ハイマーS830

この記事は、2008年当時に書かれたもので、販売店などの情報は必ずしも現在の状況を説明したものではありません。
 
 『 キャンピングカー super ガイド 2008 』 の発売を間近に控えて、
 「どんな内容なんだ?」
 という読者からの問い合わせなども、最近は頻繁にいただくようになった。
 「○○は掲載されていますかねぇ?」
 などと、具体的な車種を問われる方もいる。
 さらには、「前向き乗車で5名以上が座れるシートを確保したバンコンは何台出ていますか?」
 などと、こちらがとっさには応えられないような質問が入ってくることもある。

 昔に比べると、読者がより緻密な情報を求めてきていることが分かる。
 書店に並ぶのは5月2日 (金曜日)。
 当初、このブログでは5月1日と広報したが、発売元のブッキングさんによれば、「早い書店では5月1日に店頭に並ぶが、多くの書店は2日以降」 とのこと。
 それまで待ちきれないという読者の方に、少しだけ “蔵出し情報” をご提供したい。
 今日は、この本の車種紹介ページの巻頭を飾るハイマーの記事をそのままここに転載する。

《 世界のデザイントレンドに影響を与える内装 》
 
【Hymer(ハイマー)S830 】
価格: 25,877,880円より
全長: 8630 mm
全幅: 2350 mm
全高: 2900 mm
ベース車: メルセデス・ベンツ518CDI
ジャンル: 輸入フルコンバージョン
乗車定員: 7名
就寝定員: 4名
問合せ先: 03-5691-2391
ハイマージャパン株式会社
東京都足立区鹿浜3-25-12
HPアドレス: http://www.hymerjp.com/

【キャラクター評価】

《 長期滞在も快適な カップル向けの旅行車 》

カップルで長期旅行するための快適装備はすべて満載したクルマ。人間工学に基づいて設計された設備類は実に合理的で使いやすい。
しかし、装備類が秘めている機能については 「当たり前のこと」 としてカタログで自慢することもない。それよりも、デザインを見せたがるメーカーだ。そこにハイマー社の自信のほどがうかがえる。

【本文】

ハイマーのインテリアは、一般家庭向けのインテリア雑誌からも注目されている。世界のモーターホームのトップブランドとして認知されるハイマーの内装ともなると、その年次モデルが、広い意味でのその年のデザイントレンドやファッションの流行を左右することもあるからだ。2008年のSは、高級クルーザーやヨットの流れを汲んだハイセンスなインテリアに磨きをかけて、ひときわ洗練度を高めている。ノーチェ・ベルガモの美しい家具。レザー・キーゼルクッションの都会的エレガンス。ヨーロッパの最高級素材と職人のワザを結集した内装仕上げが施されている。
こういうクルマになると、普通のキャンピングカーが謳うような機能部分の先進性を誇らない。しかし、ハイマーは紛れもなく自動車としての機能もトップレベルにある。ドイツ本国でハイマーといえば 「ビルダー」 ではなく、ベンツ、BMWなどと並ぶ立派な自動車メーカー。このエレガンスな架装を施した状態で、厳しい制動力テストやクラッシュテストをくぐり抜けている。

hymer-3

【レポーターのチェック】

《 内に秘められた高機能の数々 》
 
「機能をむき出しにしない」 というのが、高機能を誇るハイマー車に共通したコンセプト。特にこのSクラスになると、エアコンのダクトですら目に見えるところから巧妙に隠されている。各家具の隙間を少しだけ空け、そこから快適な涼風が全体的に行き渡るような空調システムが組まれている。
目に見えない壁面内処理にも、ハイマーがパテントを取った技術が生かされている。アルミ外壁と内壁の間の断熱材 (発泡ウレタン) が、接着剤を使わずにそのまま圧着されている。それによって、経年変化にも強い耐久性が確保され、剛性も高まっている。

【レイアウトの特徴】

ハイマージャパンが2008年モデルのSクラスとして、お勧めしているのはS830。右のフロア図 (ブログでは省略) を見ていただくと分かると思うが、リヤの固定ベッドの中側に大きく切れ込みが入っている。これはベッドに上がるための階段。これだけで、このクルマのデザイン的な斬新さがお分かりいただけると思う。
ダイネットは、運転席と助手席を回転させ、L字ソファーと単座横向きソファーで丸テーブルを囲むというもの。運転席上にはプルダウンベッドが展開して、リヤベッドと合わせ、計4名分の就寝が取れるようになっている。このプルダウンベッドが相当低い位置まで降りるように設計されていて、乗り降りが楽になっていることも特長のひとつだ。
家具類には、ハイマーならではの工法が採用されており、棚の扉などには、ダンパーモールという可変的な蝶番を持つL型金具が使われている。この金具が採用された家具は、振動を受けても家具が振動から加わる応力を受け流してしまうので、軋みがない。キッチンの引き出しを含め、室内の扉がエンジンをかけると自動的にロックされてしまうというのも、このクルマならでは。

【主要諸元】

ベース車両  :メルセデス・ベンツスプリンター
エンジン種類 :V6 ディーゼルターボ
排 気 量  :2987cc
最高出力   :135kw(184ps)/3800rpm
最大トルク  :400N・m(40.0kg-m)/2600rpm
ミッション  :5速AT
駆動方式   :2WD(FR)

【主要装備】

■ 標準装備(一例)
ABS/ASR/5.3t強化シャシー/運転席・助手席エアバッグ/オートクルーズ/100㍑燃料タンク/オートマティック/フォグランプ/カーブライト/強化オルタネーター(180А)/シャンパンゴールドボディカラー/電動サイドミラー/サイドカウンターラウンジ(コーチソファーラウンジと選択可)/プルダウンベッド/ファンタスティックファン/ルーフラック&ラダー/凍結防止フロントサイド2重窓ガラス/安定ジャッキ/サイドオーニング/ナビゲーションシステム/バックアイカメラ/ETC/セーフティキー/エントランスドア網戸/液晶モニター/2.6kW発電機/ソーラーパネル(50w×2)/凍結防止排水タンク/温水ヒーターシステム/150㍑3ウェイ大型ダブルドア冷蔵庫(オーブン付)/床暖房システム/マリン式トイレ&排水システム/ワイングラスキャビネット他
■ オプション(一例)
レザーシート/ヒッチメンバー/インバーターシステム/5.1chDVDサラウンドシステム

カテゴリー: campingcar   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">