(なかむら・とおる)さんの講演を聞くことができた。   ▲ 中村達 … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | コメントをどうぞ

犬は旅のパートナー

 「ペット」 というと、まず犬か猫。  その次が金魚、小鳥。  ときどきウサギかブタ。    最近はヘビ、トカゲという、首がニュルッと回る系も増えているようだけど、そういうのは逃げ出した時が大変そうに思える。  飼ってい … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 2件のコメント

不況時代のRV (増田英樹氏インタビュー)

   「クルマが売れない」 と言われる時代。  しかも、“百年に一度” といわれる大不況。  キャンピングカー (RV) を販売している会社の経営者たちは、どんな気持ちでいるのだろうか。    大手キャンピングカー販売店 … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 4件のコメント