月別アーカイブ: 12月 2008

大晦日は地中海で

   じたばたしても、泣いても、わめいても、今年も今日1日で終わり。  こうなってしまったら、もう泰然自若と構え、酒でも飲みながら、本でも読む休日にしよう。  そんな思いで買ってきた  『ローマ亡き後の地中海世界』 (塩 … 続きを読む

カテゴリー: 映画&本 | 10件のコメント

小説・最終電車

《 掌編小説・最終電車 》    乗客は静かだった。    眠っている中年男ひとり。  女性週刊誌を眺めている独身風の中年 OL ひとり。  抱き合っている学生のカップルが一組。  乗っているのは、私を含めその 5 人だ … 続きを読む

カテゴリー: 創作 | 2件のコメント

ROOKIES

   テレビドラマの再放送 『ROOKIES ルーキーズ』 (TBS) をついつい観てしまった。  もうずっと泣きっぱなし。  こういった、無頼の男たちが団結していくって設定に、昔から弱いんだ。        「夢を持つ … 続きを読む

カテゴリー: 映画&本 | 6件のコメント

バニングの歴史

   今いくつか平行して行っている作業のひとつに、『日本のキャンピングカーの歴史』 という資料の編纂があり、いよいよ 「バニング」 について書く段となった。       以下、さっきまで書いていた原稿を、ここにてチョコっ … 続きを読む

カテゴリー: campingcar | 6件のコメント

今日だけの欲望

   いつもこの時期に思うのですが、まぁなんと1年の短いこと。  公私ともども遣り残したことをいっぱい抱えたまま暮れを迎えてしまうのは毎度のことなんですけど、今年は一段と “遣り残した” ことが多い年でありました。   … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 6件のコメント

悪役好き

   「月光仮面」 という漫画界のヒーローを知っている人となると、年齢的に50代後半ということになるんだろうな。  まぁ、私なんかはその年代なんで、「月光仮面」 が 「少年クラブ」 に連載された第 1回目から読んでいる。 … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | コメントをどうぞ

1998年と現在

 「不況」 「倒産」 「雇用危機」 「失業」…。  2008年の暮れは、このような言葉で覆われたまま終わろうとしている。  しかし、この光景は、今はじめて登場したものだろうか。  すでに、私たちはこのような光景を一度目に … 続きを読む

カテゴリー: コラム&エッセイ | 6件のコメント

山のクリスマス

   もう死んじゃったけど、俺のオフクロは、無類にクリスマスが好きだった。    戦争を体験して、物資の少ない時代を知ってた人だから、モノを大切にしていた。  だから、なんかのときに手に入れた、クリスマス用のきれいな赤い … 続きを読む

カテゴリー: 映画&本 | 2件のコメント

ファイアーボールブルース

   これまでの日本文学が避けて通っていた領域にも、敢然と足を踏み入る作家として知られる桐野夏生さんは、その作品においても、人間の暗部に鋭く切り込むような作風を確立している。      そのため、読後に荒涼とした世界が広 … 続きを読む

カテゴリー: 映画&本 | 2件のコメント

小説・狐部隊

 「狐部隊って知ってた?」  隣りに座った女は、そう言って私の方を振り向く。  「いいや。…何それ?」  私は、物憂く返事する。    深夜のパブだ。  とっくに電車は終わっている。  地下室の穴倉みたいなカウンターに座 … 続きを読む

カテゴリー: 創作 | 2件のコメント