5月2日発売

 『 キャンピングカー super ガイド2008 』 にようやくご対面。
  本日、印刷所から直売分の本が届いた。
08ガイド表紙
 お世話になった関係者をはじめ、本に掲載したビルダーやショップにはすべて配送するので、その宅配便やメール便の出荷作業で1日中忙殺される。
 この作業が終わると、ようやく 「次の仕事」 に頭が切り替わる。
 会社の帰り、通勤電車の中で、おもむろにカバンの中から出来たての本を取り出して、一人で眺める。
 書店にはまだ流通していない本をいち早く読めるのは制作者の特権だが、同じ電車に乗り合わせた人は、ほとんど誰も気にしていない。
 向かい側の席に座っている人たちに、わざと表紙が見えるように高く掲げたりもするのだが、なかなか人々の視線を集めることはできない。
 「おーい! キャンピングカーの本だぞ。新型車もいっぱい載っているぞ」
 と心では叫んでも、まぁ、向い側の席で他人が読んでいる書籍などに関心を払う人間など、普通はそんなに多くはないのだろう。
 みんな居眠りするか、携帯電話の画面に目を落としているだけ。
 「心の叫び」 は届かない。
 著者にとって、本屋に自分の本が並ぶというのは、最初は誰でもうれしいものらしい。
 今ではベストセラー作家になった人だが、最初に本が出た日、都内の書店にずっと立つ尽くして、自分の本を手にとる人の姿を観察した人がいる。
 1時間。
 その作家は、自分の本が置かれている棚のそばに立ち尽くした。
 ところがその1時間のうち、本を買うお客どころか、手に取った人すらいなかったという。
 しかし、いつの間にか本は売れて、結局ベストセラーになった。
 昔、自動車評論家の徳大寺有恒さんの書籍を編集したことがあった。
 自分が担当した本なので、やっぱり売れ行きが気になり、本屋で手にする人の姿を確かめるために、20分ほど待機していた。
 その20分ほどの間、やっぱり本を手にした人はいなかった。
 でも、それなりにその本は評判になった。
 著者や編集者にとって、自分の本が売れた現場を目撃するのは非常に難しいものだという。
 それは分かっているのだが、久しぶりに書店に行って自分の本が置かれている現場を見てこようと思っている。
 発売日は、5月2日。
 当初の予定より1日ずれたが、発売元のブッキングさんの話では、早い書店では1日に出回るところもあるという。

カテゴリー: ヨタ話   パーマリンク

5月2日発売 への4件のコメント

  1. ブタイチ より:

    おめでとうございます。
    楽しみなGWになりますね~!
    >久しぶりに書店に行って自分の本が置かれている現場を見てこようと思っている。
    見てくるだけですか?
    自分は平積みにしてきますよ(笑)!
    自分も楽しみにしていますね。

  2. 町田 より:

    >ブタイチさん
    ブタイチさんも著書を持たれているので、この気持ちが通じるんでしょうね。
    >「平積みにしてくる」 !
    できればそうしたいんですけど、それほどの出版点数でもないし。
    以前出した本が自動車評論家の単行本が、出た当初は平積みになったことがありました。
    「わぁ、すごい!」
    と思って3日後に同じ書店に行ったら、もう2冊だけの棚差しになっていたのでがっかり。
    書店での本の流動性はめまぐるしいですね。

  3. ムーンライト より:

    5月2日発売ですか。おめでとうございます!
    書店へ行ってみましょう。
    キャンピングカーには縁が無いのですが、本が出来上がる過程を拝読して興味がわいてきました。
    『 キャンピングカー super ガイド2008 』
    買ってみようかしら。
    いつも、話がどこかに寄っていってしまって申し訳ないのですが。
    >自動車評論家の徳大寺有恒さんの書籍を編集したことがあった。
    あ~、徳大寺有恒さんだ!と思いました。
    昨年の大木トオル・ディナーショーでお見かけしました。
    ハーレーダビットソンをオークションで落札した方とわくわくした様子で話しておられた方のお顔に見覚えがあったのです。
    確か、花輪(というのでしょうか)にもお名前がありました。
    それが、お名前を思い出せなくて、つっかえたような気分でいたのです。
    ああ、そうです。徳大寺有恒さんでした!
    思い出せてスッキリしました。
    ありがとうございました。

  4. 町田 より:

    >ムーンライトさん
    書店で見つけたら、ぜひ手にとって見てください。さらに、ご購入いただければ幸いです。
    それが縁で、キャンピングカーの魅力がムーンライトさんにも伝わるようだったら、うれしいかぎりです。
    徳大寺有恒さんを大木トオルさんのディナーショーで見かけられたわけですね。徳大寺さんも、けっこう音楽がお好きなので、ひょっとしたら大木さんと懇意なのかもしれませんね。
    あのお二方なら、話が合いそうな気もします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">